MENU

おんな城主直虎30話「潰されざる者」の感想

川

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の30話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の29話で、しの(貫地谷しほり)が徳川に人質に行き関係をつくっていた直虎(柴咲コウ)。

 

 

 

そして、寿桂尼(浅丘ルリ子)が亡くなりついには今川家が井伊をつぶそうとする作戦を実行しようとしています。「おんな城主 直虎」の第30話はその続きからスタートします。

 

 

 

30話を簡単にまとめると、今川家が井伊家を本気でつぶしにかかった回になります。今川氏真(尾上松也)は、まず気賀城主の瀬戸方久(ムロツヨシ)を脅して徳政令を出すように仕向けます。

 

 

 

しかし、方久から直虎にその説明がされることなく小野政次(高橋一生)と龍雲丸(柳楽優也)の二人で問いただします。そして、関口(矢島健一)がやってきて徳政令を出すように下知をよみます。

 

 

 

そのことを村の者たちが聞きつけ、関口の屋敷で徳政は出さないように願いでます。そして、その知らせを受けた小野政次と直虎がその場にやってきたところで直虎は政次に刀を向けられます。

 

 

 

俺を信じろおとわ。そういって、小野政次は直虎に小声でいうのでした。その「おんな城主 直虎」の30話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎30話の感想

 

おんな城主直虎の30話については、寿桂尼の遺言が利いた回でしたね。小野政次が今川の目付けというよりも、直虎の味方であることがバレていたのです。

 

 

 

そのため、井伊としてはなんともつらいような回でしたね。特に、小野政次がどのように今後立ち回っていくのかが重要になってくるのかな?って感じました。

 

 

 

瀬戸方久については、なんちゅうか予想通りといいますか・・・もともと武家ではなかったので殺されても直虎のために。井伊のためにって気持ちはないですよね。

 

 

 

そういった方久の気持ちについても、今川はわかっていたのかもしれませんね。上手に利用されてしまいました。しかし、方久のわかりやすいことわかりやすいこと。

 

 

 

あんだけ、不自然だと直虎もなんかおかしいなって思わなあかんわいね。それをしなかったところが、直虎のミスになるんでしょうか。ただ、防ぎようはなかったかな?

 

 

 

そんなようにも感じましたね。方久から書状をとった龍雲丸は、見ていてナイスって思いました。その方久のあわてようが見ていて面白かったですね。

 

 

 

徳政の下知を伝えにきた関口の家に、百姓が集まったところで家臣に叩かれても徳政令を出さないようにいう心の声がよかったです。

 

 

 

この百姓たちの爪の垢を煎じて方久にも飲ませてやりたいですね。井伊家に対して、それだけの忠義があることに驚きました。自分の命にかえても抗議するあのハートが方久にも欲しいですね。

 

 

 

 

おんな城主直虎30話のMVP

 

おんな城主直虎30話のMVPについては、二人候補がいますね。一人は、面白おかしい瀬戸方久を演じたムロツヨシさん。そして、もう一人が小野政次を演じた高橋一生さん。

 

 

 

ただ、今回は小野政次の冷静で斬れる頭。今後の展開を考えれば小野政次を演じた高橋一生さんがMVPになりますね。自分の知らないことが多くなってきている。

 

 

 

この危機管理能力は、相当優れていますよね。そして、それを今川にぶつけるのではなく瀬戸方久にやまをはるところはさすがでした。龍雲丸を通じて方久を呼び出すというのもさすがですね。

 

 

 

どうしても、最後のところの「信じろおとわ」の言葉が次につながるので気になりますね。どんな作戦を実行しようとしているのか。

 

 

 

直虎に刀を向けるとかって、絶対にやったらあかんことやと思うのですが井伊を助けるためにやっているんでしょうね。直虎と同じように、関口の首をみやげに徳川に寝返る。

 

 

 

そういった気持ちをもっているのかどうかというところが今後のポイントになりそうですね。政次の場合は、井伊が徳川とつながろうとしていることを知っています。

 

 

 

それだけに、このタイミングでの徳政令は手痛い今川からの仕打ちですよね。立場上、直虎と政次が一緒に作戦を考えることができなかったのが個人的には心配です。

 

 

 

いうても、小野はかなりの裏切り者ですからね。今後どのようになっていくのか気になりますね。おんな城主直虎30話の感想はここまで。おんな城主直虎31話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ