MENU

おんな城主直虎29話「女たちの挽歌」の感想

晩餐会

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の29話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の28話で、寿桂尼(浅丘ルリ子)と最後の対面を果たした井伊直虎(柴咲コウ)。

 

 

 

それが、試されているとも知らずに。そして、最後に戦をどうしても避けたいために直虎は徳川家康(阿部サダヲ)に上杉と手を結んではどうかと書状を送ります。「おんな城主 直虎」の第29話はその続きからスタートします。

 

 

 

29話を簡単にまとめると、寿桂尼がなくなりいよいよ今川氏真(尾上松也)と武田の戦が行われようとしていました。徳川は、直虎の書状を検討しましたが同じころに武田からも書状が届いたためにそちらの道を選択しました。

 

 

 

そのため、常慶(和田正人)を通じて徳川家康が今川のもとで戦をするのか問われます。そして、徳川家康と手を携えるのであれば、しの(貫地谷しほり)を人質に渡すことになりました。

 

 

 

それを泣きながら嫌がる虎松(寺田心)。その「おんな城主 直虎」の29話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎29話の感想

 

おんな城主直虎の29話の感想を一言でいうと、しのと虎松の親子愛がよかった回でしたね。なんか、虎松の気持ちを想って私も思わず泣いてしまいそうになりました。

 

 

 

直虎の作戦は、徳川家康に受け入れられるかと思ったんですけどね。なかなか簡単にはいかないですよね。徳川家康も当時は、まだ武田信玄や織田信長には及ばないですからね。

 

 

 

そのため、上杉と手を結ぶと織田につぶされると思ったんでしょうね。なので、普通に考えればそうなるかなって思います。戦してエリアを広げたいと思っている武将がおおいですからね。

 

 

 

直虎みたいに、民が一人も死なないようにっていうのは理想的ではありますが、力関係を考えると難しいですね。特に、信長は天下統一を目指していましたからね。

 

 

 

結果的に、直虎の書状が今川への忠義と思われてしまいましたね。それがなければ、人質をとられることにならなかったかもしれません。まだ、幼い虎松にとってはなんともつらい出来事でしたね。

 

 

 

また、面白いなあって思ったのはしの(貫地谷しほり)と直虎のやりとりが面白かったです。しのは、すっかり成長していて虎松のために人質にいくことを受け入れてくれていました。

 

 

 

以前のしのであれば、怒り狂っていたかなって感じました。でも、現在のしのは寂しい思いを抑えて虎松を諭す姿に思わずホロってなってしまいまいた。

 

 

 

 

おんな城主直虎29話のMVP

 

おんな城主直虎29話のMVPの候補については、2人いました。しのと虎松です。ただ、今回は理路整然としていたしのを演じた貫地谷しほりさんをMVPに選出したいと思います。

 

 

 

父親もいない。そんな虎松のもとを離れるのは、何よりもつらいことだと思うのですが、しっかりと虎松を説得して徳川の人質として向かいました。

 

 

 

まだ井伊直親(三浦春馬)がいたころのしのは、本当に困った女性だったんですけどね。直親がいなくなって、高瀬(高橋ひかる)が来たあたりからしっかりとしてきましたね。

 

 

 

なんちゅうか、母親としてすごく成長しましたね。自分がしっかりとしなければ、虎松のためにもよくないと思ったのかもしれません。本当に人が変わったみたいにしっかりしはじめました。

 

 

 

だからこそ、長く虎松の側におってほしいなって思ったりするんですけどね。虎松があやめを連れてきたときは、それでいいんではないかな?って思いました。

 

 

 

しかし、直虎はしっかりとそれはできないと断りましたね。厳しさを虎松に伝えることになりましたね。でも、それが直虎が父親の役割というところなのかなって感じました。

 

 

 

そして、ついにと言えばいいでしょうか。寿桂尼が死んでしまいましたね。なにやら、井伊に対して計画しているようでとても怖いですね。

 

 

 

今川家が寿桂尼がどんな対策を井伊に描いているのか怖いですね。おんな城主直虎29話の感想はここまで。おんな城主直虎30話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ