MENU

おんな城主直虎第29話ネタバレ,あらすじ「女たちの挽歌」

おんな城主直虎29話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎29話「女たちの挽歌」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はこのページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてくださいね。

 

おんな城主直虎29話の感想はコチラ

 

 

おんな城主 直虎第28話のネタバレ・あらすじで、寿桂尼(浅丘ルリ子)に井伊がどう動くが直虎(柴咲コウ)が呼ばれて確認されます。そして寿桂尼は井伊は、今川氏真(尾上松也)に今川を裏切るだろう。

 

 

 

そうなることを予想していた作戦通りに進めるようにいいます。一方の井伊家は、戦が起こらないようにするため徳川家康(阿部サダヲ)に上杉と同盟を結ぶことを提案した書状を書きました。その続きに、おんな城主直虎29話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「女たちの挽歌」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第29話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ29話

 

書状は傑山(市原隼人)にたくします。書状をもっていった傑山に、徳川家康はすぐに返事はできぬが考えてみるという伝達をは受けました。傑山の表情が明るかったことから直虎は希望を持ちました。

 

 

 

その数日後、三河からの書状ではなく駿府から寿桂尼が死んだとの知らせが舞い込んできました。その知らせに直虎は、絶句しました。女戦国大名と言われた寿桂尼のことを想い経をとなえます。

 

 

 

それからしばらくして、三河からの返事がやってきました。もってきたのは山伏の松下常慶(和田正人)です。しかし、その返事はよいものではなかったのでした。

 

 

 

直虎の書状と同じころに、武田からも書状が届き武田と徳川で一緒に今川をせめて領土をわけあうという提案でした。徳川の中でも意見はわれましたが決を採って武田の案をのむことになったというのです。

 

 

 

常慶は、武田は今年中には徳川は今川を攻めるというのです。そして、井伊はそれでも今川の見方をするのか。そう問い詰められます。手紙が、今川を守りためにおくられてきたと徳川では考えられたのでした。

 

 

 

しのが徳川へ人質に

 

直虎は、今後は徳川の味方として働きたいというと、常慶は人質として虎松(寺田心)の母・しの(貫地谷しほり)を徳川におくるようにいうのでした。

 

 

 

直虎は、人質は今川の手前難しいというと、松下に嫁入りするという形であれば今川にもわからないだろう。そういって、常慶の兄に嫁ぐように迫られたのです。

 

 

 

直虎は虎松は父もいないので・・・と言いますが常慶は、聞く耳を持たず考えるように命じその場を去っていきました。直虎は、しのにその話をしました。

 

 

 

しのは、直虎に罵声を浴びせましたが潔くその話を承諾しました。その数日後、虎松が直虎のもとにやってきました。しのが行きたくないと言っている。だから、しのの人質を取り消してほしい。

 

 

 

虎松は、そういってなんとかしのの人質をやめてほしいと願ってきたのでした。直虎は、井伊が仲良くしたい家からしのが嫁ぐなら信じてやると言われたと説明します。

 

 

 

しかし、虎松はそれならば直虎が嫁にいけばいいのではないか。そういわれます。直虎は自分がいなくなったら井伊の殿は誰がするのか。そういって、しのが何を考えているのか屋敷を訪れます。

 

 

 

 

しのの虎松への愛情

 

しのは、直虎は虎松はやがて井伊の当主になるものなので、近親者が人質に行くというものがどういものか理解させるためにも、わざとしのは行きたくないと伝えたというのでした。

 

 

 

そして、しのは虎松は必ず説得するから安心してほしいと直虎に話すのでした。しのは、虎松に直親(三浦春馬)のことを話します。直親の望みだからしのは人質に行く決意をしたと説明しました。

 

 

 

直親は、昔仲良くしたかった家があって・・・それを達成するために殺されてしまった。しのは、その家ともう一度仲良くするために行くのだときっちりと伝えたのでした。

 

 

 

そして、しのは虎松の味方をつくってやりたい。虎松の兄弟をつくりたいというのでした。虎松は、しのが人質として行くまでの間、毎日同じ布団で寝たのです。

 

 

 

しのは、こうして徳川の松下家のところに嫁いでいったのでした。虎松は、それからは直虎と同じ城に寝泊まりします。そして、直虎は自分を父と思ってほしいと虎松に伝えたのです。

 

 

 

一方、今川家では寿桂尼が計画していた井伊家にたいする仕打ちが着々とすすんでいたのでした。おんな城主直虎29話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎30話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

おんな城主直虎第30話ネタバレ,あらすじ「潰されざる者」

 

おんな城主直虎第28話ネタバレ,あらすじ「死の帳面」

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第29話ネタバレ,あらすじ「女たちの挽歌」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の29話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の28話で、寿桂尼(浅丘ルリ子)と最後の対面を果たした井伊直虎(柴咲コウ)。それが、試されているとも知らずに。そして、最後に戦をどうしても避けたいために直虎は徳川家康(阿部サダヲ)に上杉と手を結んではどうかと書状を送ります。「おんな城主 直虎」の第29話はその続きからスタートします。29話を簡単にまとめる...

このページの先頭へ