MENU

おんな城主直虎第31話ネタバレ,あらすじ「虎松の首」

おんな城主直虎・ネタバレ

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎31話「虎松の首」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページをすぐ閉じてください。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎31話の感想はコチラ!

 

 

おんな城主 直虎第30話のネタバレ・あらすじで、今川家が寿桂尼(浅丘ルリ子)の遺言により、味方をしないことを察して、井伊をつぶそうと気賀城主の瀬戸方久(ムロツヨシ)を利用して徳政令を出そうとします。

 

 

 

そのことで、瀬戸村と祝田村の百姓たちが一気に関口(矢島健一)のところに押し寄せていきます。その続きに、おんな城主直虎31話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「虎松の首」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第31話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ31話

 

小野政次(高橋一生)は、井伊直虎(柴咲コウ)の喉元に刀をあて百姓たちに直虎の顔をむけさせます。そして、この百姓たちは殿が仕向けたのかと問います。

 

 

 

百姓たちは、自分たちで自らきたのだと話します。では、殺される覚悟があるのかと政次が百姓たちに厳しく言います。それを直虎がやめるようにいうのです。

 

 

 

小野政次は、それでは徳政令を出すように命じます。その言葉で、直虎は農民たちの反対をよそに徳政令を受けいると発言したのでした。

 

 

 

小野政次は、すぐさま関口(矢島健一)に目通しを願い、騒動を詫び徳政令を受け入れさせたことを直虎と一緒に説明したのでした。

 

 

 

そして、あらかじめ用意されていた駿府からの下知が読み上げられついに徳政令が発せられることになります。直虎は、領主になったばかりの頃になんとか徳政令を防ぐよう動いていたことを思い出します。

 

 

 

あっけなく、徳政令を発することになりました。直虎は、一人で出ると六左衛門(田中美央)が待っていました。六左衛門は泣きじゃくっていたようで顔を涙ではらしています。

 

井伊直虎が徳政令を出しても潰れなかった理由とは?

 

 

 

そして、二人で井伊の館に戻ったのでした。翌日、直虎は井伊家のものをすべて集めて井伊がつぶされたことを伝えました。今後はどのようになるのか高瀬(高橋ひかる)が意見を求めます。

 

 

 

直虎は、なったことがないのでなんともと言えないと答え、六左衛門は今川家に歯向かったわけではないのでそんなにひどい仕打ちにならないのではないかと話します。

 

 

 

しかし、祐椿尼(財前直見)はどんな形にしろ取り潰しだから、そのように考えて動くことが大切だというのでした。そこに、小野政次がやってきて井伊の館はもうお前たちのものでない。

 

 

 

だから、すぐに立ち退くように命じます。直之(矢本悠馬)はみなを川名の隠し里に連れていき、直虎と六左衛門は龍潭寺に向かいました。

 

 

 

龍潭寺には、子供たちが手習いをしていました。虎松(寺田心)と直久、亥之助の3人が並んでいます。直虎は、虎松と直久に一緒に行くぞと言い川名へ連れていこうとします。

 

 

 

亥之助は、小野家のものなので連れていきません。しかし、それを説明する時間もありません。そして、虎松と直之を直虎たちは連れていきます。

 

 

 

 

川名で本音を話す直虎

 

直虎たちは、皆が全員川名の隠れ里に到着します。しかし、みなが暗く静まりかえっています。そこに、直虎は話はじめます。井伊は潰れたけども、2月後には取り戻そうと思っている。

 

 

 

そう小さな声で話だしたのです。そして、「今年のうちに戦がはじまる。徳川が井伊をせめてくる」その際に、井伊が関口の首を徳川に差し出すことで、井伊はよみがえるというのでした。

 

 

 

すでに、しの(貫地谷しほり)が人質として三河に行っている。そのため、それが可能なのだというのです。そして、小野政次はどうするのかと直虎は聞かれました。

 

 

 

その時に、直虎は小野は実はずっと井伊の味方をしてくれていた。だから、今回も小野政次はすべてを知っている。今川に対する盾になっているのだとみなに説明したのです。

 

 

 

六左衛門は、小野は味方でないかとすでに感じていたという。また祐椿尼や高瀬も味方だと気付いていたという。唯一、直之だけは最後まで騙されているのではないか。

 

 

 

そう、直虎に注意を促すのでした。直虎は、もし小野政次が裏切っていたとしても関口の首をとるのは直之しかいない。それしか井伊をよみがえらす方法はない。頼んだぞと直之にはっぱをかけます。

 

 

 

虎松の姿が見えなくなっていたので、外に出ると虎松はこのようなところが井伊にあったのかと驚きました。直虎は、直親(三浦春馬)と小野政次が今川から守り抜いた井伊の隠し里であると虎松に説明しました。

 

 

 

 

今川氏真が命じる虎松の首

 

一方、直虎を井伊をつぶした今川家はピンチの状況が続いていました。上杉が国衆に調略され、そこに力をそがれているので今川を助けることができないためです。

 

 

 

そして、関口は小野政次が助太刀してくれたことを今川氏真(尾上松也)に話し、小野については信頼してもいいのではと助言をします。

 

 

 

そのことで、今川氏真は井伊の家系を断てと虎松の首をとることを命じます。川名に隠れていた直虎は、先手を打っていました。虎松を南渓和尚(小林薫)の手はずで逃げる算段がすでにできています。

 

 

 

なので、虎松を直虎が説得しようとします。しかし、虎松は嫌がったのです。そこで、傑山(市原隼人)が虎松の図上に弓をわざと打ちます。そのことで、失禁する虎松。

 

 

 

傑山は、虎松に戦場は常にこういった戦いだ。そう笑います。すかさず、直虎は再び虎松に逃げるよう説得しました。直親もそうだったように、今、虎松がしなければならないのは逃げることだ。

 

 

 

そういうと、虎松は納得して失禁を恥じながら逃げたのでした。虎松のお供には、六左衛門がついていきます。傑山も寺に到着するまでは一緒です。虎松を見送った後に、直虎は龍潭寺に向かいました。

 

 

 

直虎の前に現れたのは虎松の首?

 

龍潭寺に到着すると、南渓に虎松のことを報告しお礼を言います。そして、小野政次が本当に裏切っていないのか試されるのうと直虎に言うのでした。

 

 

 

そこに、小野政次が家臣を引き連れやってきました。虎松を探しにやってきたのです。どこに逃がしたか聞きますが、知らないと直虎は答えます。

 

 

 

すると、政次は直虎をとらえるように家臣に命じ、直虎は連れていかれます。その翌日、庭に来るように命じられ虎松の首を確認するように関口と政次に命じられたのです。

 

 

 

直虎がその首をみると、別人の顔に濃い化粧を施していました。それを見て、なぜここまで濃い化粧をしているのかと関口に政次がとわれます。政次は、流行り病にかかっていたためだという。

 

 

 

関口にそれでも化粧をとるか確認をすると、もうよいというのでその首を駿府に送ろうとする政次。しかし、関口はそのような首は送らなくてもいいというのです。

 

 

 

すると、直虎がお経をよみはじめました。そこに、南渓もやってきてお経を唱えます。昊天(小松和重)も一緒にきてお経をとなえます。こうして、見知らぬ子供が一人死んだだけですんだのです。

 

 

 

南渓が龍潭寺に戻ると、龍雲丸(柳楽優也)が寺に来ていました。井伊の状況を確認しにきたのです。南渓から説明を受けた龍雲丸は首を埋めている直虎に声をかけます。

 

 

 

しかし、直虎は今は取り込み中だと龍雲丸の相手はしません。龍雲丸が、直虎を慰める言葉をかけると・・・直虎は頭に何がわかる。そういって目に涙をためたのでした。

 

 

 

直虎は、亡くなった子供に手をあわせると決意をにじませ天を見つめたのでした。おんな城主直虎31話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎32話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

おんな城主直虎第32話ネタバレ,あらすじ「復活の火」

 

おんな城主直虎31話「虎松の首」の感想

 

井伊直虎が徳政令を出しても潰れなかった理由とは?

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第31話ネタバレ,あらすじ「虎松の首」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の31話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の30話で、井伊に徳政令の下知が今川からでました。そして、騒ぎがおきているところで政次(高橋一生)が直虎(柴咲コウ)の首に刀をあてて、おとわ信じろと言いました。「おんな城主 直虎」の第31話はその続きからスタートします。31話を簡単にまとめると、政次の指示にしたがい直虎は徳政令を出します。そのため、井伊は...

このページの先頭へ