MENU

おんな城主直虎第36話ネタバレ,あらすじ「井伊家最後の日」

おんな城主直虎36話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎36話「井伊家最後の日」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人は今すぐページを閉じてくださいね。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎36話の感想はコチラ!

 

 

 

おんな城主直虎第35話のネタバレ・あらすじで、気賀に戦火が及び龍雲丸(柳楽優也)だけは直虎(柴咲コウ)の懸命な看病もあり生き延びました。

 

 

 

また、長きに渡って井伊家を苦しめてきた今川家は、今川氏真(尾上松也)と徳川家康(阿部サダヲ)の間で密会し和睦をすることでなくなってしまいました。その続きに、おんな城主直虎36話ネタバレあらすじはなっていきます。

 

 

 

タイトルは「井伊家最後の日」になります。しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第36話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ36話

 

龍雲丸(柳楽優也)は、戻ってくるものもおるかもしれないのでしばらくはここに残っておくという。直虎は、昊天(小松和重)に次に近藤(橋本じゅん)の手当をするときは自分も呼んでほしいと願いでます。

 

 

 

徳川家康(阿部サダヲ)は、同盟を結ぶ武田信玄(松平健)に言わずに今川氏真(尾上松也)の和睦を決めました。徳川と今川が和睦したことで、いったんは戦は終了したかのように見えました。

 

 

 

今川氏真は、北条に行っているので武田も手を出せない様子です。その結果として、遠江全域が徳川が支配することになります。井伊谷についてもそのため落ち着いてきました。

 

 

 

そして、瀬名(菜々緒)は家康に井伊のことはどのように考えているのかと問い詰めます。しかし、そこに家康の母がやってきて瀬名はその場で引きます。

 

 

 

そんな状況の頃に井伊直虎は、今後の井伊をどうしようかと悩んでいました。井伊を再興するということは、戦で死ぬ家臣も増えるので井伊家を再興するべきなのか迷っていたのです。

 

 

 

それだけ、小野政次(高橋一生)の死や気賀での戦火が直虎の心にひっかかっていたのです。そんなころに、徳川の家臣・松下常慶(和田正人)が、しの(貫地谷しほり)からの手紙をもってきました。

 

 

 

虎松を松下家の養子に?

 

その手紙の中には、虎松(寺田心)を松下家の養子に迎えたいとと書かれていたのです。虎松は、井伊の後継ぎだけに直虎はそのことを迷います。

 

 

 

井伊家の再興を諦めてしまっては、直親(三浦春馬)や政次など井伊のために死んでいったことを考えると申し訳ないという想いもあったのです。

 

 

 

そんなときに、直虎に寄り添って話を聞いたのが龍雲丸(柳楽優也)です。龍雲丸は、直虎が本当にやりたい道に進むべきだとアドバイスします。

 

 

 

南渓(小林薫)も井戸端で悩み続ける直虎を見て、「もうやめじゃ次郎」と言って井伊家をつぶそうとアドバイスします。

 

 

 

南渓もまた、直虎一人にずっと井伊家のことを背負わせてしまっていることに責任を感じていたのです。だから、このあたりで直虎を楽にしてやってもいいのではないかと思ったのです。

 

 

 

その南渓のことばで直虎は決断しました。直虎は、井伊家の人々の行く末を考えての苦渋の決断でした。これには、政次の死や直親の死があったにもかかわらず、自分が井伊を守ることができなかったという苦しみがありました。

 

 

 

そのため、直虎は龍潭寺の井戸端で涙を流さずにはいられなかったのです。これまでにないほどに直虎は涙したのです。そして、井伊を再興する気持ちはないと隠し里でみなに説明します。

 

 

 

 

虎松との再会

 

井伊谷から逃げ離れていた虎松のところに行き、久しぶりに再会した直虎は、虎松に松下に行くことを話すと嫌だと拒否します。虎松は、松下家の跡取りになるのではなく井伊を再興するのだという。

 

 

 

この虎松の強い決意を聞いて、直虎は困ります。どちらの気持ちもわかるし、直虎自身も迷っていました。しかし、井伊を潰すと決めた直虎は喧嘩になりながら虎松にもう井伊はないのだといいます。

 

 

 

虎松はそれでも納得していなかったので、南渓が説得します。直虎は、もう殿ではないので直虎のいうことは聞かなくてもいいと言いながらアドバイスをします。

 

 

 

虎松にもみんなにも井伊を再興するつもりはないことを伝えてきたと龍雲丸に話します。その後、南渓の説得で虎松は松下に行くと決めます。直之(矢本悠馬)は近藤のもとで井伊谷に残るという。

 

 

 

井伊の人々は別々の道にわかれることになります。そのことで直虎は、大粒の涙を流します。そして、龍潭寺の井戸端で拝んでいる直虎のもとに龍雲丸が声をかます。

 

 

 

直虎は、龍雲丸に今後どうするのかと確認します。すると、龍雲丸は一緒になりたい女が出来たのでそばにいたいという。直虎は、名前を教えてくれれば協力できるかもしれないと言います。

 

 

 

しかし、龍雲丸は実は名前も知らないのだという。直虎は、大きく戸惑ってモジモジしています。そして、龍雲丸はその相手は尼小僧さまだというのです。

 

 

 

直虎は、とわという名前であることを教えると、龍雲丸はそっとキスをします。直虎はそして還俗します。おんな城主直虎36話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎37話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第37話ネタバレ,あらすじはコチラ!

 

おんな城主直虎36話の感想はコチラ!

 

おんな城主直虎第35話ネタバレ,あらすじ「蘇えりし者たち」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第36話ネタバレ,あらすじ「井伊家最後の日」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の36話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の36話に、龍雲丸(柳楽優也)がなんとか生きて復活を果たします。また、徳川家康(阿部サダヲ)と今川氏真(尾上松也)が突如和睦をしました。「おんな城主 直虎」の第36はその続きからスタートします。36話を簡単にまとめると、直虎(柴咲コウ)が迷いに迷って井伊家の再興をあきらめる決断をした回でしたね。虎松(寺田...

このページの先頭へ