MENU

真田信繁と武田信繁の関係はどんな関係なの?

森

 

 

武田信玄の弟に武田信繁がいます。この武田信繁はよく出来た人物で、父からは信玄ではなく信繁に家督を継がせたいと思わせるほどでした。その父が兄・信玄に追放されてからは、兄を支えて武田家の繁栄を支えていくようになったわけです。

 

 

 

その武田家の重臣となっていたのが、真田氏でした。真田氏は信州上田のあたりを本拠とした豪族なのでした。武田信玄の信州攻めの折に従属したいわば外様です。しかしながら、真田幸隆の時代には信玄の家臣となり、活躍を遂げました。

 

 

 

その子、真田昌幸(草刈正雄)の時代には、信玄やその子・武田勝頼(平岳大)に仕えて、活躍をしていったわけです。その昌幸ですが、信州上田の地で徳川家康(内野聖陽)を二度にわたり打ち破ったとされる名将の1人です。

 

 

 

 

昌幸が信玄の信繁の関係性を真田兄弟にも!

 

 

寡兵で、徳川軍の大軍を打ち払ったとされるため、その父の戦い方などを子の真田信繁も学んだことでしょう。真田昌幸は次男について、主君である武田信玄の兄弟を見習って、弟に信繁という名を与えました。

 

 

 

つまり、兄を支え続けた武田信繁のように真田家にあっても、兄を支えて欲しいと思ったからだとも言われています。真田信繁(堺雅人)は、その後武田家の滅亡後に上杉家や豊臣家への人質として差し出されます。

 

 

 

そこで上杉景勝(遠藤憲一)や豊臣秀吉(小日向文世)の戦争や政治を学び、関ヶ原の戦いでは徳川家康の子・徳川秀忠の関ヶ原への足止めを見事に成功させました。

 

 

 

 

真田家の後継ぎは信之に!

 

 

しかし、西軍の敗北のため真田昌幸、信繁親子は戦後、高野山へと追放されてしまいます。大坂の陣では真田昌幸はすでに病没していましたが、真田信繁は大阪城へと入り抜群の活躍を見せます。

 

 

 

関ヶ原の戦い時点から父兄弟が敵味方となっていた状態の真田家ですが、大坂夏の陣で豊臣家の滅亡とともに真田信繁も壮烈な討ち死にを遂げています。このときの真田信繁の働きを薩摩島津家は、日本一の武士であると称しているほどです。

 

 

 

武田家の滅亡を経て豊臣、徳川の世を渡った真田家は、真田昌幸の長男・真田信之(大泉洋)の家系が残ることとなりました。後世にまで語り継がれる話になったということです。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田幸村と秀吉の関係性はどんな感じ?

 

真田信繁と徳川家康の本当の関係を暴露します!!

 

真田幸村と直江兼続の本当の関係を暴露!!

 

真田幸村と本多忠勝の本当の関係を暴露します!!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ