MENU

松代の歴史と真田幸村の関係とは?

しゃちほこ

 

 

真田幸村(堺雅人)の出身地は現在の長野県上田市です。なのに、どうして真田十万石まつりとよばれるお祭りが長野県長野市松代で行われるかご存知でしょうか。

 

 

 

あの有名な真田幸村には、とても年の近いお兄さんがいました。真田信之(大泉洋)といいます。年齢が1歳しか違いませんので、母親が同じであったかどうかについては色々な説があります。

 

 

 

しかし、いずれにしてもお互いを友として、またライバルとして刺激しあって成長してきたのではないかというのは想像できますよね。2人の兄弟は真田家の当主真田昌幸(草刈正雄)の子として生まれます。

 

 

 

当時の真田家はとてもちいさな家だったので、周りの豪族武田氏や、上杉氏、北条氏に頼らないと生きていけませんでした。その友好の証として世情が変わるたびに人質として転々とし、友好を深めていきました。

 

 

 

 

真田は戦国の世を生き抜くために・・・?

 

 

奥さんもいろいろなところからもらうことにより、バランスを保とうとしました。真田幸村は豊臣秀吉(小日向文世)の家臣大谷吉継(片岡愛之助)の娘(姪とも)を正室にもらいます。

 

 

 

真田信之は徳川家康(内野聖陽)の家臣・本田忠勝(藤岡弘)の娘を正室にもらいました。しかし、関ヶ原の戦いにおいて問題が起こります。

 

 

 

真田家は東軍につくか、西軍につくかの判断を迫られました。悩んだ末に、真田家は二つに分かれることにしました。真田幸村は西軍、真田信之は東軍に別れて、どちらかが生き残れば真田の血は残る。

 

 

 

という賭けに出たのです。結果、東軍が勝利し、昌幸と幸村は高野山に島流しにあいます。真田信之は真田家を継ぎ、信州上田藩初代藩主となります。真田家の目論見は成功したことになります。

 

 

 

 

松代藩主が真田信之なの?

 

 

そののち加増移封され、信州松代藩へ国替えとなります。ここに松代藩初代藩主真田信之の誕生となるのです。真田信之が松代藩初代藩主となるには、真田幸村の犠牲無くしてはありえませんでした。

 

 

 

上田藩と松代藩は山を一つ隔てたお隣。一本の街道で繋がっており、親交も深かったのではないでしょうか。今も峠道が整備され自動車でその道を通ることができます。

 

 

 

みなさんも長野県長野市松代に行った際にはぜひ城下町をそぞろ歩いてみてください。すぐに上田へ通じる街道がどこにあるかわかると思います。この街道筋をみながら、真田信之幸村兄弟に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田信繁の兄・信之はどんな人生を歩むの?

 

真田幸村の伝説に残る逸話とは?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ