MENU

おんな城主直虎39話の感想「井伊竹千代の誕生!」

誕生

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の39話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の38話の最後に、井伊直親(三浦春馬)の法要のためにと井伊谷にかえってきた松下虎松(菅田将暉)。

 

 

 

39話はその続きからスタートします。39話を簡単にまとめると、虎松がかえってきて井伊を見回り虎松は井伊を名乗ることを決意しました。しかし、それが簡単にはいかないと考えた虎松は策を考えます。

 

 

 

なんと、徳川家康(阿部サダヲ)を巻き込み家康から井伊を名乗るように言ってもらえるように根回しをします。南渓和尚(小林薫)に手紙を渡し、瀬名(菜々緒)経由で家康にお願いしたのです。

 

 

 

もちろん、松下家はそのことを快く思っていません。それでも、家康が命じ名前を井伊竹千代と命名されます。家康の幼名をつけられたことで、喜ぶ虎松でしたがそこには試練が待っていました。

 

 

 

小姓になれると思っていたのが、草履番を命じられたのです。その「おんな城主 直虎」の39話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎39話の感想

 

おんな城主直虎39話を見てまず思ったことは、直虎(柴咲コウ)中心の話から虎松中心の話に変わったのかな?って思いました。直虎がすごく少なかったです。

 

 

 

もちろん、井伊家を描いている作品なので仕方ないことなのですがちょっと寂しさを感じましたね。まあ、直虎は百姓をしている状態なので話にならないのはわかりますが。

 

 

 

虎松は、すごくりりしくなっていましたね。なんか、寺田心くんが演じていたころの虎松から変わってしまっていましたね。かわいいではなく、生意気なところはありましたけどね。

 

 

 

その怖いもの知らずのところがいいのかなって思いました。初々しさはとてもありましたね。今後は、井伊万千代と徳川家康の話が中心になっていきそうな予感ですね。

 

 

 

ただ、すごく不思議に思ったのは徳川家康はなんで虎松に自分の幼名をつけるほどの期待をしていたのでしょうか。瀬名の手前があるのかな?それともほかに何か理由があるのかな?

 

 

 

徳川家康が幼名を家臣につけるなんてことそう簡単にはしいひんと思うんやけどね。それを虎松につけて、しかも井伊の家名を復活させるっていうのが大胆な采配だなって思いました。

 

 

 

 

おんな城主直虎39話のMVP

 

おんな城主直虎第39話のMVPですが、今回は普通に行けば井伊万千代を演じた菅田将暉さんになると思います。なんといってもりりしくなっていましたね。

 

 

 

そのアクションが派手で、とてもよかったです。なので、順当にいけば万千代なんですけど私は今回は、徳川家康を演じている阿部サダヲを選出したいと思います。

 

 

 

虎松が根回しをして、なんとかして井伊を名乗ろうとするのですが家康はいろいろと考えて、虎松の上をいきましたね。まずは、自分に言わせるというところのシーンがありました。

 

 

 

虎松からすると、あそこは徳川家康が言ってくれるものと思っていたのでまさか言わされるとは思ってなかったですよね。しかも、小姓ではなく草履番になるっていうのがね。

 

 

 

虎松がすごく怒っていたのも理解できますね。ただ、家康は期待の証でもある幼名を虎松につけました。このあたりが、憎たらしいぐらい豆狸ですね。

 

 

 

小姓になりたいと思ってやってきていたところを、松下ではないのだから草履番になるっていうのは合理的な判断でもありますね。家康は、虎松が悔しがるのを想像していたと思います。

 

 

 

だからこそ、虎松には井伊万千代をつけた上で草履番にしたんだと思います。それでもきっと這い上がってくると。そんな予感がします。おんな城主直虎39話の感想はここまで。おんな城主直虎40話の感想へつづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ