MENU

おんな城主直虎42話の感想「日の本一の留守居」

留守番

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の42話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の41話に、井伊万千代(菅田将暉)は初陣の約束を取り付けましたがそれが井伊直虎(柴咲コウ)からの手紙で反故にされます。

 

 

 

42話はその続きからスタートします。42話を簡単にまとめると、徳川家は長篠の戦に向かうことになります。井伊谷から用意された丸太は、鉄砲隊を守るために使われたのでした。

 

 

 

一方の井伊万千代は留守を頼まれ、武器の準備をぬかりなく行います。その手柄を横取りされてしまいますが、徳川家康(阿部サダヲ)は万千代がやったことに気づきます。

 

 

 

そして、井伊万千代は小姓になることを家康から許されたのです。その「おんな城主 直虎」の42話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎42話の感想

 

おんな城主直虎42話の感想は、織田信長(市川海老蔵)が怖かったなあという印象が強いですね。徳川家の家臣は、織田に何も言えないような状況でしたね。

 

 

 

織田に何も言えないというよりは、信長に何も言えないというのが実態でしたね。それが本当に印象的でした。ストーリーの流れとしては、万千代が小姓になりました。

 

 

 

酒井の家臣に手柄を横どりされたかに見えましたが、徳川家康はしっかりと見てくれていました。これは、なんともうれしいことですよね。

 

 

 

なんとか、酒井の家臣をやっつけてやろう。どうやったら出し抜くことができるのかと考えていましたがその必要が特別なくなりましたね。家康は、本当に小さなところまで見ているので個人的には驚きました。

 

 

 

それと、最近のおんな城主直虎は、主役が井伊万千代になっていますよね。おんな城主直虎がほぼ出てこなくなったので、今後直虎はどうなっていくんだろう。

 

 

 

このまま、井伊直政がメインの話になっていくのかというのも気になりましたね。直虎は、城主にならないと思いますので仕方ないことではあると思うのですが。

 

 

 

長篠の戦は、徳川・織田軍が歴史に残る大勝をしたので・・・その裏には、織田が中心になっていたという事実が描かれていましたね。まだまだ徳川は天下人には遠い存在なんだなと感じました。

 

 

 

 

おんな城主直虎42話のMVP

 

おんな城主直虎42話のMVPについてですが、とっても迷う内容でした。ただ、今回の中心は長篠の戦ということもあり、怖かった織田信長を演じた市川海老蔵をMVPに選出したいと思います。

 

 

 

織田信長の鉄砲を使った策がなければ、武田の騎馬戦に勝つことはできていなかったですから、今回は信長になります。直之(矢本悠馬)と六左衛門(田中美央)をよんだときもすごく緊迫感がありました。

 

 

 

おんな城主直虎では、あまり戦が描かれずこういったドキドキ感というのが少しだけ描かれています。こういったところが垣間見えるのが、直虎のいいところだなあって思います。

 

 

 

全面に出てくるわけではなくちょこっとだけ出てくるこの緊迫感がなんとも心地よいんです。しかし、井伊万千代は今後どのようになっていくのでしょうか。

 

 

 

なんか、今にもあばれださんばかりに怒っていましたね。最終的に家康が気付いてくれたので良かったですが、若くて気性が荒いのでどこかで問題を起こすことがないか。

 

 

 

そんなことが心配になってきますね。今後は、小姓になってどんな働きをするのか。初陣は、近いうちに叶えられるのかなど注目点がたくさんありますね。

 

 

 

そこに、直虎がどのように絡んでくるのか。そこもまた、楽しみにしたいと思います。おんな城主直虎42話の感想はここまで。おんな城主直虎43話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 


このページの先頭へ