MENU

おんな城主直虎第43話の感想「お役目」

武器

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の43話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の42話に、井伊万千代(菅田将暉)は徳川家康(阿部サダヲ)にその働きを認められます。

 

 

 

43話はその続きからスタートします。43話を簡単にまとめると、万千代は小姓になることができたので新しくなにか役目をうけたいと感じていました。そこで、井伊から薬を届けてもらい薬を渡す役目をえます。

 

 

 

その際に、家康が悩んでいた恩賞の手伝いをしたのでした。家康はそのことで万千代をますます評価します。その「おんな城主 直虎」の43話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎43話の感想

 

おんな城主直虎の43話についても、井伊万千代が徳川家康に取り入ろうとうまくすすめていく回でしたね。その際に、ちょこっとだけ井伊谷に住む直虎(柴咲コウ)の登場もりました。

 

 

 

ここのところ、直虎の登場がほぼないのでたまに出てくると嬉しく感じました。近藤康用(橋本じゅん)とのやりとりはさすがだなって思いました。直虎が一枚上手でしたね。

 

 

 

それにしても、万千代は小姓としての出世争いはすごいですよね。なんちゅうか、頭がいいですよね。万千代は、頭で勝負できますよね。寵愛を受けたというのはさすがでした。

 

 

 

殿が全体を評価をする人物ですから、そこにどのようにアピールするのかも武将としての才覚になるのかもしれません。アピールしなければ新参者の小姓が家康のところに近づくことすらできない。

 

 

 

そんな仕組みになっていたのですね。ただ、徳川家康はいいように解釈してくれていますが、あまり目立ちすぎると家康がトップでなければ嫌がる殿もおったかもしれませんね。

 

 

 

万千代がグイグイ家康にアピールするのでそんなことを感じました。それでも、万千代はやっぱり賢いなって思いました。家康の悩んでいることを即座に察知したことです。

 

 

 

どうしても役に立ちたいという気持ちが勝ったのでしょう。しっかりと、薬を渡す役目を手に入れることができましたね。しかし、家康は直虎にすごく信頼を置いているんですね。

 

 

 

なんちゅうか、井伊万千代よりも徳川家康の方が直虎のことをよくわかっていますね。万千代はどうしても、色眼鏡で直虎のことを見てしまうところがありますからね。

 

 

 

 

おんな城主直虎43話のMVP

 

おんな城主直虎43話のMVPについては、なかなか難しいのですが・・・主人公のようになっている井伊万千代を演じる菅田将暉さんを選出したいと思います。

 

 

 

最近は、万千代がメインとなっていますが今回は報償の説明まで任されました。万千代は、しっかりと徳川家康の悩みに答えていましたね。岡崎の報いにはねぎらいの言葉というのがさすがだなって思いました。

 

 

 

マズローの欲求5段階説にもあるように、誰でも承認欲求というのがあって・・・報償をあまり与えることができないけど家康が見ている。感謝していることを伝えるってのはすごくいい判断だと思います。

 

 

 

一番やってはいけないのは、何も説明なく報償の差をつけておしまい。これでは、岡崎の方にもやもやがたまってしまいます。なので、万千代の案はすごくよかったですね。

 

 

 

家康もそう思ったからこそ、万千代に岡崎に行かせたのだと思います。信康が万千代に本題がなにかというのを切り出すところもさすがだなっておもいました。

 

 

 

家康のことをよくわかっているなあと思いました。石川数正(中村織央)に万千代が攻められるところは、一瞬やばいかなって思いましたがよかったですね。信康がわかってくれる人物で。

 

 

 

今後は、どのような展開になっていくのか。展開がなかなか読めないので楽しみですね。おんな城主直虎43話の感想はここまで。おんな城主直虎44話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ