MENU

真田信繁の母は実際にはどんな人?

高畑淳子

 

 

戦国時代の武将としてはかなり有名な真田幸村(堺雅人)。2016年の大河ドラマでも三谷幸喜脚本の「真田丸」で描かれることも決まり、今まで以上に人気になっている武将です。

 

 

 

そんな真田幸村ですが実は、戦国時代マニアの間では父もかなり有名な武将となっています。そんな父親は真田昌幸(草刈正雄)という名前で、徳川家康も恐れたと言われているほどの知将として知られています。

 

 

 

それでは、真田幸村の母はどんな人物なのでしょうか。大河ドラマ「真田丸」では、かなり面白ろおかしい役薫を高畑淳子さんが演じていますよね。本当に笑わせてもらっています。

 

 

高畑淳子演じる母・薫はどんな人なの?

 

 

 

 

実際には、真田幸村の母、つまり昌幸の妻は、かなり謎めいた人物となっています。一般的には山手殿と呼ばれる幸村の母は、まず出自からしてかなりさまざまな説があります。

 

 

 

最も一般的なのは宇多頼忠という武将の娘という説ですね。これは宇多頼忠の別の娘が関ヶ原の戦いで有名な石田三成(山本耕史)の正室になっていることから、石田氏系図に山手殿のことも書かれており、そちらから来ています。

 

 

 

ただこれについても確証はなく、他にも公家の清華家菊亭晴季の娘という説、武田信玄の養女という説、武田信玄の家臣であった遠山右馬助の娘という説などもあるます。それらのどの説にも決定的な証拠はないのが現在の状態です。

 

 

 

そんな謎めいた出自を持つ山手殿ですが、息子である幸村や夫である昌幸と比べても遜色ないほどの波乱万丈な生涯を送っています。まず夫、昌幸が武田信玄に仕えていた頃には人質として新府城に住んでいます。

 

 

 

これくらいならば戦国時代の武将の妻としては普通ですが、織田信長が武田家を滅ぼした際に上田まで逃げ、九死に一生を得ています。

 

 

 

 

人質として生きる波乱万丈の人生?

 

 

さらにその後、今度は秀吉に仕えることになった昌幸の人質として大阪城に住むことになります。そして関ヶ原の決戦の際にはそのまま石田三成の人質として捕らわれることになるのですが、この際にも大阪城から脱出し、上田に帰還しています。

 

 

 

このように世紀の大脱出を二回も繰り返したのはさすが幸村の母というところでしょうか。その最期は1613年6月3日、出家先の大輪寺でのこととなっていますが、これは奇しくも夫、昌幸が世を去った1611年6月3日のほぼ2年後です。

 

 

 

昌幸の3回忌を終えてから自殺したとも言われています。その生涯を戦国武将の妻らしく生きた山手殿。大河ドラマでも今後どのように描かれるかが楽しみですね。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田幸村には息子や娘はいるの?

 

真田信繁の性格や人柄に隠された秘密を暴露します!!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 

 

 


このページの先頭へ