MENU

おんな城主直虎38話の感想「龍雲丸との別れ」

別れ

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の38話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の38話に、龍雲丸(柳楽優也)と直虎(柴咲コウ)が堺に行くことが決定します。

 

 

 

ちょうど、その頃に武田家が井伊谷にせめてきたために直虎が武田に帰順するように近藤康用(橋本じゅん)に求めますが、武田に帰順はせずに井伊の館に火を放ちます。その続きから38話はスタートします。

 

 

 

38話を簡単にまとめると、武田がせめてきていたのだが突然に武田信玄(松平健)が死んだことにより武田軍は兵をいったんひきます。そのため、井伊谷は再び徳川家康(阿部サダヲ)のものとなります。

 

 

 

武田信玄が亡くなるタイミングで龍雲丸と直虎が堺に行こうとしました。龍雲丸は気にする直虎にここに残るように言います。そして、二人は別々の道を進むことになります。

 

 

 

その後、井伊直親(三浦春馬)の13回忌が行われることになり、虎松(菅田将暉)が井伊にやってきました。その「おんな城主 直虎」の38話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎38話の感想

 

おんな城主直虎38話のあらすじは、龍雲丸と直虎の別れと武田信玄の死が大きかった回ですね。個人的には、直虎と龍雲丸にはうまくいってほしかったです。

 

 

 

なんといいますか、龍雲丸の空気感がとても素敵なんですね。直虎との距離感を適切にとりつつうまくあしらっていけるんですね。もちろん、一方通行ではなくお互いが寄り添っていけるような関係で。

 

 

 

でも、その龍雲丸とも別れなければならないってなんかつらいなあって思ってしまいました。井伊の城主だからという理由で、好きな男とは一緒になれない。

 

 

 

井伊直親のときからずっとそうですよね。決して自分のためではなく、井伊のため。井伊の民のために生きているというのが直虎なんですよね。それをなかなか変化できないってことなんでしょうね。

 

 

 

井伊にとってはありがたいことなんですけどね。そして、武田信玄の死は大きかったですね。信玄が死ななければ、井伊は困ったままだったでしょうね。

 

 

 

徳川の領地にもならないですし、いつまで経っても隠し里から戻ってくることができなかったですよね。なので、信玄が死んだっていうのは非常によいタイミングだったですね。

 

 

 

南渓和尚(小林薫)と普通に話をした後だけに、驚きましたけどね。それにしても、坊主っていうのはなかなかすごいです。武田信玄のところに行って普通に話ができるのは武士ではできない。

 

 

 

しかし、僧であれば殺すなんてことにはならずに普通に話ができる。それがすごいなあって。信玄は多少の警戒心こそはもっていたんでしょうけど・・・。

 

 

 

 

おんな城主直虎38話のMVP

 

おんな城主直虎38話のMVPについては、普通にいけば龍雲丸を演じる柳楽優也さんだと思います。すごく登場時間も長かったですからね。

 

 

 

直虎と龍雲丸の関係が終わりを告げてしまうぐらいの別れだったので、この人以外ないって人だったと思います。もう、二人の恋愛関係の感じが見れないのはちょっと寂しいですね。

 

 

 

ただ、私は個人的に大好きだった武田信玄を演じる松平健さんをMVPに選出したいと思います。なんか、松平健さんが演じる武田信玄って本当に武田信玄っぽいなって思うんです。

 

 

 

あの風貌といい豪快さが本物の武田信玄にそっくりなんじゃないかな?って思えてならないんです。しかも、なんか死に方が寿桂尼(浅丘ルリ子)がでてきて血をはくってことなので、私はあえて武田信玄をMVPに選出しました。

 

 

 

一番いいところで、これからってところで血を吐いて死んでしまいましたね。武田信玄が生きていたら、この後の戦国の世の中は大きく変化していたかもしれませんね。

 

 

 

それぐらい、偉大な人物でしたね。織田信長(市川海老蔵)と徳川家康の連合でも信玄が生きていたら戦してもわからなかったと思います。

 

 

 

最後に、法要で虎松が戻ってきましたね。なんか、子供の頃の虎松を演じた寺田心くんと全然違うとかって思ってしまいましたが・・・それもまたよかったです。

 

 

 

随分とりりしくなりましたよね。今後、直虎とどのような関係になっていくのか楽しみですね。おんな城主直虎38話の感想はここまで。おんな城主直虎39話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ