MENU

おんな城主直虎37話の感想「民を逃がす直虎」

戦争

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の37話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の36話に、龍雲丸(柳楽優也)が直虎(柴咲コウ)に告白します。

 

 

 

また、井伊家の再興を直虎が断念した回でもありました。そのため、高瀬(高橋ひかる)や直之(矢本悠馬)が近藤康用(橋本じゅん)の家臣として働くことになりました。

 

 

 

37話を簡単にまとめると、直虎が還俗して農業をしながら落ち着いた日々を過ごしているところに、堺で商いをしないかというのが龍雲丸のもとにやってきます。一緒に行くことを嫌がる直虎に、祐椿尼(財前直見)が孫を見たいと説得しました。

 

 

 

そのタイミングで武田がせめてきて、井伊谷の民が大変なことになりそうなところを直虎が救出したという回でした。その「おんな城主 直虎」の37話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎37話の感想

 

おんな城主直虎37話のあらすじは、なんか戦に巻き込まれる井伊谷という感じの回でしたね。直虎は、なんとか戦が民に影響を及ぼさないようにと尽力していましたね。

 

 

 

直虎がなければ、近藤は逃げずに玉砕していたかもしれません。そういった意味でも直虎が行ったことって大きかったですね。どうしても自分がなんとかしなければって思いがあったのかもしれません。

 

 

 

私が、そんな中で龍雲丸が直虎の性格わかっているなっておもったのは、この状況で堺に行きたくないって龍雲丸も言ったことですね。すぐ引き返すっていうかもしれないし、今度こそ逃がしたいって話した言葉がとても印象的でした。

 

 

 

お互いのことをよく理解しているんだなって思いました。そして、もう一つ気になったのは高瀬ですね。高瀬は純粋で、いい女子って印象でしたが近藤を本当に殺そうとしましたね。

 

 

 

あのよくわからない男との関係が私にはわからないのですが、なぜそれに従おうと思ったのか。このあたりはとても気になりました。なんとか、死なずに済みましたしね。

 

 

 

直虎と龍雲丸がいてなかったら、高瀬の命も危なかったですよね。結果的に、近藤を殺さずに済んだところもよかったです。なんか、そういうことは高瀬にはしてほしくないかな。

 

 

 

直虎の娘ですからね。立場的には。でも、なんか高瀬の光と影みたないものを見た感じがしました。個人的には一番ショッキングでしたね。

 

 

 

 

おんな城主直虎37話のMVP

 

おんな城主直虎37話のMVPは、候補としてはいろいろいましたね。仕切りをしていた南渓和尚を演じる小林薫もかっこよかったですし、今回も龍雲丸もよかったですね。

 

 

 

柳楽優也さんは、なんか龍雲丸の役はすごくはまっていますよね。なんか、見るたびにかっこいいなって思ってしまいます。あと直虎の母・祐椿尼を演じた財前直見さんもよかったです。

 

 

 

直虎の孫が見たいなんていう言葉は、母にしか言えない言葉ですよね。その言葉がすごく説得力があって直虎も堺に行くことを決めていましたね。

 

 

 

しかし、そんなたくさん印象に残る人が登場した回のおんな城主直虎37話のMVPは高瀬を演じた高橋ひかるさんですね。高瀬が毒をもった後に、近藤にお礼の言葉を言われて揺らぐ気持ち。

 

 

 

それがすごくよくわかりました。高橋ひかるさんの表情がすごくいい演技でした。近藤康用なんて殺してしまえばいいって気持ちもあるのですが、あのような形の殺し方はちょっとなあ・・・ってのもあります。

 

 

 

最終的に高瀬が盛った毒で死ぬことがなかったのでよかったですね。見ているこっちが安堵しました。高橋ひかるさんが若くて元気のいい芝居だけでなく、シリアスなところも上手やな。

 

 

 

そんなことをかんじることができました。すごくよかったですね。今後は、龍雲丸と直虎は果たして堺に行くことになるのでしょうか。それとも、井伊谷に残るのでしょうか。

 

 

 

祐椿尼が希望したように子供なんてこともあるのでしょうか?楽しみですね。おんな城主直虎37話の感想はここまで。おんな城主直虎38話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ