MENU

近藤康用は井伊直虎と本当に敵対していたの?

柵

 

 

このページは、大河ドラマ「おんな城主直虎」で描かれている近藤康用橋本じゅん)と井伊直虎柴咲コウ)が敵対していたのかどうかをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

近藤康用(こんどうやすもち)と井伊直虎(いいなおとら)の関係を語るときに、井伊家が厳しい戦いの世を生き延びるために選んだ道筋を、避けては通れません。

 

 

 

 

井伊家来歴

 

系図によれば、備中守共資(びっちゅうのかみともすけ)の子、共保(ともやす)が遠江国井伊谷(とおとうみのくに いいのや)現在の静岡県浜松市引佐町(いなさちょう)に住まいしたので、井伊氏を称するようになりました。

 

 

 

平安時代、藤原道長全盛の頃にあたるので、かなり古い話です。この地でおよそ600年、近江国彦根(おうみのくにひこね)現在の滋賀県彦根市に移って300年近い歴史を刻み、明治維新を迎えました。

 

 

 

戦国期、弱小領主であった井伊家は太守今川氏の重圧にあえぎ、家名の存続を求めて苦闘する中で、徳川家康(阿部サダヲ)にその未来を託しました。この節目の決断を下したのが、男装の領主井伊直虎です。

 

 

 

井伊谷の統治権を狙う今川氏によって捻じ込まれた家老小野氏の策略も有り、「押し付け徳政令事件」が起こりました。今川氏の圧力に抗しきれなかった直虎は罷免され、井伊家による井伊領支配は終わりました。

 

 

 

しかし直虎は手元で養っていた元許婚の忘れ形見直政(虎松)を家康の家臣にする道を探り、ついにこれに成功。この縁によって今川氏を牽制できる力を手に入れたのです。

 

 

 

この頃時代は大きく動いました。北の武田信玄、西の徳川家康の駿河・遠江両国への侵攻、特に桶狭間の戦いを境として、今川氏は滅亡への道を転げ落ちて行きました。

 

 

 

 

近藤康用の系譜

 

近藤氏はもと遠江国引佐付近の国人で、松平家より宇利の地(愛知県新城市東部)を与えられていました。しかし、松平家の勢力の減退の中で今川氏に鞍替え、桶狭間の戦いで今川軍が敗れた後も忠義を尽くす姿勢は変わりませんでした。

 

 

 

鈴木重時、菅沼忠久も遠州浜名湖沿岸部の領主で、この3人は井伊谷3人衆と呼ばれ、今川氏への忠誠心は強かったのです。ただ彼らは婚姻関係により井伊家とも縁が繋がっていました。

 

 

 

しかし、結局最後には3人とも徳川の臣となりましたが、その陰には徳川家康の策略が有りました。井伊谷へ攻め込む計画を立てた家康は、浜名湖沿岸領主たちを手なずけなければならないと思いました。

 

 

 

持ち前の策略を巡らし、菅沼忠久、鈴木重時、近藤康用の3人を取り込んだ家康は彼らを先導役として井伊谷へ侵攻、武田信玄(松平健)とも結んだ家康は、今川家を滅亡に追い込みます。

 

 

 

この時の家康の動向は井伊谷3人衆を通じて、直虎にも伝えられていたと思われます。この井伊谷への侵攻において3人衆の果たした役割は重要な物でした。まず井伊谷への道案内、井伊谷城攻めの先陣、落城した後の始末、管理などです。

 

 

 

井伊家旧領井伊谷の管理を家康から任された3人衆は、もともとこの地を治めていた井伊家の当主直虎に領民の前に出て民心を安心させることを願い出ました。直虎にしても元は我が井伊家の領地、居館本丸に出向いて3人衆とも計りその安定に努めました。

 

 

 

史実では敵対関係でない?

 

井伊直虎は、取り戻した井伊谷の居館で暮らしていましたが、天正10年(1582年)、推定49歳で亡くなりました。近藤康用は、その頃既に老齢で「井伊谷攻め」でも子の秀用を従軍させていたと言う話も有ります。

 

 

 

その後歴史の表舞台に現れることも無く、天正16年(1588年)、閑居先の井伊谷で死去、享年72歳と伝わっています。ここで本題の「近藤康用と井伊直虎の関係」ですが、もともと井伊家とは縁の深かった3人衆です。

 

 

 

直虎ともお互いに見知ってはいたと思われますが、直接の接触らしきものが史実から伺われるのは、この家康の「井伊谷攻め」時ぐらいなのです。

 

 

 

結論を言いますと、昨日の敵が今日の僚友の目まぐるしい戦国の世、時には微妙な関係になったことも有るでしょうが、“少なくともはっきりとした敵対関係になった史実は残っていない。” です

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

小野政次の最期は本当に近藤康用に磔にされたの?

 

井伊直虎と徳川家康の本当の関係とは?

 

井伊直虎の家系図には誰がいるの?

 

井伊直虎と織田信長の関係とは?

 

井伊直虎が徳政令を出しても潰れなかった理由とは?

 

 

 

 

 


このページの先頭へ