MENU

おんな城主直虎第32話ネタバレ,あらすじ「復活の火」

おんな城主直虎・ネタバレ32話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎32話「復活の火」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてください。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎32話の感想はコチラ

 

 

おんな城主 直虎第31話のネタバレ・あらすじで、今川家は寿桂尼(浅丘ルリ子)の遺言により、井伊に徳政令を出させます。そして、小野政次(高橋一生)が井伊の領主となります。

 

 

 

虎松(寺田心)は今川から殺される可能性があるので南渓和尚(小林薫)たちが段取りをして逃がしました。直虎(柴咲コウ)は龍潭寺。ほかの井伊のものたちは隠し里の川名に隠れています。その続きに、おんな城主直虎32話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「復活の火」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第32話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ32話

 

今川と武田の関係はますます悪化し、いつ戦になってもおかしくない状況となっています。岡崎城では、武田からの書状を受け取った徳川家康(阿部サダヲ)らが軍議を開いています。

 

 

 

武田は、10日後に今川攻めを行うので徳川家康には、遠江に入り掛川を落とすように命じてあります。松下常慶(和田正人)が調略を試みているがなかなかうまくいっていない様子です。

 

 

 

道中の気賀あたりは、芽があるのではと石川数正(中村織央)が家康にいいますが・・・そこに酒井忠次(みのすけ)が戻ってきました。気賀に向かっていたところ大沢に襲われたのだという。

 

 

 

それを見て、家康は井伊谷あたりから入るのが向かいやすいと作戦をたてます。しかし、戻ってきた酒井忠次が井伊谷は今川に取り潰しにあったと伝えたのでした。

 

 

 

小野政次が井伊を治めていると知った家康は、目付けの一人・菅沼忠久を親類の菅沼定満の調略を図らせているのだという。それをきっかけに、三人の目付けに調略をはかるのだという。

 

 

 

その話を瀬名(菜々緒)が家康から聞かされて喜ぶのでした。しかし、そのタイミングでちょうど直虎から書状が家康のところに届きました。井伊が潰れた。後継ぎの首をとられたというのは見せかけだ。

 

 

 

徳川家康がせめて来た際には、今川の目付けをとらえ城を開ける段取りになっているので、徳川の国衆として認めて欲しいといいう内容になっています。

 

 

 

さっそく家康は手紙の返事をします。調略をしていたものは、徳川につけば事情をあかせばよい。つかねば敵のままというだけのことだから問題ないというのでした。

 

 

 

 

関口に反乱の兆し

 

一方、今川の館では軍議が開かれています。その中で、関口(矢島健一)の様子がおかしい。しかし、今川氏真(尾上松也)はそのことに気づいていません。

 

 

 

氏真は、とにかく上杉の援軍を待ちいら立っていたのです。龍潭寺に徳川家康からの書状が届きました。南渓和尚も一安心といった感じで喜んでいます。

 

 

 

徳川家康は、早く直虎に会ってみたいと話したと傑山(市原隼人)が伝えます。そこに、政次が龍潭寺にやってきました。関口の家来が駿府に戻ったので、雑魚ばかりしかいないので問題ない。

 

 

 

そう政次は話したのでした。関口は、武田に寝返ったのでした。そのため、直虎と碁を打つことができたのです。政次が殿のような言葉を使い違和感を覚えながらも笑いあう二人なのでした。

 

 

 

井伊の館に戻った小野政次は、なつ(山口紗弥加)に徳川からの書状のことについて話しました。そして、政次はなんとなつにプロポーズをします。こたびのことが終われば一緒にならぬか。

 

 

 

なつは、こたびのことが終われば直虎が還俗する。それでも、自分でいいのか。なつはそう政次に返します。しかし、政次はおとわにあこがれていた。それは今も同じ。

 

 

 

しかし、それとは別の気持ちとしてなつに側におってほしいと政次は正直に話したのでした。なつは、そんな政次に抱きついてのでした。なつは涙を流して喜びました。

 

 

 

1568年12月6日武田軍の1万兵は駿府を目指し出立しました。武田軍は、破竹の勢いで勝ち進みます。氏真は、北条の援軍はまだかと焦っています。

 

 

 

そこに、関口たち21人の有力な武将が武田軍へ寝返ったことが伝えられます。今川氏真は、そのことに呆然としたのです。氏真は、戦に不向きな今川の館に籠るしかなくなってしまいました。

 

 

 

 

近藤が井伊を攻撃

 

一方、家康のもとに井伊の目付け3人が姿を現していました。石川数正がいくさの後の領土について説明し、3人が納得したように見えました。しかし、近藤康用(橋本じゅん)が物申します。

 

 

 

井伊の領土がどこにもない。井伊は、小野政次と一緒に実は徳川の首を狙っているのではないかと近藤が主張するのです。小野政次は、どんな裏切りも行う油断ならぬ男だと主張したのです。

 

 

 

政次は、井伊の先代をはじめ次々と有力者を戦に送り皆殺しにした人物なので、もっと用心をする方がよいと助言をしたのです。そのことで、家康が迷ってしまいます。

 

 

 

近藤がその様子を見て、すかさず我々は井伊の目付けをずっとしていたので先に様子をみてくることがいいのではないかと申し出たのです。

 

近藤康用は井伊直虎と本当に敵対していたの?

 

 

 

それで、おとなしく開門したらそれで済むと酒井忠次も家康に説明します。家康は、それではその段取りでいくようにとその策に乗ることを決めたのでした。一方、直虎は直之(矢本悠馬)に井伊の館に入るように命じます。小野政次の手助けをするように命じたのです。

 

 

 

徳川勢がいよいよ井伊谷にやってきました。龍潭寺にいた南渓から直虎にそのことが伝えられます。そして、それは小野政次にも同様に伝えられていました。

 

 

 

政次らは、井伊谷に残っていた関口の兵をとらえてこれから先は、小野は徳川に城を明け渡すといいついてくるものは口添えすると声を上げたのでした。すると、関口の兵たちはみな小野についていくと腹を決めたのでした。

 

 

 

そして、小野の家臣たちにもその説明をしました。しかし、政次の行動のするところの意図を家臣たいはすでに理解していたのです。門前では、直虎と直之が徳川を待ち構えています。

 

 

 

そこに近藤等の目付け3人と、酒井忠次がやってきました。直虎と酒井忠次が挨拶を交わして開門をするように言われます。直虎は、開門をするように命じます。

 

 

 

そこになんと、近藤の兵が城の横から弓矢を放ったのです。その弓をいった方向は、徳川勢に向けてです。嫌な予感がしていた井伊直虎は、慌てて逃げるように小野政次らに命をだします。

 

 

 

そこの近藤が「かかれー」と号令を出しさらに弓をいったのです。おんな城主直虎32話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎33話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第33話ネタバレ,あらすじ「嫌われ政次の一生」

 

近藤康用は井伊直虎と本当に敵対していたの?

 

おんな城主直虎32話「復活の火」の感想

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第32話ネタバレ,あらすじ「復活の火」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の32話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の31話で、井伊は今川からの下知に従い徳政令を受け入れ隠し里に身を隠しました。そして、徳川家康(阿部サダヲ)と一緒に関口(矢島健一)の首を上げようと直虎(柴咲コウ)が考えています。政次(高橋一生)も同じ気持ちなのか試されます。「おんな城主 直虎」の第32話はその続きからスタートします。32話を簡単にまとめ...

このページの先頭へ