MENU

おんな城主直虎第44話の感想「万千代対直虎」

菅田将暉

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の44話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の43話に、井伊万千代(菅田将暉)は徳川家康(阿部サダヲ)にお薬の作る薬草になります。

 

 

 

44話はその続きからスタートします。44話を簡単にまとめると、万千代が徳川家康を殺そうとしたものから守ったことで、1万石の褒美をもらうことになりました。

 

 

 

そして、直虎の母・祐椿尼(財前直見)が亡くなる前に、万千代と直虎が対面する機会をつくってくれます。その「おんな城主 直虎」の44話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎44話の感想

 

おんな城主直虎の44話の感想で、まず思ったことはなぜこうまでして直虎と万千代は相いれないのかな。そんなことを感じました。祐椿尼が作ってくれた機会。

 

 

 

その機会にお互い建設的な話ができなかったことに、ちょっと悲しい気持ちになってしまいました。直虎は、さすがに喧嘩別れしたということを佑椿尼には言いませんでした。

 

 

 

佑椿尼は、娘と井伊家の今後のためになにかできないかと思って二人を引き合わせたのだと思います。それがあんな形で終わるとは、さすがにちょっと寂しかったです。

 

 

 

しかし、それでもお互いが話合ったということに意味があったのかもしれませんね。どうしても、二人だけではまず話あうことないですからね。どちらがどうというわけではなく、敬遠してしまいます。

 

 

 

なので、話合いをしただけでもよかったのかもしれませんね。あと、もう一つ面白かったのは万千代が色小姓と思われて・・・そのために1万石の褒美をもらったと思われたこと。

 

 

 

遠山の金さんばりに切られた肩をだしたとこおろに、万千代の決意が込められていましたね。しかし、万千代はしっかりと見ていましたね。家康を殺そうとする存在。

 

 

 

それに気づいたところが、井伊万千代の武将としての技量が見え隠れしていました。なんとも頼もしく成長しているなあと思いました。なんとか直虎ともうまく折り合いがつけばいいのですが。

 

 

 

 

おんな城主直虎44話のMVP

 

おんな城主直虎44話のMVPについてですが、今回もなかなか難しい回でした。基本的に主役のような形をとっている井伊万千代を演じる菅田将暉さんがとてもよかったですね。

 

 

 

やや演技がオーバーなところがありますが、そこがアクセントになっています。また、直虎もよかったですよね。井伊万千代にたいする大人の対応は、年の功だと思いました。

 

 

 

しかし、おんな城主直虎44話については祐椿尼を演じた財前直見さんをMVPに選出したいと思います。亡くなってしまいましたが、これまでのところ直虎の大きな支えになりましたね。

 

 

 

しかも、今回では直虎と万千代を引き合わせることができました。それがなくなる前に行った最後のことでしたが、二人を引き合わせることができて満足したことだと思います。

 

 

 

清々しい顔をしていましたね。それがとても印象的でした。直虎のことを誰よりも思い優しさに溢れた母でしたね。ずっと見てきた中で、唯一になるのかな?

 

 

 

戦で死んだりとか、なにかの事件で死んだわけではないので亡くなりはしましたが、後悔のない死だったのかなと思います。今後、直虎と万千代が再び手を携える時がきたら、きっと祐椿尼のおかげかな。

 

 

 

そんなことをおんな城主直虎44話を見ていて思いました。おんな城主直虎44話の感想はここまでです。おんな城主直虎45話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ