MENU

おんな城主直虎第43話ネタバレ,あらすじ「恩賞の彼方に」

おんな城主直虎43話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎43話「恩賞の彼方に」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてくださいね。続きは見たい人だけでお願いします。

 

おんな城主直虎43話の感想はコチラ

 

 

おんな城主直虎第42話のネタバレ・あらすじで、万千代(菅田将暉)が徳川家康(阿部サダヲ)に認められて小姓になることができました。

 

 

 

おんな城主直虎43話ネタバレあらすじはその続きになっていきます。タイトルは「恩賞の彼方に」です。

 

 

 

しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第43話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ43話

 

小姓になることを許された万千代と万福は、手柄をどのように与えるかを手伝う仕事でした。どんな手柄をたてたか国衆や武将が浜松城にやってきてアピールしていきます。

 

 

 

それを適正に振り分けるのです。しかし、玄関で怒鳴り声が聞こえてきます。来客のあまりの多さに、本多正信(六角精児)がやっている草履番がうまくまわっていなかったのです。

 

 

 

万千代と万福は慌てて、玄関に向かいます。そして、万千代が声を張り上げ草履番の名前を自分で書くようにおねがいしするのでした。結果として、草履番のトキと変わってないと笑いあいます。

 

 

 

その晩、万千代は徳川家康(阿部サダヲ)がどのようなことをしているのかと思い巡らせました。掃除するものや髪を整えるものなどすでに万千代が入り込む隙がありません。

 

 

 

万千代は、それでもあきらめることはなく新しく役目をつくればいいと、薬を持参して家康の寝室を訪れたのです。当然、他の小姓に止められます。

 

 

 

しかし、万千代はそれを無視して大きな声で家康に疲れのとれる薬湯があると言い、それに興味をもった家康が一つくれというので薬湯をつくってもっていきます。

 

 

 

 

処遇に悩む徳川家康

 

家康は、部屋で手柄を上げたものに対して覚書を書いているところでした。薬湯をすぐに飲み干し、薬の話を少しします。そして、家康は覚書に頭を悩ませていたので万千代が功労の一覧をつくりましょうかと聞いてみます。

 

 

 

家康は、万千代の提案に乗ります。万千代は、手柄の一覧をつくるのと同時に薬を出す役を新たに得たいと万福に話します。しかし、直虎(柴咲コウ)に邪魔されるのが嫌だという。

 

 

 

瀬戸方久(ムロツヨシ)に頼むというてもあるが、それだと銭が必要になる。悩んでいるところに、松下常慶(和田正人)が城にやってきました。

 

 

 

常慶は、井伊が今悩んでいる土砂止めのために絵図を書いて欲しいと万千代のところにやってきたのです。万千代は、その話を喜んで受け・・・その代わりに松下家が薬が欲しいと願っていると伝えるようお願いしたのです。

 

 

 

それから数日後、薬が万千代のところに届き、家康のところに届けに伺います。家康は処遇の仕方に困っており万千代にどのようにするべきか聞きます。

 

 

 

万千代は、驚きますが正直に岡崎の手柄が寂しいように感じると伝えます。家康もそれはわかっておるが、岡崎のすべてに報いるのは難しい。そのため、万千代に岡崎に行くようにお願いします。

 

 

 

万千代を岡崎に行かせ探らせたのです。その結果、諏訪原城を今川家にあげたのです。万千代が今川は、ご縁戚のため必ず岡崎の力になると思い城を褒章にすると説明します。

 

 

 

もちろんその側面もありますが、武田が駿府を支配しているのでやがてそこを取り返すためには、今川の力が必要になってくる。そういう想いから、今川に手厚くしたのです。

 

 

 

岡崎の信康に、万千代は家康の真意を伝えると納得し後々には報いて欲しいということの伝言をお願いされたのです。万千代は、そんな信康をみて思いをよせます。

 

 

 

万千代は、いずれ信康につかえることになるだろうと喜んでいたのです。おんな城主直虎43話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎44話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第44話ネタバレ,あらすじ「井伊谷のばら」

 

おんな城主直虎43話の感想はコチラ

 

大河ドラマ見逃し配信はコチラ

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 


おんな城主直虎第43話ネタバレ,あらすじ「恩賞の彼方に」記事一覧

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の43話の感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の42話に、井伊万千代(菅田将暉)は徳川家康(阿部サダヲ)にその働きを認められます。43話はその続きからスタートします。43話を簡単にまとめると、万千代は小姓になることができたので新しくなにか役目をうけたいと感じていました。そこで、井伊から薬を届けてもらい薬を渡す役目をえます。その際に、家康が悩んでいた恩...

このページの先頭へ