MENU

おんな城主直虎第35話ネタバレ,あらすじ「蘇えりし者たち」

おんな城主直虎35話ネタバレ

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎35話「蘇えりし者たち」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてください。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎35話の感想はコチラ!

 

 

 

おんな城主直虎第34話のネタバレ・あらすじで、直虎(柴咲コウ)はなかなか政次(高橋一生)の死を受け入れることができません。しかし、ようやくそのことを受け入れることができます。

 

 

 

また、気賀城で戦が起こります。その中には、龍雲丸(柳楽優也)らの龍雲党のメンバーがいました。その続きに、おんな城主直虎35話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「蘇えりし者たち」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第35話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ35話

 

直虎は、龍雲丸らが気になって気賀に向かいました。南渓(小林薫)や瀬戸方久(ムロツヨシ)らも同行します。しかし、その光景は目を覆いたくなるようなものでした。

 

 

 

壁は血で汚れ、人の手足がそこに落ちている。そんな状況の中で、南渓が生きているものはおるか〜と大声をだします。立ち尽くしている直虎に、昊天(小松和重)が前後際壇です。

 

 

 

そういって生きている者を探しはじめるのでした。前後際断とは、過去にとらわれず未来に憂うことなく今を大事にすることの意です。そして、直虎は歩きはじめました。

 

 

 

すると、直虎は堅い物を踏んで転びそうになります。それは、直虎が以前使っていた水筒です。その先を見ると、頭が倒れていました。わき腹をぐっさりと斬られています。

 

 

 

直虎が起こして支えるとかすかに息をしています。そして、南渓に生きているものがおりました。目に涙をためながらいうのです。その後、龍潭寺に運ばれた龍雲丸に治療を施します。

 

 

 

しかし、薬を飲み込むことすらできない状況で・・・直虎は口移しで薬を飲ませます。そして、冷え切っている龍雲丸の命を救うために体を寄り添い温めます。

 

 

 

その裏で、南渓が方久に気賀がなんでこのようなことになったのか確認します。方久は、徳川にウソをつかれてこのようになったことを正直に言ったのです。

 

 

 

この恐ろしい気賀での仕打ちが広がり、周囲の国衆たちは徳川に対して恐怖を覚えていきます。しかし、その酒井忠次(みのすけ)のやり方に徳川家康(阿部サダヲ)が怒ります。

 

 

 

しかし、忠次は逆らうと恐ろしいことになることを植え付けるのも大事なことだと説明したのです。言い分はわかるが、家康は納得はできないのでした。

 

 

 

そして、石川数正(中村織央)に松下常慶(和田正人)を呼ぶように命じます。一方、龍雲丸の容態は一向によくなりません。

 

 

 

 

龍雲丸の容態

 

直虎も看病を寝ずにしているためフラフラです。昊天に休むようにキツく言われた直虎は、部屋をでます。すると、年が12歳ぐらいの子供が直虎のことを待って立っていました。目付けをしていた鈴木重時の息子・重好です。

 

 

 

鈴木重時は、今回の気賀の戦で戦死したので、重好が後を継ぐことになったと挨拶にやってきたのでした。しかも、直虎にお経をどうしてもあげてほしい。そう話したのです。

 

 

 

近藤に協力した鈴木のお経は上げられないと断っていたのだが、重好がしつこく迫ってくるため仕方なくお経をあげることにしました。お経をあげ終わると重好がお礼をし、戦場にいくという。

 

 

 

その様子をいつから見ていたのか南渓がきていました。そして、あわてて直虎を呼びにやってくる声がしました。頭が息を吹き返したのです。直虎は、龍雲丸の手をとりよう戻ってきてくれたと礼を言うのでした。

 

 

 

そして、直虎の目から大粒の涙がこぼれたのです。その後、直虎はどっと疲れがでたのか眠っていきました。龍雲丸は、なぜ龍潭寺に自分がいるのか南渓から説明を受けます。

 

 

 

他のものについてはわからないとのことも伝えられます。翌日、直虎はしっかり眠って疲れをとり龍雲丸の世話を昨日以上にやる気をもってやるようになります。

 

 

 

薬を塗ったりしながら、笑いあって過ごしていた龍潭寺に近藤の手のものがやってきました。直虎、南渓、龍雲丸はなぜ盗賊の頭がここにいることがばれたのか。そんな不安をもちます。

 

 

 

しかし、要件は井伊の館にいる病人をみてほしいという内容でした。井伊の館には、昊天が行くことになりますが龍雲丸は近藤に恩をうるために直虎も一緒に行った方がいいのではないか。

 

 

 

そういうのですが、直虎は近藤のものなど一人残らず死ねばいいというのです。そりゃそうだと言って龍雲丸が納得します。しかし、そういわれると僧侶として後ろめたくなる。

 

 

 

そのため、昊天と一緒についていくことにしました。そして、井伊の館に行くとその重症の人物は近藤なのです。直虎は、手助けをしたくないと思い突っ立っていると昊天にしかられます。

 

 

 

近藤の医者は、ひどくて手に負えないと匙をなげたので龍潭寺に話がやってきたのでした。昊天と直虎は近藤の傷を治療している途中に近藤の目が覚めます。

 

 

 

直虎が刃物をもっていたものだから、殺す気かと言っています。それを見て、直虎は思わずわらってしまい、治療が終わった後に龍雲丸にそのことを面白おかしく話しました。

 

 

 

 

徳川家康と今川氏真が和睦

 

一方、常慶を呼んだ家康は、今川氏真(尾上松也)と極秘で会っていました。なんと、家康は和睦を今川に申し出たのです。氏真は、自分の首をとらなければ武田が怒るだろう。

 

 

 

そういうんです。しかし、武田は現在北条との関係で苦しい位置にたっている。だから、北条に身を寄せればよいといいます。すると、氏真は蹴鞠で決定すればいいのにのお。

 

 

 

そんな冗談をいうのでした。そして、氏真は重臣たちの裏切りにあい駿府の館もやけてしまった。和睦はありがたい。そう家康に話したのです。

 

 

 

龍雲丸は、日に日に回復をし床から起き上れるようになりました。そして、直虎と話しをしているところ隠れ里にいた直之(矢本悠馬)が久しぶりにやってきました。

 

 

 

直之に、気賀で起きたことを話します。直之も直虎が元気そうなことを喜びました。そして、直之はみなからの手紙を直虎に渡します。節約のために、みなで一つの手紙です。

 

 

 

高瀬(高橋ひかる)や祐椿尼(財前直見)が近況をつづっています。それを読んだ直虎は、泣きながらわらっています。その様子を陰から龍雲丸が見ていました。

 

 

 

そこに、瀬戸方久がやってきました。なんと、昊天に弟子入りしたと薬を売ることを考えたのです。方久は、薬で巨万の富を築きますと宣言するのでした。

 

 

 

龍雲丸と直虎の恋

 

そして、直虎が直之が川名に戻るのを見送ると龍雲丸の姿がありません。昊天は、完治にはほど遠い状態なのでまだ危険だと心配しています。直虎は慌てて気賀の龍雲丸のアジトにむかいました。

 

 

 

直虎が到着すると、龍雲丸がうずくまって動けなくなっていました。傷は開いていないので、ゆっくりと横になるように言います。龍雲丸は、他の誰かが戻ってきているのんじゃないか。

 

 

 

そう思ってやってきたのです。しかし、誰もいなかった。なぜ、自分だけ助かるのか。そんなことを想ってしまっています。しかし、それは直虎も同じだという。いつも、わればかりが生き残る。

 

 

 

しかし、龍雲丸を助けることができたのはよかった・・・そう話すのでした。そのタイミングで龍雲丸が直虎の目を覆い隠します。そして、そっと直虎の手を握りしめたのです。

 

 

 

一方、今川氏真は北条に逃げることを決めたのです。こうして、代々続いた今川家が滅亡したのでした。そして、徳川家康は掛川城に入り喜んでいたのでした。

 

 

 

そして、龍雲丸のアジトには他のメンバーが戻った時のため「井伊で待つ」と伝言を残し二人はいなくなっていました。おんな城主直虎35話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎36話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

おんな城主直虎第36話ネタバレ,あらすじはコチラ!

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主直虎35話の感想はコチラ!

 

おんな城主直虎 ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第35話ネタバレ,あらすじ「蘇えりし者たち」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の35話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の34話の最後に、龍雲丸(柳楽優也)が気賀で斬られてしまいます。気賀で起きた戦火が龍雲党のメンバーを巻き込んでしまいます。「おんな城主 直虎」の第35話はその続きからスタートします。35話を簡単にまとめると、気賀の戦の跡地に龍潭寺のメンバーと直虎(柴咲コウ)が降り立ちました。そこで、生きている人を探してい...

このページの先頭へ