MENU

おんな城主直虎第42話ネタバレ,あらすじ「長篠に立てる柵」

おんな城主直虎42話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎42話「長篠に立てる柵」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてくださいね。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎42話の感想はコチラ

 

 

おんな城主直虎第41話のネタバレ・あらすじで、万千代(菅田将暉)が徳川家康(阿部サダヲ)に提案した丸太を集める作戦は、直虎(柴咲コウ)の手紙で違った形になりました。

 

 

 

初陣に立てなかった万千代は直虎を憎みます。おんな城主直虎42話ネタバレあらすじはその続きになっていきます。タイトルは「長篠に立てる柵」です。

 

 

 

しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第42話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ42話

 

天正三年、徳川と織田の連合軍は長篠城に到着し布陣を準備しています。丸太は、その柵を永遠と続けていくために必要だったのです。

 

 

 

徳川の武将は、織田が中心となって柵をつくり空堀をほったりすることが我慢ならなかったのです。しかし、いざ軍議が始まればなにも言えるものがいない。それが今の徳川でした。

 

 

 

織田の重臣は、今回の戦では鉄砲を中心に攻めるというのです。しかし、鉄砲で戦という経験がない徳川家は困惑しますが、織田信長(市川海老蔵)がつづけます。

 

 

 

これまで、徳川が武田に勝てなかったのは、武田と同じことをするからだと言われるのです。その信長の眼光鋭い目に誰もなにも言えません。

 

 

 

信長は、相手の土俵ではなく自分の土俵で戦うことの重要性を説いたのです。織田軍は、徳川軍の3倍の兵の数がいます。連合軍とはいえ、信長の兵が中心です。

 

 

 

その中で、家康が意見をすることはできなかったのでした。それは、徳川家康の家臣たちも同じでした。

 

 

 

留守を預かる万千代

 

留守をする万千代たちは、暇です。武将たちが出払っているので草履番といっても、することがないのです。そのため、棚を新しくすることで草履を置く数を増やそうとしました。

 

 

 

万千代は、丸太での失敗を留守で取り返そうと前向きに考えていたのです。一方、長篠城では家康の嫡男・信康と家康が父子で碁を打っていました。

 

 

 

信康は、織田信長から茶碗をやろうかと持ち掛けられたと言いますが、断ったというのです。信康の妻、徳姫は織田信長の娘です。

 

 

 

そのため、信長は舅として仲良くなりたかったのではないかと家康が言うと、信康は信長は常人ではないが、自分は間なので難しいというのでした。

 

 

 

一方、万千代は小姓の小五郎に槍や弓の手入れはできるかと聞かれます。万千代は、武家でできないものなどいないと切り返します。

 

 

 

すると、井伊は戦はからっきしなのでやりを使ったことがないのかとおもったといい、忙しいから万千代に槍や弓の手入れを押し付けたのです。

 

 

 

万千代は、小五郎のようなものでも小姓になれるのであれば、自分が小姓になったときにはゴボウ抜きにしてやると決意をあらたにしました。

 

 

 

 

長篠の戦が始まる

 

徳川・織田の連合軍と武田軍が長篠城でぶつかります。城を囲む武田軍が背後からおそいかかります。その騎馬隊が柵の前にさしかかったときに鉄砲が火をふきます。

 

 

 

無数の鉄砲の雨あられにより、武田軍は何もできないまま次々と倒れていきます。そして、敗軍の将となった武田勝頼はわずかな兵を連れて敗走したのです。

 

 

 

こうして、長篠の戦が終わりその勢いのまま徳川家は遠江の城を落としていきます。その数日後のことです。浜松城の蔵で「兵糧と武具を届けるよう」命が出ました。

 

 

 

万千代は、自分たちがコツコツと続けて作業をしていたので、届けたいと小五郎にいいますが、手柄を小五郎にとられ万千代たちは届けにいくこともできませんでした。

 

 

 

万千代は追いかけようとしますが、本多正信が小五郎は酒井一門なので言ってもムダだと言います。万千代は、悔しさを噛み殺し拳をギュッと握ります。

 

 

 

正信は、続けて今川の国衆で潰れた家柄というのを武器にしてはどうかとアドバイスされます。家康は、はみだし者を抱えたからには何か理由があるはず。

 

 

 

その時にしっかりと備えておくことが大事なのではないかと助言されます。その言葉に、万千代は妙に納得したのです。

 

 

 

万千代が小姓へ

 

秋になり、各地で戦が行われています。そんな武将たちが数ヶ月ぶりに城に帰ってきました。すると、榊原康政から急いで家康の寝床に行くように言われます。

 

 

 

慌てて、着物を取り換えて万千代は家康の部屋を訪れようとします。これこそ、酒井の一門を追い落とすチャンスとばかりに家康の部屋に行くと、呼んでないと家康は言います。

 

 

 

万千代の誤解だとひとしきり笑った後に、槍の手入れをしたのは万千代と万福かと聞きます。いつもより、よく手入れされていたので新しく入った者だと思ったといったのです。

 

 

 

草履棚も変わっていたのでと家康は、万千代に打ち明けたのです。万千代は、家康がしっかりと見ていてくれたことを喜び涙します。

 

 

 

そんな万千代に対し、徳川家康は小姓になるように命じたのです。おんな城主直虎42話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎43話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第43話ネタバレ,あらすじ「恩賞の彼方に」

 

おんな城主直虎42話の感想「日の本一の留守居」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

大河ドラマ見逃し配信はコチラ

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第42話ネタバレ,あらすじ「長篠に立てる柵」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の42話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の41話に、井伊万千代(菅田将暉)は初陣の約束を取り付けましたがそれが井伊直虎(柴咲コウ)からの手紙で反故にされます。42話はその続きからスタートします。42話を簡単にまとめると、徳川家は長篠の戦に向かうことになります。井伊谷から用意された丸太は、鉄砲隊を守るために使われたのでした。一方の井伊万千代は留守...

このページの先頭へ