MENU

真田幸村の関ヶ原の戦いの本当の関わり方とは?

戦争

 

 

関ヶ原の戦いとは、徳川家康(内野聖陽)らの東軍と石田三成(山本耕史)らの西軍が日本中を巻き込んで起こった天下分け目の戦いとして有名ですよね。

 

 

 

この大きな戦と「日本一の兵」とよばれる真田幸村(堺雅人)がどう関わっていたのでしょう。まず関ヶ原の戦いが起こった経緯ですが、豊臣秀吉の死後、家康が豊臣家を蔑ろにするような行動をとるようになり、前田利家が亡くなると状況がさらに悪化。

 

 

 

不仲だった石田三成らと加藤清正(新井浩史)、福島正則らの諍いも表面化し、ついには清正らが三成を襲撃するという事件も起こってしまいます。その結果三成は隠居、豊臣家の中心には家康が君臨します。

 

 

 

その後上杉景勝(遠藤憲一)、直江兼続(村上新悟)から弾劾状を送りつけられた家康は挙兵し上杉征伐に向かいます。これを好機とみた三成が挙兵。家康は引き返し、両者は関ヶ原の地で激突しました。これが関ヶ原の戦いです。

 

 

 

 

関ケ原での幸村は?

 

 

真田幸村はというと、自身の正妻が西軍の中枢を担う大谷吉継(片岡愛之助)の娘ということもあり父・真田昌幸(草刈正雄)とともに西軍に味方します。

 

 

一方、本田忠勝(藤岡弘)の娘であり家康の養女でもある小松姫(吉田羊)を妻に持つ兄・信之(大泉洋)は東軍に味方します。昌幸・幸村の父子は上田城に籠城し、関ヶ原の地へ向かう途中だった徳川秀忠、信之らを迎え討ちます。

 

 

 

第二次上田合戦です。上田城は一見するとただの田舎の城ですが、実は地の利を存分に活かした戦上手の昌幸ならではの城でした。

 

 

 

第一次上田合戦においても家康の大軍を退けており、息子の秀忠が上田攻めを決行したのはそのときの借りを返そうとしたのではないでしょうか。

 

 

 

そうして始まった第二次上田合戦なのですが、徳川軍3万8千に対して真田軍は2千5百から3千ほどしかいません。兵力差は歴然の差でした。

 

 

 

 

関ケ原の戦いのその後とは?

 

 

しかしこの兵力差をものともせずに戦います。信之との戦を避け戸石城は明け渡しますが、負けたふりをして大手門前まで引き寄せると鉄砲や矢を浴びせかけ、徳川軍を大混乱に陥れました。

 

 

 

さらに追撃をして徳川の大軍を散々に打ち破りました。諸説ありますが、こうした真田勢の猛攻により秀忠は関ヶ原に遅参してしまいました。

 

 

勝利を収めた真田父子でしたが結果的に西軍は敗北し、死罪を命じられます。しかし信之と本田忠勝の助命嘆願によって九度山に流罪となりました。

 

 

 

敵味方になろうとも絆の深さがよく分かります。実はこの時点では昌幸の存在が大きく、幸村の名はあまり知られていませんでした。もし、信之らの助命嘆願がなかったら私たちの知る真田幸村は存在していなかったのかもしれませんね。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田幸村の伝説に残る逸話とは?

 

真田信繁の兄・信之はどんな人生を歩むの?

 

真田幸村の最後は首をとられた?そのエピソードとは!?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

大阪夏の陣で真田信繁は活躍してない?その真実を暴露!

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ