MENU

おんな城主直虎第27話ネタバレ,あらすじ「気賀を我が手に」

おんな城主直虎27話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎27話「気賀を我が手に」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてくださいね。

 

おんな城主直虎27話の感想はコチラ

 

 

 

おんな城主 直虎第26話のネタバレ・あらすじで、井伊直虎(柴咲コウ)は気賀が荒れていることに首を突っ込み仲裁に入ろうとします。

 

 

 

それは、龍雲丸(柳楽優也)たちが材木を三河から取り戻したものを気賀城に使われることになったからです。その続きに、おんな城主直虎27話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「気賀を我が手に」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第27話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ27話

 

瀬戸方久(ムロツヨシ)に気賀の城主になる気はないかと言われた直虎は、思わずぽかんとしていしまいます。それは、方久だけでなく実際に気賀にいる商人たちの意見でもありました。

 

 

 

商人たちに気賀を助けてほしいと願われる直虎。そのことを、碁を指しながら小野政次(高橋一生)に相談します。政次は、その話に乗ったほうがよい口ぶりをします。

 

 

 

なので、乗ったほうがよいと思うかと直球で聞く直虎に、政次は直虎の気持ちひとつだと後押ししたのです。しかし、政次はいざというときに方久に責任を押し付けれるように直虎が直接交渉にでないこと。

 

 

 

もしものことを考えて助言できるのは政次ならではでした。その後、直虎はかなり悩んだ末に気賀を自分の手に収めようと考えました。

 

 

 

その決意を方久に話すと、そんなに難しくないことだから安心してくださいと言われるのでした。方久は、関口氏経(矢島健一)に話をもっていくのだという。

 

 

 

方久は、関口に気賀が井伊のものになったら港の儲け口を差し上げる約束をしました。そのことで、関口はすぐに陥落しました。次に方久は駿府に向かいました。

 

 

 

関口と一緒にいったのですが、急な知らせが今川氏真(尾上松也)のもとにはいります。なんと、今川と武田の同盟の証であった武田義信が自害したのです。

 

 

 

その知らせを知って熱くなる氏真。伊賀にもともと置こうと考えている大沢元胤(嶋田久作)は戦上手な武将です。それに代えて井伊を気賀の主にすることは、この状況だと厳しい。

 

 

 

武田家が今川家をいつ攻めてくるかもしれない状況なので、それを察知して方久は時をおいて再度今川に話をすることにしました。

 

 

 

 

龍雲丸が城の普請へ

 

一方、直虎が驚くことがありました。それは、龍雲丸(柳楽優也)らの一味が気賀をでることなく、気賀城をつくりたいと中村屋に申し出てきたためです。

 

 

 

そのことを知った直虎は、その城のところに急ぎ向かいました。そして、龍雲丸に確認しました。なぜ、残って城をつくることになったのか。

 

 

 

問い詰める直虎に、龍雲丸は見にいきますかと城を作るところを案内した。そこは、なんと湖のまん中でした。なぜそこに作るのかという説明を龍雲丸は、直虎にしました。

 

 

 

捕まらないための城です。直虎は、頭が本当は取り戻したいと思っていたものを城で再現したのではないか。仲間や根をはって住みたい土地。

 

 

 

それで、過去の自分を取り戻したい。そう考えているのではないか。龍雲丸は、直虎がいつも思いつかないようなことを話すので驚かされるのでした。

 

 

 

そして、直虎は龍雲丸たちに大沢がどのような指示をだしているのか確認します。しかし、龍雲丸は急ぐようには言われていますが特になにかを指示されているわけではないという。

 

 

 

龍雲丸は、大沢はいくつもの城を抱えているので忙しそうだといいます。すると、直虎はなにかをひらめきます。大沢の方から手を引きたいと言わせる方法を考えたのです。

 

 

 

それは、方久も同じでした。方久は大沢に気賀がいかに治安が悪いところか伝え、今後徳川や武田とつながってくることもあるかもしれない。

 

 

 

井伊家ならこれまで商いで通じたよしみがあるので大丈夫でしたが、それを壊してしまうとどうなるかわからない。だから、気賀を井伊に譲るように今川氏真に大沢から言ってくれまいか。

 

 

 

そうお願いしたのです。大沢は、その方久の話をきいてたくさんの城をもつ中で、面倒を抱えたくないので断ることを決めます。そして、大沢は方久と共に気賀を井伊にという話をします。

 

 

 

氏真は不機嫌そうな顔をしながら好きなようにせえと言われたのでした。その後、龍雲丸たちは急ぎ城を作り上げました。名前は、堀川城です。

 

 

 

直虎は、気賀も新たに納めるよになり新たなスタートを切るのでした。おんな城主直虎27話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎28話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

おんな城主直虎第28話ネタバレ,あらすじ「死の帳面」

 

おんな城主直虎27話の感想はコチラ

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第27話ネタバレ,あらすじ「気賀を我が手に」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の27話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の26話に、井伊は自分たちがとってきた材木で気賀に城をつくるとはどういうことかと龍雲丸(柳楽優也)が怒りました。そして、瀬戸方久(ムロツヨシ)が井伊直虎(柴咲コウ)が気賀を治めてはどうかと提案します。「おんな城主 直虎」の第27話はその続きからスタートします。27話を簡単にまとめると、気賀城主に井伊がなる...

このページの先頭へ