MENU

真田信繁の家臣の忍者・真田十勇士はいなかったの?

刀

 

 

真田十勇士は、真田幸村(堺雅人)配下の10人の家臣を指します。実在したわけではなく、モデルとなった武将がいる者もいれば、小説上の架空の武将もいます。

 

 

 

一般的に猿飛佐助(藤井隆)、霧隠才蔵、三好清海入道、三好伊三入道、穴山小助、由利鎌之介、筧十蔵、海野六郎、根津甚八、望月六郎の10人です。

 

 

 

江戸の元禄時代に小説「真田三代記」が流行しました。真田幸村と父子三代の活躍を描いた小説です。この小説では猿飛佐助と望月六郎を除く8人の家臣が登場します。

 

 

 

その後、江戸などの街中で真田幸村の活躍を描いた講談が流行し10人になりました。中でも忍術使いの猿飛佐助と霧隠才蔵は単独で小説になるほどの人気があります。モデルとなる武将がいたとされるのが、忍者の2人を除く8人です。

 

 

 

 

忍者の特徴も描かれる徹底ぶり!

 

それぞれに特徴があり、三好清海入道と三好伊三入道の兄弟は怪力の持ち主で、幸村の影武者を務めた穴山小助、鎖鎌の名人の由利鎌之介、火縄銃と針などの小物武器が得意としています。

 

 

 

手先が器用な筧十蔵、情報攪乱が得意な海野六郎、水軍の指揮に長けた根津甚八、爆弾製造が得意な望月六郎となっています。いずれも得意分野は講談者たちの創作とも言われています。

 

 

 

海野六郎、根津甚八、望月六郎の名前は、真田一族の海野・禰津・望月に由来しています。関ヶ原の戦いで敗れた幸村は九度山で隠棲した生活をし、大坂の陣で豊臣家のために奮起する有能でありながら悲運の武将として有名です。

 

 

 

 

真田十勇士はとても魅力的!

 

 

小説で描かれている幸村の活躍を影で支えるのが真田十勇士です。強力な権力御持つ幕府に個人が対抗する痛快な小説です。個々の人物像も魅力的に描かれています。

 

 

 

物語は独り歩きし、各人の特技や武器の特徴から出生も個々に描かれます。例えば、猿飛佐助は甲賀忍者出身、霧隠才蔵は伊賀忍者出身、筧十蔵は根来忍者出身といった出生です。

 

 

 

史実に忠実に描かれているわけではありませんが、江戸時代の講談者たちが描いた夢の忍者たちとして現在も語り継がれています。そのあたりも真田幸村の話の中では、魅力の一つだと思います。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

大阪夏の陣で真田信繁は活躍してない?その真実を暴露!

 

真田信繁ば名刀は村正の使い手なの?その真実はコチラ!!

 

真田信繁の兄・信之はどんな人生を歩むの?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田幸村は上杉家の人質だったの?

 

 

 

 

 


このページの先頭へ