MENU

おんな城主直虎第40話ネタバレ,あらすじ「天正の草履番」

おんな城主直虎40話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎40話「天正の草履番」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてくださいね。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎40話の感想はコチラ

 

 

 

おんな城主直虎第39話のネタバレ・あらすじで、虎松(菅田将暉)が徳川家康(阿部サダヲ)から井伊万千代という名前をつけられ草履番として働くことになりました。

 

 

 

おんな城主直虎40話ネタバレあらすじはその続きになっていきます。タイトルは「天正の草履番」です。

 

 

 

しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第40話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ40話

 

虎松が井伊万千代を名乗るようになったことで、松下家の当主・源太郎は深く傷つきます。直虎(柴咲コウ)のもとには、しの(貫地谷しほり)が怒りやってきました。

 

 

 

しのは、松下家を継いでほしかったため怒鳴りこんできたのです。さらには、近藤康用(橋本じゅん)に呼ばれ申し開きをするなどと慌ただしく対応に追われました。

 

 

 

万千代自身は、そんな直虎の苦労も知らず徳川家の家臣たちの名前を覚えなんとか上手に草履番をうまくこなせるように仕事をしていまいた。

 

 

 

万千代は、なんとか草履番から早く抜け出そうとして必至だったのです。直虎や松下家からの手紙が届いても、どうせ松下姓になるように書いてあるだけだから封筒も空けていません。

 

 

 

それよりも、草履番の仕事をどのようにすれば効率的にできるのか考えていました。そして、万千代は棚を設けることを思いつきます。

 

 

 

 

直虎と口論する万千代

 

そこに、松下常慶(和田正人)がやってきました。しかも、一緒に直虎まで来ています。仕事中だからと話をきかない万千代に、直虎は万千代のやっていることは井伊のためにはなっていないというのです。

 

 

 

近藤は怒り狂っておるし六左衛門(田中美央)は松下家に顔向けできない。そういっても、万千代は無視をしつづけます。それでも直虎が訴えかけるので、万千代は直虎に言います。

 

 

 

もう直虎は当主でもなんでもない。ただの百姓だ。なぜ、万千代がただの百姓に説教されなければならないのか。そう激しく言い返します。すると、皆に迷惑をかけるものが当主か。

 

 

 

と直虎と万千代が喧嘩になります。そこに、徳川家の家臣がやってきました。すると、そこに徳川家康もいました。家康は常慶に直虎のことを確認して話がしたいと座敷で話すことになります。

 

 

 

直虎は、松下家だけでなく潰れた井伊の者ですら井伊万千代を家名したことを喜んでいない。迷惑だと家康に正直に言います。直虎は、なぜ万千代のいうことを家康が聞いたのか確認します。

 

 

 

家康は、3つの理由を上げました。一つは、これまで直親(三浦春馬)の助けに応じれなかった時、井伊谷に攻め入ったときも力になれなかったことからという理由。

 

 

 

そして、瀬名(菜々緒)の望みを聞き入れたかったからが2つ目の理由。そして、最後が万千代が井伊にしたほうが武将として大きく育つ可能性が高いと思ったからだと3つの理由を言います。

 

 

 

万千代は、松下家の跡取りとなれば周囲の目は暖かい。しかし、井伊の跡取りとなれば周囲の目はとたんに厳しくなる。万千代はたたかれれば叩かれるほど力を発揮するタイプだと感じたのだと家康はいう。

 

 

 

徳川家も大きくなってきたため、いろんな家柄のものがいる。実力あるものを出世させるという風にせねば離反が相次ぐ。万千代をその先駆けにしたいと家康は高くかっていたのです。

 

 

 

直虎は、その後の家康の人を大事にする話に感銘をうけこの主であれば、仕えがいがある。万千代のためにも井伊の家名でいることを了承したのです。

 

 

 

松下家も井伊万千代を認める

 

松下家に虎松の説得がうまくいかなかったことを直虎が伝えにいくと、しのが再度大声で怒ります。あまりの勢いに、松下家の主人の源太郎がもういいというのです。

 

 

 

井伊の家名を使ったとしても、万千代の父は私だから、虎松の思うように送り出してやりたいとしのをなだめました。しのは、その話を聞いて突っ伏して泣き・・・直虎は源太郎に頭を下げるのでした。

 

 

 

一方の万千代は、自分の家でそのようなことが行われていることをつゆとも知らず草履番の仕事にせいをだします。万千代と万福の活躍で草履はスムーズにいくようになったのです。

 

 

 

それを見ていた家康は、もうそろそろ草履番は卒業してもいいのではないかと家臣にいうのでした。万千代に小姓の道が大きく開けてきたのです。

 

 

 

しかし、それは平坦な道ではありまえんでした。家康が直虎に言ったように叩かれれば叩かれるほど奮い立つそんな万千代の性格を熟知していた家康は、またしてもスムーズに小姓にしません。

 

 

 

そこには、万千代が小姓になるための新たな条件がつきつけられることになったのです。おんな城主直虎40話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎41話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第41話ネタバレ,あらすじ「この玄関の片隅で」

 

おんな城主直虎40話の感想はコチラ

 

大河ドラマ見逃し配信はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第40話ネタバレ,あらすじ「天正の草履番」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の40話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の39話に、虎松(菅田将暉)が徳川家康(阿部サダヲ)に井伊万千代の名をさずけられます。。40話はその続きからスタートします。40話を簡単にまとめると、虎松が井伊の名乗ることになったことをよく思わない直虎(柴咲コウ)が松下の家名に戻るように説得します。しかし、それを受け入れない井伊万千代。万千代は、日本一の...

このページの先頭へ