MENU

おんな城主直虎32話「復活の火」の感想

火

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の32話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の31話で、井伊は今川からの下知に従い徳政令を受け入れ隠し里に身を隠しました。

 

 

 

そして、徳川家康(阿部サダヲ)と一緒に関口(矢島健一)の首を上げようと直虎(柴咲コウ)が考えています。政次(高橋一生)も同じ気持ちなのか試されます。「おんな城主 直虎」の第32話はその続きからスタートします。

 

 

 

32話を簡単にまとめると、井伊を支配していた関口が今川から武田に寝返ったために小野政次が自由になり龍潭寺にやってきました。そこで、直虎と話をします。

 

 

 

直虎が徳川からの返事の書状を小野政次に見せて、井伊を徳川に明け渡すことを約束をします。しかし、徳川では井伊の目付けをしていた近藤(橋本じゅん)ら3人も徳川方についていました。

 

 

 

そして、小野政次が井伊の開門するその際に突然徳川に向けて矢が放たれます。罠が仕掛けられたのです。その「おんな城主 直虎」の32話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎32話の感想

 

おんな城主直虎32話は、戦が始まるというところでしたね。その中でどうしても気になったのは、やっぱり最後のシーンですね。罠じゃ政次。といって直虎がいうシーン。

 

 

 

これが何よりも印象的な場面でした。それまで、直虎が徳川と積上げてきた信頼関係がゆらぐかもしれない。そんな出来事でしたね。

 

 

 

おそらく、政次が門を開けているにもかかわらず矢をいるなんてことはありえない。そうやって考えると、この騒動の犯人は近藤と考えるのが普通なのかなと思います。

 

 

 

井伊にとっては、徳川家康が井伊の目付け3人に調略を図っていたことが結果的に大きなマイナスになってしまったのかもしれません。

 

 

 

それにしても、関口は武田に寝返るのであれば井伊谷に徳政令の下知を届けにこなくてもよかったのにと思います。武田に寝返る手土産として井伊を差し出す。

 

 

 

そんなこともできたと思うんですけど、関口が出世できない理由はそんなところにあるような気がしますね。武田に寝返って重宝されたりすることはないですからねきっと。

 

 

 

まあ、そのおかげで小野政次と直虎が直に話をできるよになったメリットも大きかったんですけどね。直虎と政次の話合いはとてもよかったですね。

 

 

 

直虎が政次がこのまま殿になってもという話でしたが、政次は直虎以外に井伊の領主はいないといったところは感動的でした。ちょっとホロッときそうになりました。

 

 

 

そして、小野政次がなつ(山口紗弥加)と一緒になるってところでは・・・その二人がくっつくのか。そんなことを想いました。政次がすごくかっこよく見えました。

 

 

 

 

おんな城主直虎32話のMVP

 

おんな城主直虎32話のMVPは、とても難しいですね。選択肢がたくさんありますね。小野政次を演じた高橋一生を選ぶこともできますね。

 

 

 

なつとの関係になることや、直虎の話合いで今回も存在感はさすがでした。ただ、今回は今後の関係も含めて近藤康用を演じた橋本じゅんを推します。

 

 

 

この出しゃばりが、徳川家康に先陣に3人の目付け役をと申し出たことで罠を仕掛けてきました。井伊の領土を近藤はとりたかったんでしょうね。

 

 

 

だから、近藤は徳川の下につきながらもどうやったら井伊の領土がとれるのか。そうやって考えると、近藤の家臣たちが弓をわざと射てきたのだと思います。

 

 

 

直虎の言葉で門を閉めた小野政次。これが今後どういった展開になるのかとても楽しみになりましたね。近藤がどのような計画を立てているのか。

 

 

 

どうやって井伊の領土をとろうと思っているのか。井伊と近藤なら近藤の方が一枚上手のような気がしますね。したたかでずる賢い感じがします。

 

 

 

近藤がどのように動くかまだ読めないところがありますが、徳川家康が最終的にどのように采配していくのか。ここに大きな部分が関係あると思います。

 

 

 

直虎には、瀬名(菜々緒)がついているので徳川がうまく間に入ってくれればいいんですけどね。心配な展開になってきましたね。おんな城主直虎32話の感想はここまで。おんな城主直虎33話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ