MENU

おんな城主直虎第47話ネタバレ,あらすじ「決戦は高天神」

おんな城主直虎47話

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主 直虎47話「決戦は高天神」のネタバレあらすじを書いています。おんな城主 直虎ネタバレあらすじを見たくない人はページを閉じてくださいね。続きは見たい人だけでお願いします。

 

 

 

おんな城主直虎第46話のネタバレ・あらすじで、徳川家康(阿部サダヲ)の妻・瀬名(菜々緒)と嫡男・信康が織田信長(市川海老蔵)に言いがかりをつけられたことで自害します。

 

 

 

おんな城主直虎47話ネタバレあらすじはその続きになっていきます。タイトルは「悪女について」です。

 

 

 

しつこいですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は見ないようにしてくださいね。ネタバレ注意になります。そんなおんな城主 直虎第47話ネタバレ・あらすじスタート!

 

 

 

 

おんな城主 直虎のネタバレ・あらすじ47話

 

瀬名と信康が事実上殺されたことで、岡崎城は大騒ぎになってしまいます。そのため、岡崎城をさってしまうものや自ら命を落とすものまで現れました。

 

 

 

岡崎城で、家康はみなの前で話しました。信康は無罪で、瀬名も信康をかばって死んでいった。だから、自分の不甲斐なさに愛想をつかしていると述べたのです。

 

 

 

そして、瀬名が願っていたことは駿河をとることだ。だから、なんとしても駿河をとりたい。だから力を貸してほしい。そう家臣たちにお願いするのでした。

 

 

 

その言葉たちに燃え上がる家臣たち。その裏では、万千代(菅田将暉)は腹割って話しするよう家康にアドバイスをしたのかと榊原康政に質問されます。

 

 

 

万千代は、昔に直虎(柴咲コウ)が井伊の百姓たちに力を貸してほしいとお願いしたことを例にだし、家康に話したというのです。

 

 

 

その後、家康は遠江の要の高天神城を落とすために兵糧攻めをしていました。織田信長にも屈しない力を身につけるため、これからは味方にする力だと家康は得意気に言います。

 

 

 

しかし、なかなか武田軍も城を明け渡しません。万千代は、そこで高天神城の水を切りたい。なので、井戸の場所をとらえた間者に聞き断ちます。

 

 

 

 

直之と六左衛門が万千代のもとへ

 

万千代は、高天神城の水を断ったことで2万石になったと直虎に手紙を送りました。そのことに、龍潭寺のメンバーも含めて驚きます。二万石となれば井伊谷全体とかわらないのです。

 

 

 

そして、その手紙には中野直之(矢本悠馬)と六左衛門(田中美央)を召し抱えたいので、徳川のためにお願いしたいとあったのです。直虎は、万千代の心の奥が知りたい。

 

 

 

そう思い、高天神城に向かいました。万千代は、家康が敵を味方にする力をつけていこうとしていることを直虎に話します。その家康の考えに共感した直虎は、直之と六左衛門を送り込むことを決めます。

 

 

 

長引いていた籠城戦でしたが、突然武田がたが降伏したと合図がやってきました。他の武田の城も明け渡すとその書状には書かれています。なので、徳川の完勝。

 

 

 

そう思われたところに、織田の使者がやってきて力で落とすようにと指示がやってきたのです。それを徳川がしないのであれば、織田が変わって行うというのです。

 

 

 

そのため、家康は仕方なく攻め込むことになります。武田側は、攻めてでてくるしかなくなったので徳川が迎え撃って全員を殺します。その後、武田は敗走をつづけ武田勝頼は自害します。

 

 

 

徳川は、織田から今回の戦の功労として駿河を与えられます。これで、徳川は三河・遠江・駿河の三つの国の大名になったのです。おんな城主直虎47話のネタバレ・あらすじはここまで。おんな城主直虎48話のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

おんな城主直虎第48話ネタバレ,あらすじはコチラ

 

大河ドラマ見逃し配信はコチラ

 

おんな城主直虎第46話ネタバレ,あらすじ「悪女について」

 

おんな城主直虎の原作は楽天のコチラ

 

おんな城主 直虎のキャスト一覧はコチラ

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ