MENU

おんな城主直虎第39話ネタバレ,あらすじ「虎松の野望」

おんな城主直虎

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎39話「虎松の野望」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてください。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎39話の感想はコチラ

 

 

 

おんな城主直虎第38話のネタバレ・あらすじで、虎松(菅田将暉)が直親(三浦春馬)の法要のために井伊谷に戻ってきます。

 

 

 

虎松の成長に驚く井伊家の人たち。おんな城主直虎39話ネタバレあらすじはその続きになっていきます。タイトルは「虎松の野望」です。

 

 

 

しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第39話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ39話

 

松下虎松と申します。そのように名乗った虎松の姿を見た直虎(柴咲コウ)は、感慨深いものと同時に複雑なものを感じていました。虎松は、松下家に行ったことを今も不満に思っているのか。

 

 

 

そんなことを感じ取ったのです。その後、直親(三浦春馬)の法事は無事終え、その後ささやかではあるが宴が用意されました。その席で、しの(貫地谷しほり)は虎松は、徳川家に仕えたいと言っているという。

 

 

 

そして、なつ(山口紗弥加)とも一緒に話しをします。小野玄蕃(井上芳雄)と結婚し亥之助を生んで、政次(高橋一生)を支えた、なつはいつものように控えめに、亥之助が仕えたら戻ってきたいというのです。

 

 

 

そのことを直虎は、なつがいなければ政次はもっと寂しい人生になっていたのだろうと思いふけるのでした。虎松は、井伊谷を見てまわると5年前と見違える姿になっていました。

 

 

 

百姓たちが武田に焼かれた後に一生懸命水堀や井戸を整備したのです。広い田畑にくわえ、綿づくりがうまくいき木綿の服をみなが着ています。虎松は、それを行ったのが近藤康用(橋本じゅん)ではなく直虎であることに怒っていました。

 

 

 

自分には、あきらめろといったのに・・・そういう思いが虎松にあったのです。虎松は、その井伊谷の景色を眺めて自分で手で井伊谷を取り戻してみせると誓ったのでした。

 

 

 

 

井伊万千代誕生

 

虎松は、徳川家の家臣になるため松下常慶(和田正人)に願いでてもらうことになりました。しかし、今後は松下家ではなく井伊の名を名乗りたいと思いました。そのため、虎松は策を講じます。

 

 

 

虎松は、南渓に頼んで瀬名(菜々緒)に文を書きました。井伊を名乗りたいが、育ててもらった恩もあるため直接、松下にはいうことができない。

 

 

 

だから、徳川家康(阿部サダヲ)に井伊を名乗るように指示をだすことをお願いしたのです。家康は、瀬名の気持ちを汲むために井伊の家名にすることを決めます。

 

 

 

そして、いよいよ鷹狩りの日がやってきました。虎松は家康の前に平伏せ顔を上げました。すると、家康は常慶にこの者は井伊の名を名乗りたいと思っているが、どうかと虎松に確認します。

 

 

 

虎松は、井伊の家名を名乗ることをずっと希望していたと答えます。家康は常慶に、虎松の気持ちを汲んでやるように言います。怒る常慶を家康がまあまあとなだめ、家康は虎松に万千代という名をつけます。

 

 

 

家康が幼いころにつけた竹千代から来た名前です。虎松はそのため、井伊万千代と名乗ることになったのです。その後、万千代は徳川家の重臣たちに紹介されます。

 

 

 

そして、万千代は堂々と挨拶をします。井伊の家名を許していただいたことは一生忘れないと。しかし、そのことで万千代を地獄に落とすようなことがあったのです。

 

 

 

徳川家の武将から今日から草履番をするように命じられたのです。万千代は、小姓として徳川家に仕えるはずだったと反論します。

 

 

 

そこに、重臣の酒井忠次(みのすけ)がやってきて、今川の国衆の井伊を小姓になんてできるはずがない。小姓といったのは松下家としてやってきたからだと説明をします。

 

 

 

つづき家康がやってきて、どうしても小姓がいいというのなら松下にもどすか?と万千代に聞くのです。万千代は、家康にはめられた思いながら、日本一の草履番をめざすと答えるのでした。

 

 

 

家康は満面の笑みで万千代に励むようにというのでした。おんな城主直虎39話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎40話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第40話ネタバレ,あらすじ「天正の草履番」

 

おんな城主直虎39話の感想「井伊竹千代の誕生!」

 

大河ドラマ見逃し配信はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第39話ネタバレ,あらすじ「虎松の野望」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の39話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の38話の最後に、井伊直親(三浦春馬)の法要のためにと井伊谷にかえってきた松下虎松(菅田将暉)。39話はその続きからスタートします。39話を簡単にまとめると、虎松がかえってきて井伊を見回り虎松は井伊を名乗ることを決意しました。しかし、それが簡単にはいかないと考えた虎松は策を考えます。なんと、徳川家康(阿部...

このページの先頭へ