MENU

おんな城主直虎第30話ネタバレ,あらすじ「潰されざる者」

おんな城主直虎30話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎30話「潰されざる者」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけ。

 

おんな城主直虎30話の感想はコチラ

 

 

おんな城主 直虎第29話のネタバレ・あらすじで、井伊が徳川家康(阿部サダヲ)とつながりを持つためにしの(貫地谷しほり)が人質として三河に行きました。

 

 

 

そして、虎松(寺田心)は井伊直虎(柴咲コウ)と一緒に暮らし始めました。直虎は、母親の限りではなく父親の代わりとしてです。その続きに、おんな城主直虎30話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「潰されざる者」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第30話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ30話

 

駿府では、国衆を集めて今川家が戦の準備をしています。駿府から戻った小野政次(高橋一生)は、直虎に寿桂尼(浅丘ルリ子)とどんな話をしたのか確認します。

 

 

 

寿桂尼は、会って今後今川のために戦う存在かチェックしていたとのうわさを聞いたと政次がいうのでした。直虎は、その言葉にたいしても寿桂尼に会ってからかなり時間がたっている。

 

 

 

だから、もう大丈夫なのではないかと政次の言葉を気にしませんでした。しかし、小野政次は瀬戸方久(ムロツヨシ)についても引っかかる思いをしていました。

 

 

 

それは、方久が戦のために蔵を建てることを命じられたのにもかかわらずそのことを井伊に話ていないためでした。政次は、いつものように亀のいる龍潭寺の井戸に話かけました。

 

 

 

しかし、もちろん何も返事がくるわけではありません。政次は、気賀に出向いてそのことを龍雲丸(柳楽優也)のところへ向かったのです。そして、そこに方久を呼び出します。

 

 

 

方久に政次が質問しても返事がかえってこないから、政次はかまかけます。自分は、方久を見張るように今川氏真(尾上松也)から言われている。

 

 

 

井伊をつぶす話から政次を外すように言われたのではないか。今川氏真は、私には、方久をはずすと言っておったが天秤にかけておるのではないか。今川家はそういう家柄だ。

 

 

 

そういって、方久に揺さぶりをかける政次。すると、方久は何かを隠しました。それをみた龍雲丸がその手を押さえ書状を取り上げました。

 

 

 

今川は、井伊に徳政令をだす命をだす。しかし、方久の土地だけは安堵するといった内容の書状です。方久は、井伊家に貸しているお金の返済をせまる。

 

 

 

しかし、井伊家は当然そのお金を支払えない。すると、土地は方久のものになる。こうして、井伊を今川の兵一つ使わずに自分のいうとおりにできるようになる。

 

 

 

これが、今川家の描いていた筋書だったのです。そのことに怒る龍雲丸。しかし、方久は今川に言われてこうするしかなかったのだという。

 

 

 

 

今川家から徳政令をだす命がでる

 

一方、井伊では今川家家臣の関口氏経(矢島健一)が急にやってきました。今川から徳政令を出すように書状が届いたのです。方久がお金の返済にこまって今川にやってきたのだという。

 

 

 

しかし、直虎はそんなはずがない。方久は井伊の家臣になることと交換条件に、その取り立てを延期する約束していたからなのです。

 

 

 

関口は、そのように聞いておるとしかいわず明日までに徳政令を出す準備をするように命じてその場を去っていきました。そこに政次がやってきて、三河との境界線を信用できない井伊に守らせるのは危険。

 

 

 

そう、今川氏真が判断したことだという。政次は、目付けのふりを中野直之(矢本悠馬)や六左衛門(田中美央)には見せながら、いきなり攻め込まれなかったことは今川の温情だという。

 

 

 

直虎は、直之の怒りを制します。そして、直虎は考えます。もし、政次が井伊のために盾になる役をしていることを寿桂尼に知られていたらどうするべきなのか。

 

 

 

徳政令をいったんだして、その後に徳川のもとで井伊がよみがえる。そんなシナリオを何通りもかんがえていくのでした。それは、小野政次も同じでした。

 

 

 

そして、二人が決めたことは同じでした。一旦、徳政令に従い関口の首を土産に徳川家康(阿部サダヲ)に差し出し徳川の家臣になって井伊を認めてもらおうと考えたのです。

 

 

 

その晩、百姓たちが関口の家の前で徳政令は必要ないと訴えて集まっています。しかし、関口の家臣たちが百姓らを殴り倒してしまいます。

 

 

 

それを聞き、直虎がそこにかけつけるとそこには政次がすでにいました。直虎が政次に近づくと、政次は直虎を羽交い絞めにして脇差しを直虎ののど元にあてます。

 

 

 

政次は、小さな声で「俺を信じろ」と直虎にいうのでした。直虎は、体を政次にあずけ引きずられて連れていかれます。おんな城主直虎30話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎31話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第31話ネタバレ,あらすじ「虎松の首」

 

おんな城主直虎30話の感想はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第30話ネタバレ,あらすじ「潰されざる者」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の30話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の29話で、しの(貫地谷しほり)が徳川に人質に行き関係をつくっていた直虎(柴咲コウ)。そして、寿桂尼(浅丘ルリ子)が亡くなりついには今川家が井伊をつぶそうとする作戦を実行しようとしています。「おんな城主 直虎」の第30話はその続きからスタートします。30話を簡単にまとめると、今川家が井伊家を本気でつぶしに...

このページの先頭へ