MENU

おんな城主直虎41話の感想「初陣の約束」

旗

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の41話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の40話に、井伊万千代(菅田将暉)は自分の後の草履番を育てることを引き換えに小姓にしてくれる約束をとりつけます。

 

 

 

41話はその続きからスタートします。41話を簡単にまとめると、井伊万千代は徳川家康(阿部サダヲ)が織田信長(市川海老蔵)から木を用意されるように言われている噂を耳にして、調達を約束します。

 

 

 

しかし、井伊は現在は近藤康用(橋本じゅん)の土地になります。そのため、直虎(柴咲コウ)はそのことを瀬戸方久(ムロツヨシ)を伝令につかい書状を届けます。そのことで、万千代と家康が約束をしていた初陣が飾れなくなります。

 

 

 

そのことに怒り心頭の井伊万千代。小野万福に抑えつけられますが、それでも怒りは収まりません。その「おんな城主 直虎」の41話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎41話の感想

 

おんな城主直虎41話については、本多正信を演じる六角精児さんが新しく出てきて存在感を発揮していましたね。すごく頭がいい人物ですよね。

 

 

 

本多忠勝(高嶋政宏)がやってきたときは、どうなるかと思いましたがその緊迫感がまたよかったです。直虎は、どちらかというと激しい感情のぶつかりあいみたいなのが少ない作品です。

 

 

 

なので、本多忠勝のような人物が激しく怒るシーンというのはどうしても、見ものでしたね。また、井伊万千代が初陣をなんとかしたかったのですが、直虎がそうはさせませんでしたね。

 

 

 

近藤に話を持っていくのが確かに筋のような気もしますね。そのようなところがまだ、万千代には見えてないんでしょうね。井伊を自分で名乗るぐらいですから木なら任せてほしい。

 

 

 

そんな気持ちになったのでしょう。しかし、まだまだ万千代よりも直虎の方が上手でしたね。家康もまた直虎に対して一目おいているんでしょうね。

 

 

 

だから、直虎の顔をたてたという形になりましたね。それにしても直虎は、上手ですよね。六左衛門(田中美央)は近藤にあまり好かれていなかったですけど、直虎のおかげで信頼されるようになりました。

 

 

 

武士としては、六左衛門はいまいちかもしれませんが直虎は適材適所を心得ていたので近藤よりも人の見る目があったのかもしれませんね。近藤に対する扱いも直虎は上手ですしね。

 

 

 

 

おんな城主直虎41話のMVP

 

おんな城主直虎41話のMVPを選ぶなら、木の切りだしを任された六左衛門を演じる田中美央さんか草履番を万千代のところでやり始めた本多正信を演じた六角精児になるかなと思います。

 

 

 

特に、これまで光があたっていなかった六左衛門でしたが近藤のところで最悪の扱いを受けていたところを直虎に助けられていきいきとしていましたね。

 

 

 

本多正信については、小野万福とは仲がいいですが井伊万千代とは相性が悪かったですね。単純に万千代が焦りすぎなだけかもしれませんけど。個人的には六左衛門をMVPに選びたいところです。

 

 

 

これまで、長い間直虎のもとで働いていましたからね。しかし、41話はどうしても本多正信が目立っていました。本多忠勝に切られるかと思いましたが、頭はすごくいいなって思いました。

 

 

 

万千代とは異なり、頭を使って草履を出していましたね。しかも、本多正信は予測を立てるのが上手で戦かもしれない。なにかあるのかもといろんなことを推察する力が優れています。

 

 

 

そのおかげで、万千代は木のことを知ることができましたね。このことで、万千代の本多正信を見る目が変わるかもしれませんね。やがては、徳川家康の知恵袋となる本多正信。

 

 

 

それが、井伊万千代と一緒に草履番をしているというのがとても新鮮で楽しかったですね。今後、万千代は初陣に出て前髪を落とすことができるのでしょうか。

 

 

 

徳川家康もかなりたぬきなので、今後の成長が楽しみです。また、万千代と本多正信の今後の関係も気になりますね。おんな城主直虎41話の感想はここまで。おんな城主直虎42話の感想へつづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ