MENU

真田信繁の正室といえば?

結婚式

 

 

真田信繁(堺雅人)の正室(妻)は大谷吉継(片岡愛之助)という戦国武将の娘やんな。名前は竹林院(松岡茉優)というてんやんな。ですから、真田信繁と大谷吉継は義理の親子関係にあることになんねん。

 

 

 

大谷吉継といいうのは敦賀の国を治めていた人で豊臣秀吉(小日向文世)から彼に10万の兵を率いらせてみたいといわせたほどの武将で文武に長けた武将であったといわれています。

 

 

 

関ヶ原の戦いにおいては石田三成(山本耕史)の西軍となり軍師的な存在となり、中心的に動いたとも考えられていんねな。三成とは浅からぬ友情があったようで、三成が挙兵するときに真っ先に相談を持ちかけた人物でもあんねな。

 

 

 

ただ、このときには吉継は病を患っていて体はほとんど動かせず、目も満足には見えなかったのではないかといわれてんねんな。このような人物の娘と真田信繁が夫婦になったのはもちろん偶然ではなく、秀吉などの意向があったものと考えられてんねな。

 

 

 

当時真田家は徳川家康(内野聖陽)に敵対できる有力大名だったので、その真田家と豊臣家の子飼いの大名である大谷家の関係を強化しておきたいということになったのでしょう。

 

 

 

 

そういった意味では、この縁組は目論見どおりにいったといえるかもしれません。ただ、この竹林院は吉継の実子というわけではなく、親類の娘を吉継が養子にもらいうけ、その上で信繁にめとらせたといわれてんねな。

 

 

 

竹林院という名は法号で、生前は利世といっていたようやんな。この利世は信繁の最初の妻というわけではないのですが、後に信繁の嫡子を生んだことで正室となったようやんな。

 

 

 

夫婦になったのは信繁が九度山に幽閉される前ぐらいの時期だったようやねん。この婚姻によって信繁は豊臣方に深くかかわっていくことになったともいえるんやんね。

 

 

これは信繁の兄が徳川家康の娘をもらうことで徳川方になっていったことと同じような関係やねんね。二人の父である昌幸(草刈正雄)は徳川家とは何度も戦をしてきた関係です。

 

 

 

なので、必然的に豊臣方として戦うことになり、信繁と同じく豊臣方につくといったことになったんちゃうかな。信繁の兄・信幸(大泉洋)は徳川軍として戦うので、親子で戦う構図になってんな。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田信繁の兄・信之はどんな人生を歩むの?

 

真田信繁が幸村と呼ばれる本当の理由とは!?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ