MENU

おんな城主直虎28話「死の帳面」の感想

書類

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の28話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の27話で気賀を井伊の領土として納めることを今川に認められました。

 

 

 

そのことを、堀川城をつくった龍雲丸(柳楽優也)ら、気賀の商人たちも喜びあいます。「おんな城主 直虎」の第28話はその続きからスタートします。

 

 

 

28話を簡単にまとめると、武田に寿桂尼(浅丘ルリ子)が向かい、今川氏真(尾上松也)の妹を今川に取り戻しました。しかし、まだ戦の火だねはくすぶっていました。

 

 

 

今川は、寿桂尼に状態が思わしくなく最後の挨拶が行われていました。井伊直虎(柴咲コウ)も駿府に向かい、帳面に×の印をつけられたのでした。

 

 

 

そんな確認をされているとは知らない直虎なのでした。その「おんな城主 直虎」の28話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎28話の感想

 

おんな城主直虎の28話については、寿桂尼がとても怖かったですね。鬼気迫るものがあってその迫力に圧倒されました。そんな印象が強く残りました。

 

 

 

28話で、最初に思ったことは堀川城を瀬戸方久(ムロツヨシ)に城主を任せたところで大丈夫かな?って気持ちがわきました。たとえ気賀とは言え、今川の息がかかっているところです。

 

 

 

それを、瀬戸方久に任せるっていうのは将来的に考えるとマイナスに働くのではないか。そんなことを感じました。銭の犬ってだけではちょっと心配ですよね。

 

 

 

あと、武田信玄が初めて登場しましたね。それが、なんともなたぬきぶりでした。寿桂尼が行かなければ、氏真の妹・すずは帰ってこれなかったでしょうね。

 

 

 

寿桂尼と信玄のやりとりもまた面白かったです。寿桂尼が一枚上手でした。それだけ、周囲のところからも寿桂尼が認められていた証拠ですね。

 

 

 

でも、やっぱり寿桂尼を見ていれば小野政次(高橋一生)がいうように亡くなった後に、武田との戦に発展しそうな予感ですね。それぐらい寿桂尼の存在感が凄いです。

 

 

 

そして、最も印象的だったのは井伊直虎と寿桂尼の最期の対面でした。鬼気迫るものがあって、寿桂尼を見ているとまだ直虎は青いなって感じました。

 

 

 

寿桂尼は、直虎のウラまではっきりと読んでいました。今川に協力してくれるかどうかをしっかりと見分けてましたね。そこがまだ直虎にはよめていませんでしたね。

 

 

 

 

おんな城主直虎28話のMVP

 

おんな城主直虎28話のMVPについては、もう完全に寿桂尼を演じた浅丘ルリ子さんになりますね。おんな城主直虎28話ほど、MVPを決めやすかったことがないかも。

 

 

 

それぐらい、はっきりと寿桂尼が突き抜けていましたね。存在感といい、演技力。その役割。すべてが今回は他がかすむほどでした。

 

 

 

もちろん、初登場した武田信玄もよかったんですけどね。たぬきな感じがすごくよかったです。でも、それでもやっぱりMVPは28話は寿桂尼しかいないなって思います。

 

 

 

井伊は×をつけられてしまったので、今川からどのような仕打ちを受けるのか。それが気になってしまいますね。また、寿桂尼の命がどれだけもつのか。

 

 

 

このあたりもとても重要なところになるでしょう。いずれにしても、策を立てているのが寿桂尼だけに井伊にとってはなかなか厳しいことになりそうな予感がしますね。

 

 

 

用意周到に練られた作戦なので、そのあたりがどうしても心配になりますね。今川氏真だけであれば、きっと小野政次が読むことができるんですけどね。

 

 

 

寿桂尼の場合は、そのうえをいってしまう可能性があるから怖いんです。自分に似ているからこそつぶすとの発言はゾッとするところがありました。

 

 

 

今後の井伊の状況と、寿桂尼の命についても注目して見ていきたいと思います。おんな城主直虎28話の感想はここまで。おんな城主直虎29話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ