MENU

おんな城主直虎40話の感想「日本一の草履番」

日本一

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の40話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の39話に、虎松(菅田将暉)が徳川家康(阿部サダヲ)に井伊万千代の名をさずけられます。。

 

 

 

40話はその続きからスタートします。40話を簡単にまとめると、虎松が井伊の名乗ることになったことをよく思わない直虎(柴咲コウ)が松下の家名に戻るように説得します。

 

 

 

しかし、それを受け入れない井伊万千代。万千代は、日本一の草履番になるように励んでいます。その「おんな城主 直虎」の40話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎40話の感想

 

おんな城主直虎40話のあらすじを見て、まず思ったのは松下家の父親は本当に優しいですね。最終的に、虎松のやりたいようにやらせてあげました。

 

 

 

最初は、倒れたところを見て弱っちいのかなって思いましたが・・・器がすごく大きかったですね。家康の手前もあるんでしょうけど、一番納得いっていないのは松下のはずです。

 

 

 

松下家にもう虎松に言っても聞かないので・・・と直虎が申し訳なさそうな顔をしていたのがとても印象的でした。しかし、万千代は迷惑ですよね。

 

 

 

自分がやりたいようにしながら周囲を巻き込んでいく。なんか、自分勝手やなあって思ってしまいました。直虎に、ただの百姓ではないかと言ってかみついたのにはびびりました。

 

 

 

なんか大人と子供が話をしているような印象でした。しかし、家康が万千代をすごくかっているのには驚きました。もちろん幼名をつけたので期待はしているのだろうとは思っていました。

 

 

 

でも、そこまで期待しているとはおもいませんでした。また、万千代は草履番をしている時に草履を投げて並べていましたね。あんなことを練習して、うまくいくとは思えませんでした。

 

 

 

しかし、それをあきらめないのが万千代が実現しましたね。直虎に囲碁を教えられ時の魂が残っていんかもしれないなあって思いました。負けん気が強いんですね。万千代は。

 

 

 

 

おんな城主直虎40話のMVP

 

おんな城主直虎40話については、MVPは迷いましたね。ここ2話ぐらい主役のような活躍をしている万千代を演じる菅田将暉さん。直虎と談判をした徳川家康。

 

 

 

虎松が井伊の家名を再興したいと決意を述べた話を聞いて、直虎に隠すことなく伝えた小野万福を演じている井之脇海さん。そして、松下家の父上もMVPにしてもいいかなと思いました。

 

 

 

しかし、今回は井伊万千代を演じる菅田将暉さんをMVPに選びたいと思います。万千代は、幼くまだ粗削りのところはありますがみなが認める光るものがあるんでしょうね。

 

 

 

日ノ本一の草履番になろうとしていたしつこさとくらいついていく気持ちが今回のMVPの選出理由になります。あの草履投げを日ノ本一の草履番になるには必要だったのかもしれません。

 

 

 

ようやく、徳川家康にも日ノ本一の草履番と認められました。しかし、万千代と万福が小姓に位を上げるには変わりを育てなければならないと命じましたね。

 

 

 

万千代に人を育てる大切さを説こうとしているのかもしれませんね。そこに、松下のお父さんがやってきたときはどうなるのかと不安になりましたが、本当に大きかったです。

 

 

 

万千代が子供で、突っ走るがゆえに余計に大人に見えました。しかし、万千代を演じる菅田将暉さんの演技がちょっとオーバーちゃうかなって思うところがあります。

 

 

 

それがいいという人もいるかもしれませんが、もう少し落ち着きが欲しいなって個人的には思います。おんな城主直虎40話の感想はここまで。おんな城主直虎41話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ