MENU

おんな城主直虎第38話ネタバレ,あらすじ「井伊を共に去りぬ」

おんな城主直虎38話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎38話「井伊を共に去りぬ」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてくださいね。続きは見たい人だけお願いします。

 

おんな城主直虎38話の感想はコチラ

 

 

 

おんな城主直虎第37話のネタバレ・あらすじで大軍の武田軍が近藤康用(橋本じゅん)が支配していた井伊谷にせめてくるところまでやってきました。おんな城主直虎38話ネタバレあらすじはその続きになっていきます。

 

 

 

タイトルは「井伊を共に去りぬ」です。しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第38話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ38話

 

武田信玄(松平健)を相手に、あくまでも戦う意思を見せる近藤康用(橋本じゅん)にたいして、兵の百姓を逃がして直虎(柴咲コウ)は武田の軍門に下ることを申し出ます。

 

 

 

近藤は、そのことには納得しますが武田の軍門に下ることはどうしてもできないと城に火を放ちます。しかし、その近藤の最後の抵抗が逆に武田の攻める手が強くなってしまいます。武田信玄は、すべての家を焼き払うように命じたのです。

 

 

 

そのため、武田の家臣たちは百姓の家にどんどん火をつけていき、井伊谷は寺社も含めて一帯焼け野原になってしまいます。井伊谷の民は、川名の隠里に逃げていたためになんとか無事でした。

 

 

 

しかし、近藤が武田の軍門に下らないかぎり井伊谷に帰ることはできない。そのため、南渓和尚(小林薫)が武田の陣地に乗り込んで話をしにいきます。

 

 

 

そして、信玄に井伊の復活と本領安堵を願いでます。井伊の民も百姓も近藤が支配する井伊谷を望んでいないと説明し、井伊家の再興を提案したのでした。

 

 

 

しかし、武田信玄はその南渓和尚の提案を一蹴します。すでに、井伊谷は自分のものになっているのになぜ再度井伊家を再興する必要があるのか。そう南渓の言い分をはねつけたのです。

 

 

 

武田の間者だった高瀬

 

高瀬(高橋ひかる)の様子がおかしいと龍雲丸(柳楽優也)がいい直虎に伝えます。龍雲丸は、高瀬が死のうとしているように見えたのです。直虎は、そんなはずはないと思いました。

 

 

 

しかし、近藤のもとで奉公するというのも不思議な話だと考えるようになります。もしかして・・・と直虎は思うのでした。直虎は、ある晩に賭けに出ます、近藤の部屋に向かう高瀬を呼び止め茶湯を自ら飲もうとしたのです。

 

 

 

すると、高瀬はそのコップを払い落としたのです。高瀬は毒を入れていて近藤を殺そうとしていたのです。その時に、直虎ははじめて武田の間者だったことを確信します。

 

 

 

そして、高瀬が間者であることを直虎が問い詰めます。高瀬は直親(三浦春馬)が父であることは間違いないが、母が死んだあとに大きな借金をして身売りをする際に武田に拾われたというのです。

 

 

 

高瀬の役目は、井伊に忍び込みいざという時に調略することだったのです。そして、今は近藤を殺すように命じられていると正直に打ち明けました。

 

 

 

高瀬は、近藤を殺せば直虎に井伊が戻ってくると思ったと言います。すると、直虎は高瀬のほほをたたきそしてギュッと抱きしめました。高瀬はその直虎の優しさに涙を流したのでした。

 

 

 

 

龍雲丸との別れ

 

井伊谷は武田に焼かれ一面焼野原になっていました。武田が西に急いで出たことで井伊谷の民たちが戻れるようになったのです。村人たちはそのことに喜び、井伊谷に戻ります。

 

 

 

その夏、直虎と龍雲丸は中村屋と一緒に堺に行くことことになりました。直虎は、高瀬に一声かけて出立しようとします。しかし、南渓らが慌ただしくなにかをしています。

 

 

 

傑山(市原隼人)が直之(矢本悠馬)に耳打ちすると、直之が驚いています。そのことが直虎はとても気になります。それでも、直虎は龍雲丸と一緒に堺に向かって歩き出しました。

 

 

 

しかし、気になっている直虎の手首をつかんで龍雲丸がここに残るように言います。城がなくてもここの城主は、直虎しかいない。だから、やることがあるはずだ。そう龍雲丸がいうのです。

 

 

 

そして、龍雲丸はやることが終わってから来ればいい。自分はずっと待っているからと伝えるのでした。直虎は、とても寂しくなるが笑って龍雲丸と別れます。

 

 

 

二人は、最後になるであろうキスをしたのでした。一方、南渓たちが動揺していたのには大きな出来事があったからです。それは、武田信玄が亡くなったのです。

 

 

 

この武田信玄の死により、徳川家康が遠江まで入り武田軍を一掃したのです。そのことで、井伊谷は再び徳川家の領土になったのでした。

 

 

 

それから二年後、龍潭寺では法要が行われています。井伊谷の村の復興はほど遠く、まだしばらく時間がかかる状況でした。しかし、龍潭寺については法事ができる程度には改修されて残っています。

 

 

 

龍潭寺で行われた井伊直親(三浦春馬)の13回忌には、今川家から逃げるために井伊谷から離れていた虎松(寺田心)が大きくなり戻っていました。

 

 

 

虎松(菅田将暉)は14歳になっていたのです。井伊家は、直虎と直政を中心に再興に動き出したのです。おんな城主直虎38話のネタバレ,あらすじはここまで。おんな城主直虎38話のネタバレ,あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第39話ネタバレ,あらすじ「虎松の野望」

 

おんな城主直虎38話の感想はコチラ

 

大河ドラマ見逃し配信はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第38話ネタバレ,あらすじ「井伊を共に去りぬ」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の38話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の38話に、龍雲丸(柳楽優也)と直虎(柴咲コウ)が堺に行くことが決定します。ちょうど、その頃に武田家が井伊谷にせめてきたために直虎が武田に帰順するように近藤康用(橋本じゅん)に求めますが、武田に帰順はせずに井伊の館に火を放ちます。その続きから38話はスタートします。38話を簡単にまとめると、武田がせめてき...

このページの先頭へ