MENU

おんな城主直虎第33話ネタバレ,あらすじ「嫌われ政次の一生」

おんな城主直虎・ネタバレ33話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主直虎33話「嫌われ政次の一生」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてください。続きは見たい人だけでお願いします。

 

直虎33話「政次の死に思わず泣きました」

 

 

おんな城主 直虎第32話のネタバレ・あらすじで、井伊の目付けとしていた近藤康用(橋本じゅん)が徳川家の先鋒として井伊に乗り込んできました。そのため、約束を果たすとみせかけて徳川に向かって弓をいたのです。

 

 

 

その罠にはめようとした行為に直虎(柴咲コウ)は城にいた小野政次(高橋一生)に逃げろというのでした。その続きに、おんな城主直虎33話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「嫌われ政次の一生」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第33話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ33話

 

近藤の兵が中に入る前に、井伊谷城の門は閉められます。そこに、近藤がやってきて城を明け渡すのではないのか。そういうのです。

 

 

 

直虎は、門を閉めたのは井伊のものではないというのですが、それでも詰め寄ってきます。そこに酒井忠次(みのすけ)がやってきてとにかく門をあけるよう命じます。

 

 

 

その酒井忠次の言葉に、直虎も抵抗することができずに門をあけます。すでに、政次たちは城から脱出しており直虎は門を明け渡したので井伊領の安堵し、家の再興をさせていただきたいと話します。

 

 

 

しかし、近藤が井伊のものたちも矢を射かけておきながら何をと直虎にかみついてきます。しかし、直虎は井伊はやっていない。今川のものが混じっていたからではないか。そう説明します。

 

近藤康用は井伊直虎と本当に敵対していたの?

 

 

 

すると、酒井忠次が小野政次ではないのか。井伊をも騙し欺いて徳川の首を狙おうとしていたのではないか。そういうのです。しかし、それならそのようなことはせずに、城に入ってから襲う方がたやすい。

 

 

 

わざに危険を冒してまで、そのようなことはしない。そう直虎はいうのです。酒井忠次はそのことに納得したのですが、近藤が小野政次がいないではないか。

 

 

 

小野がやらせたから逃げたのではないか。そう詰め寄ってきますが、直虎が逃がしたので逃げたのだと説明します。そして、攻めたてられれば誰だって抵抗する。

 

 

 

政次は、抵抗しようとしていないし井伊がとがめられるゆえんもない。そういい徳川家康(阿部サダヲ)に取り次ぐように酒井忠次にお願いします。

 

 

 

 

徳川家康と井伊直虎の初対面

 

そこに、早馬がやってきて武田より使者がきたと酒井忠次のところにやってきたのです。後方に構えて徳川家康と一緒にいた石川数正(中村織央)は時間がかかりすぎだというのでした。

 

 

 

兵がにわか襲われたと菅沼が報告すると、家康の眉がピクリと反応します。井伊というよりは小野だと思うが井伊は認めないというのです。そのため、直虎は牢にいれられています。

 

 

 

菅沼や近藤は、徳川に弓を引くなどは言語道断。小野か井伊のどちらかに罪をつぐなってもらわなければ・・・・そう近藤は積年の恨みを晴らさんばかりに言うのでした。

 

 

 

家康は、三人の行動が怪しいのでどう思うか?そう聞きます。しかし、武田より使者から書状が届いているのでこの件よりも先に進みましょうというのでした。

 

 

 

しかし、それでも家康は直虎がおる牢はどこなのかと声を荒げました。直虎のいる牢やに家康がやってきました。直虎は徳川からもらった書状を見ていましたが徳川様でございますかとあゆみよります。

 

 

 

直虎は、今回のことは神にちかって徳川を襲ったものではない。兵はおろか民にまで徳川様に逆らってはならないというのでした。家康はだまったままですが、直虎の話を聞いてくれています。

 

 

 

直虎は、虎松(寺田心)の母・しの(貫地谷しほり)まで差し出した。それなのに、なぜ攻撃などするものか。そういうと、家康は土下座をして頭を下げた。そして、後ずさりしていったのです。

 

 

 

家康は、石川数正にまた瀬名(菜々緒)を怒らせてしまうの。そういって翌日、徳川軍は井伊谷を去っていきます。後は近藤に任せることにしたのでした。

 

 

 

 

小野政次が死を覚悟する

 

政次やなつ(山口紗弥加)や亥之助などは、兵を連れて川名の隠れ里に戻ったのでした。政次から、話を聞いた祐椿尼(財前直見)は直虎のことを心配します。

 

 

 

徳川と交渉している直虎ですが、政次は必ずなんとかする。そういって祐椿尼と約束したのです。祐椿尼は、直虎と政次に任せると覚悟を決めるのでした。

 

 

 

政次は屋敷を出て外で考えごとをしていると、なつが握り飯と栗をもってきました。川名の祭りのことなどを話ますが、明らかに政次はいつもと様子が異なります。そして、昔話をなつに始めます。

 

 

 

そして、なつは政次の気持ちがわかってしまったのです。政次が死のうとしていることを。これが、二人で過ごす最後のひと時になるかもしれないと思った政次は優しくなつに微笑んだのでした。

 

 

 

直之(矢本悠馬)らは、弓を放ったものたちが近藤の家臣であることを突き止めていました。しかし、すでに自害しています。そのことを、直之は南渓和尚(小林薫)らに伝えます。

 

 

 

そして、直之は直虎が牢にはいっていることを悔しがります。すると、南渓は直之に頼み事をするのでした。南渓は、その後に近藤のもとを訪れました。南渓は直虎がもう出家の身。

 

 

 

そのため、牢からだしてほしい。そう願うのですが、近藤は小野政次と引き換えでなければ離すことはできないというのです。南渓は、では会せてほしいとだけお願いしました。

 

 

 

近藤と一緒に直虎と会った南渓は、井伊のために何ができるのか考えるように話しました。手を握りそっと紙切れを渡しました。近藤は、嫌味たらしく長く考えられても困ると付け加えるのでした。

 

 

 

南渓が寺に戻ると、龍雲丸(柳楽優也)らがやってきていました。直虎を以前龍王丸が牢か逃げ出したように、気賀に逃げ出せる手伝いをお願いしていたのです。

 

 

 

南渓からもらった紙切れを読んでいた直虎のところに数人の足音が忍び寄ってきました。そこには、なんと小野政次がいたのでした。直虎の代わりになるために、政次がやってきたのでした。

 

 

 

直虎は、無理やり牢から出され政次が代わりに入っていきます。政次は、この時にこれでいいと心を静めていたのでした。そこに、龍雲丸が行きますぜとやってきました。直虎に頼まれたのです。

 

 

 

 

龍雲丸の説得

 

直虎は、龍潭寺の井戸端にいました。亀に声をかけます。あの時のようなことはごめんだ。そういって、どうか鶴をと祈るのでした。しかし、政次が戻ってくることはありませんでした。

 

 

 

龍雲丸が戻ってきたので、直虎は寺に戻り確認します。政次は、すまぬが俺はいかぬ。そういって拒んだのです。政次は、自分や直虎だけのことを考えるのであれば逃げればいい。

 

 

 

しかし、近藤の恨みが晴れなければ井伊の民や虎松。隠し里にいるものなどになにをされるかわからない。それを守るだけの兵が井伊にはいない。政次の首だけの血で済ませるのが最も血が流れぬ。

 

 

 

そういって、覚悟を決めていたのだという。龍雲丸が説得しても気持ちが変わりそうもなかった。そして、政次はおそらくこのために生まれてきたのだというと、龍雲丸は何も言えなくなったのです。

 

 

 

その話を聞いて、直虎は鉄砲玉のように飛び出そうとします。それを龍雲丸が捕まえ、井伊は政次にとっては直虎なのだ。だから、政次は直虎を守る道を選んだのだ。

 

 

 

守ってもらいたいなどと一度も頼んでおらぬ。そういって直虎は、その場を出ていってしまいます。そして、井戸端で座禅をくみます。一日中なにも口にせず、ひたすら政次になにをすればよい。そう問いつづけます。

 

 

 

翌日、政次が磔にされると南渓が直虎に伝えます。直虎は自ら引導を渡すと決意し南渓らと一緒に磔の場所にむかいます。政次が逝くならわれが送ってやらねばならないと思ったのです。

 

 

 

政次が磔られていざ処刑される瞬間に、直虎は突如槍をもって政次のもとに走ります。そして、政次のことを自らの手で刺したのです。

 

小野政次の最期は本当に近藤康用に磔にされたの?

 

 

 

最後まで、憎まれ口をたたきながら政次が逝った。おんな城主直虎33話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎34話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

おんな城主直虎第34話ネタバレ,あらすじ「隠し港の龍雲丸」

 

おんな城主直虎33話の感想「政次の死に思わず泣きました」

 

小野政次の最期は本当に近藤康用に磔にされたの?

 

近藤康用は井伊直虎と本当に敵対していたの?

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第33話ネタバレ,あらすじ「嫌われ政次の一生」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の33話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の32話の最後に井伊家は、徳川に井伊を明け渡そうとします。しかし、そこで近藤(橋本じゅん)に罠にはめられます。井伊が徳川に向かって槍を射ったと見せかけたのです。「おんな城主 直虎」の第33話はその続きからスタートします。33話を簡単にまとめると、近藤にはめられたことで直虎(柴咲コウ)がなんとか申し開きしよ...

このページの先頭へ