MENU

真田信繁ば名刀は村正の使い手なの?その真実はコチラ!!

刀

 

 

戦国時代はさまざまな英雄の物語にも大きな魅力がありますが、それと同じくらい多くの人を魅了するのが戦国の世で振るわれてきた武器たちです。

 

 

 

特に刀に関してはそれぞれの英雄とともに歴史を歩んできたわけですから、多くのファンがいます。さて、真田信繁というと朱色の十文字槍が最も最初に連想されるでしょうが、実は真田信繁もある刀を愛用していました。

 

 

 

それこそが「村正」です。この名前はフィクションの中でもよく登場する刀です。しかし、この名前は何も特定のひと振りにだけ与えられた特別なものでは無く、あくまでも村正という名の職人が作ったものに対して与えられる名前です。

 

 

 

そこのところは誤解している人も多いかもしれません。現代の言葉で分かりやすく言ってしまえばブランドです。この刀は現在の三重県桑名市で作られており、真田信繁もそのうち一振りを有していました。

 

 

 

 

村正は徳川家に仇をうつための刀?

 

 

ここで面白い話となるのが、この「村正」はかつてから徳川家に仇をなすものだという伝説があるというところです。徳川家康(内野聖陽)の祖父である清康と父である広忠はともにこの村正の作である刀によって殺されたという話があります。

 

 

 

それを皮切りにし、その後徳川家では数多くの人がこの刀によって命を断たれました。家康の嫡男である信康が謀反の疑いで死罪になった際に介錯として振るわれたのもこの銘が打たれていたとされています。

 

 

 

事実、徳川家は村正を忌み嫌って徳川家に残っていたものを全て廃棄し、民間にあるものも銘をすりつぶして隠匿されるまでになったのです。

 

 

 

 

信繁が村正を使っていた秘密とは?

 

 

そして真田信繁が振るったこの村正も、大阪夏の陣で信繁が徳川家康の本陣を急襲した際に家康に投げつけられたと伝わっています。ただ真田信繁(堺雅人)が振るったのは本当は正宗だったのではないかというような説もあります。

 

 

 

実際のところ、本当はどうなのかはわからないとされていますよね。ただもちろん真田信繁にとって徳川家は滅ぼすべき敵だったわけですし、そのために徳川家に仇なす刀を携えていたというのも十分あり得る話です。

 

 

 

そのため、真田信繁が村正を持っていた可能性は高いとも考えられるでしょう。そのように刀一つとってもドラマがあるのが、歴史の面白いところですね。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田信繁の兄・信之はどんな人生を歩むの?

 

真田丸とは何のことなの?大阪城と関係があるの?

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ