MENU

おんな城主直虎第45話の感想「信長の恐怖」

市川海老蔵

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の45話感想をお伝えしていきます。おんな城主直虎の44話に、井伊万千代(菅田将暉)は徳川家康(阿部サダヲ)を助け手柄から1万石の褒美をえます。

 

 

 

45話はその続きからスタートします。45話を簡単にまとめると、織田信長(市川海老蔵)の命により、家康の嫡男・信康の首をはねなければならないような流れになります。

 

 

 

その後、家康と側室の子供・のちの秀忠が誕生します。そして、不安なさなか信長の気持ちを察して信康は幽閉されて死罪になります。その「おんな城主 直虎」の45話の感想を下記にてお伝えしていきますので、お楽しみくださね。

 

 

 

 

おんな城主直虎45話の感想

 

おんな城主直虎45話の感想を一言でまとめると、織田信長が怖かったなあという想いになります。また、岡崎城と浜松城で仲が良くないというのはどうなんでしょうね。

 

 

 

同じ徳川家なのに、なぜにこんな争いごとがおきるんでしょうね。信康と家康が一緒に住んでいればこんなことないのにって思ってしまいます。岡崎城を石川数正(中村織央)がというのではだめなんかな?

 

 

 

そんなことを感じてしまいました。それにしても、この頃の織田家というのは圧倒的に強かったんですね。織田信長の鶴の一声ですべてが決まってしまう。

 

 

 

信康が殺されてしまうというのは、本当に怖いですよね。後の天下人の徳川家康でさえも、自分の嫡男を殺さなければならないというのは、ココロ痛みます。

 

 

 

信康としては、官位を断ったのが命運を尽き果ててしまいましたね。信康に謀反を起こさせたいという信長の狙いをよんだのはよかったのでしょうが、難癖つけられるとは思いもしなかったでしょう。

 

 

 

しかし、今川義元(尾上松也)は家康にどんなことを協力するのでしょうか。なにか、信康の役に立てることがあればいいんですけどね。

 

 

 

今後、今川義元の動きにも注目していきたいと思います。尾上松也さん好きなので、もっともっと出てくれると嬉しいのですけど・・・楽しみですね。

 

 

 

 

おんな城主直虎45話のMVP

 

おんな城主直虎45話のMVPについては、織田信長を演じる市川海老蔵さんを選出します。市川海老蔵さんが演じる織田信長が本当に怖くて、怖くて。

 

 

 

なので、おんな城主直虎45話のMVPは織田信長を演じた市川海老蔵を置いてほかにいないと思います。酒井忠次(みのすけ)を見てたら本当にかわいそうに思えてきました。

 

 

 

これまで、酒井忠次はよい印象がなかったですけど、織田信長に追い詰められ・・・徳川家康にも追い詰められ、見ていて悲しくなるほどでした。

 

 

 

気賀城を攻めたときは、本当にひどい奴だと思っていましたが・・・織田信長の前では、まるで蛇に睨まれたカエル同然の状態でしたね。

 

 

 

信康が今後どうなっていくのか。これについても、織田信長の鶴の声一つになると思います。家康に信長に逆らえるだけの力はないので、どうするんでしょうか。

 

 

 

そもそも織田は、信康が官位を断ったぐらいで首をとるんでしょうか。側室をもったとかいろんな理由をつけるのでしょうけど、義理の弟にそんなことまでする。

 

 

 

なんとも、ごくい武将ですよね。織田信長って。見た目は、市川海老蔵さんが演じていてすごくかっこいいのですが、相当おっかない。今後も徳川家康は信長におびえながらいきていく。

 

 

 

そんな形をとっていくのでしょうか。おんな城主直虎46話でどんな対応をするのか楽しみですね。おんな城主直虎45話の感想はここまで。おんな城主直虎46話の感想につづく。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 


このページの先頭へ