MENU

おんな城主直虎34話の感想「龍雲丸がピンチ!」

港

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の34話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の33話の最後に、井伊直虎(柴咲コウ)が小野政次(高橋一生)を自ら処刑します。

 

 

 

直虎は、他の者に処刑にされるぐらいならと幼なじみの政次を自らの手で殺めたのでした。「おんな城主 直虎」の第34話はその続きからスタートします。

 

 

 

34話を簡単にまとめると、気賀に戦火がやってきて今川方が抑えたところに徳川方が攻め込むという様相でした。そこに、気賀の民たちが巻き込まれてしまいます。

 

 

 

そこには、龍雲党のメンバーの姿もありました。逃げようとしていたところ、民を助けようとして巻き込まれてしまったのです。その「おんな城主 直虎」の34話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎34話の感想

 

おんな城主直虎34話は、なんとも切なくなる回でしたね。しかし、近藤(橋本じゅん)が憎たらしいですね。そのうちなんか天罰が下ればいいのですが・・・。

 

 

 

また、気賀で龍雲党のメンバーが戦に巻き込まれてしまいまいましたね。さっさと逃げていればよかったんですけどね。民を救おうとしたのが結果的にあだとなってしまいました。

 

 

 

さっさと逃げておけばよかったんですけど、気賀に気持ちがあったためにそのようになったんでしょうね。普通の盗賊であれば、あそこは確実に逃げていたと思うのですけどね。

 

 

 

龍雲党のメンバーみんなが死んでしまった模様ですね。龍雲丸(柳楽優也)だけは、傷が浅いような感じがしましたけど・・・。ただ、龍雲丸の命も怪しいですね。

 

 

 

しかし、徳川はひどいですよね。瀬戸方久(ムロツヨシ)が根回しをしていましたが、最終的には裏切られた形になってしまいました。家康の意図とは違った形で裏切られたんですけどね。

 

 

 

このあたりは、あきんどの弱いところです。お金をいくら動かしていても、種子島をいくら融通しても最終的には武力には勝てないです。方久を見ていてそんなことを感じました。

 

 

 

でも、見ていてすごく違和感があるのは徳川家康(阿部サダヲ)のたてた策に従わない酒井忠次(みのすけ)は、処分されないのかなってことです。酒井忠次はまあ悪い顔をしていました。

 

 

 

家康の作戦も無視して、民をどんどん殺していく姿は本当に非道な輩やなって感じました。瀬戸方久も声も上げれない。そのため、戦になってしまいました。

 

 

 

 

おんな城主直虎34話のMVP

 

おんな城主直虎34話のMVPは、判断が難しいですね。瀬戸方久を演じたムロツヨシさんもよかったし、酒井忠次を演じたみのすけさんもよかったです。

 

 

 

どっちも、今回の直虎でかなり重要な役割を果たしていました。ただ、今回のMVPについては、龍雲丸を演じた柳楽優也さんをMVPに選出したいと思います。

 

 

 

龍雲等の他のメンバーがとっ捕まって、戦に参戦させられそうになった時に、巻き込まれてどうするんだ。俺ら逃げてなんぼだろうがっていった言葉が特によかったですね。民を救おうと逃げ遅れたのが・・・ですが。

 

 

 

しかし、おんな城主直虎34話の中では最も目立った活躍をしていましたね。結果的に、龍雲丸の徳川は信用ならないという言葉が現実になってしまいました。

 

 

 

今後、直虎の精神が大丈夫になってくるのか。龍雲丸は大丈夫なのかなどが大きな見どころになってくるのかなと思います。しかし、徳川が一枚岩でない以上、井伊は今後どこにつくべきか。

 

 

 

政次が生きていれば、いろんなことを相談できるのですが・・・死んでしまったので、その役割を誰がするのか。龍雲丸になるのか。それとも南渓和尚(小林薫)になるのか。

 

 

 

直虎の参謀がどうなるのか。そこにも注目したいと思います。おんな城主直虎34話の感想はここまで。おんな城主直虎35話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

近藤康用は井伊直虎と本当に敵対していたの?

 

小野政次の最期は本当に近藤康用に磔にされたの?

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ