MENU

おんな城主直虎31話「虎松の首」の感想

首

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の31話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の30話で、井伊に徳政令の下知が今川からでました。

 

 

 

そして、騒ぎがおきているところで政次(高橋一生)が直虎(柴咲コウ)の首に刀をあてて、おとわ信じろと言いました。「おんな城主 直虎」の第31話はその続きからスタートします。

 

 

 

31話を簡単にまとめると、政次の指示にしたがい直虎は徳政令を出します。そのため、井伊は潰れてしまいます。そして、井伊の住人たちはすべて隠し里で生活を強いられることになりました。

 

 

 

今川氏真(尾上松也)は、小野政次が井伊の領土を見るようにすることを認めるかわりに虎松(寺田心)の首を求めました。そのため、政次は虎松の代わりの名の知れない子供の首をはねました。

 

 

 

虎松の代わりに亡くなった子の首を龍潭寺に埋めて拝む直虎。その「おんな城主 直虎」の31話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎31話の感想

 

おんな城主直虎31話は、本当に小野政次劇場と言ってもいい感じになりましたね。なんか、すごく迫力がありましたね。本当に政次を信じていいのか。

 

 

 

それとも、信じれないのか。そう迷わせるほどの存在感がありました。しかし、直虎が徳政令を受け入れるというのには正直驚きました。井伊が潰れることを自分の手でくだす。

 

 

 

それがどれだけ苦痛なことなのか。小野政次のことを信じていいのか。それとも信じたらだめなのか。試されると話した南渓和尚(小林薫)の言葉もとても印象的でした。

 

 

 

直虎も心の奥底では、鶴を信じたいという気持ちが強いのですが・・・不安になってしまう。そんな状況だったように思います。それにしても、戦国の世は厳しいですね。

 

 

 

逆らってもいない井伊の後継になる虎松の首を今川が求めるというのは、本当に厳しいですね。虎松が失禁したのを見てそんなことを想いました。

 

 

 

まだ、子供の命をつとらなければならないほど今川は追い込まれているんだなあって。それをしないと、井伊が復活して裏切られるかもしれない。そんな思いがあるのでしょう。

 

 

 

今川氏真の言葉には、それだけ大きな気持ちがこもっていました。しかし、関口(矢島健一)はどちらかというと嫌々はなしを聞いたような感じでしたね。

 

 

 

今川氏真が怒っていたから仕方なく話を聞いたというだけなのだと思います。そういった意味では、直虎が話したように関口の首をとり徳川に渡すというのは可能性があるかもしれません。

 

 

 

 

おんな城主直虎31話のMVP

 

おんな城主直虎31話のMVPは間違いなく、小野政次を演じた高橋一生さんですね。今回の演技は迫力もあって味方をも不安にさせるほどのものでした。

 

 

 

間違いなく、今回は高橋一生さんしかいないという回でしたね。少しだけ可能性があったとすれば、ストーリー上で重要な役割を果たしている今川氏真でしょうか。

 

 

 

今川氏真が狂ったように井伊をつぶせといっていたのもとても印象的ではあったんですけどね。それでも、やはり小野政次のあばれぶりに比べると弱いですね。

 

 

 

小野政次は、虎松の代わりの子供を殺し恨まれるような役をみずから買ってでてやりました。そして、その結果として井伊のトップに君臨することになりました。

 

 

 

今後、直虎と政次の気持ちが一致して井伊を直虎が取り戻すことができるのでしょうか。それとも、このまま今川に井伊はつぶされてしまうのでしょうか。

 

 

 

小野家がまさか井伊の館を支配し続けるなんてことにはならないでしょうか。最後に、龍雲丸(柳楽優也)がやってきていましたがこの龍雲党のメンバーがなにかポイントになる予感がしますね。

 

 

 

いずれにしても、直虎はどこまで政次を信頼できるのか。南渓が話したように、今後それが試されていくのだと思います。鶴って本当に演技がうまいから本心を見抜くのは本当に難しいですよね。

 

 

 

関口の首をあげ、徳川に差し出すことができるのか。楽しみですね。おんな城主直虎31話の感想はここまで。おんな城主直虎32話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ