MENU

おんな城主直虎第28話ネタバレ,あらすじ「死の帳面」

おんな城主直虎28話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎28話「死の帳面」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけ。

 

おんな城主直虎28話の感想はコチラ

 

 

おんな城主 直虎第27話のネタバレ・あらすじで、瀬戸方久(ムロツヨシ)が言い始めた井伊が気賀の領主になるということを井伊直虎(柴咲コウ)の気持ちで固まりました。

 

 

 

そして、今川氏真(尾上松也)もいいが気賀の城主になることを認めました。その続きに、おんな城主直虎28話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「死の帳面」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第28話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ28話

 

武田義信が幽閉された後に、自害をしました。しかし、今川氏真の妹・鈴は武田にとどまっているままでした。そのことを心配した寿桂尼(浅丘ルリ子)は甲斐に向かいました。

 

 

 

寿桂尼は、信玄に鈴を今川のもとにかえすように願いでます。そして、氏真の妻の実家の北条に武田家の仲裁をお願いしたのでした。

 

 

 

そのことで、鈴は駿府に戻り武田と今川の関係は一反の決着をみました。寿桂尼は上杉謙信とも和睦を結ぶために越後にも赴きました。

 

 

 

しかし、心臓病を再発し再び寝たきりの状況になっています。一方の直虎はというと、気賀につくった堀川城でお祝いをしていました。そこで、直虎は思わぬことを発表します。

 

 

 

なんと、堀川城代を瀬戸方久に任せるというのです。商人たちもそのことを喜びました。そのお祝いには、龍雲丸(柳楽優也)らもきていました。

 

 

 

龍雲丸は、直虎に挨拶をします。そこで二人にしかわからない会話をかわしあったのでした。直虎は、井伊に帰って碁を小野政次(高橋一生)とさします。

 

 

 

政次は、そろそろ戦の支度をしなければならないというのです。武田と今川は表向きは戦がなくなっていますが、寿桂尼が亡くなった後に武田は今川を攻める準備をしているという。

 

 

 

このままいけば、今川の兵として井伊は駆り出されてしまいます。なので、なんらかの手を打つころだと政次は直虎にアドバイスしたのです。

 

 

 

直虎は、直親(三浦春馬)も同様のことを考えて今川に斬られた。だからこそ、その敵をうちたいという想いをもっていたのでした。

 

 

 

 

寿桂尼のもとに向かった井伊直虎

 

翌朝、寿桂尼から直虎に会いたいとの手紙が届いきました。南渓和尚(小林薫)に、おそらく会えるのは最後になるであろうから行ってきてはどうだと言われます。

 

 

 

直虎は、南渓の言葉に従い駿府に向かいました。寿桂尼のもとに直虎は、井伊で出来た綿布をプレゼントしました。すると、そこで寿桂尼は直親の時のことをどう思っている?

 

 

 

今でも恨んでおるだろうと直虎に確認します。しかし、直虎はお家を守るためにはきれいごとだけではいかない。手を汚すのが愉快な人間なんていない。なので寿桂尼のことを誰も責められない。

 

 

 

そう直虎は伝えたのでした。寿桂尼は、幼いころにおとわが蹴鞠をけっていたこと。瀬名(菜々緒)を助けにきたこと。徳政令を覆したときに、直虎が自分の娘だったらと本気で思ったと涙したのでした。

 

 

 

寿桂尼は、自分が亡くなった後も今川を助けてやってほしい。そう手をとってお願いされたのでした。直虎もご安心くださいと手を握り返すのでした。

 

 

 

井伊にもどった直虎は、そのことを政次に伝えます。それでも、二人は井伊を守るために今川家を裏切ることを決めたのでした。一方、今川家ではズラリとつけられた名前に×○がつけられています。

 

 

 

そして、井伊直虎の欄には×がつけられています。寿桂尼は、自分に似た女子は衰えた主君になど義理立てしない。直虎の家を守るためにはきれいごとだけでは無理だと言ったことが決めてでした。

 

 

 

寿桂尼と今川氏真は、筋書き通りに行う。そう二人で話し合ったのでした。一方、直虎と政次が南渓の部屋にいました。南渓の情報では、今川が上杉との同盟に力を入れているのだという。

 

 

 

もし、これが成立すればかなり武田は苦しくなるという。上杉、今川、北条に囲まれては武田といえど戦はできない。また、南渓は武田の頼みは徳川だけだという。

 

 

 

徳川家康(阿部サダヲ)が考えをかえれば、武田は今川を攻めれなくなるだろうというのです。直虎は、家康に上杉と手を組み武田を囲むように進言すればいいのではないか。

 

 

 

そういって手紙を書きます。その頃、今川では寿桂尼が×をつけたものたちの粛清が着々とすすんでいきました。おんな城主直虎28話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎29話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第29話ネタバレ,あらすじ「女たちの挽歌」

 

おんな城主直虎28話の感想はコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第28話ネタバレ,あらすじ「死の帳面」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の28話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の27話で気賀を井伊の領土として納めることを今川に認められました。そのことを、堀川城をつくった龍雲丸(柳楽優也)ら、気賀の商人たちも喜びあいます。「おんな城主 直虎」の第28話はその続きからスタートします。28話を簡単にまとめると、武田に寿桂尼(浅丘ルリ子)が向かい、今川氏真(尾上松也)の妹を今川に取り戻...

このページの先頭へ