MENU

真田丸第16話「表裏」の動画・感想はコチラ!

夕日

 

 

このページは「真田丸」16話の動画と個人的感想になるねんね。真田丸16話タイトルは「秀吉」やねんね。真田丸の16話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。

 

 

 

NHKの大河ドラマを見逃した場合は、毎週その週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。

 

 

 

こちらのサイトをこれまでずっとを見ていただいてたあなたはご存知やと思うねんけど、これまではずっと無料で動画を再放送の代わりに配信してきてんねな。

 

 

 

せやけど、視聴者の数名からウイルスにかかったという声をいただきましたので、今後はこちらのより確実に安全・安心な動画のみをアップしていきます。これまでの「真田丸」がすべて観れます。まずは、登録してくださいね。

 

真田丸16話の再放送動画はコチラ

 

 

 

真田丸15話の動画・感想で、豊臣秀吉(小日向文世)に気に入られいろんなところに連れまわされる信繁(堺雅人)。

 

 

 

真田丸16話の動画・あらすじを簡単にまとめると、信繁が秀吉馬回り衆に抜擢されてんな。そして、茶々(竹内結子)に気に入られたことでひやひやしながら振り回される信繁。真田家では、徳川家康(内野聖陽)が攻めてくる。

 

 

 

そんな状況になってんねな。上杉に真田を助けないよう秀吉が命じていたために、一気に真田家がピンチに陥るという回やってんな。

 

 

真田丸第16話の感想!

 

 

上杉に真田の味方をするなという秀吉の言葉で、信繁は馬廻り衆になったときの驚きようはなんともいえない表情をしててんね。秀吉の家来になったことはいいことかもしれへんな。

 

 

 

きり(長澤まさみ)は、面白いね。なんか、信繁と夫婦のようについてまわるんやんね。その口喧嘩の様子が、よかってん。なんか、きりの印象がだいぶ変わってきてんねな。

 

 

なんか、梅(黒木華)がいなくなっていい感じになってきたんやんね。このままいけば、なんかただの幼なじみじゃなくなるような気がしてんやんね。きりもなんかうまく潜り込んだ感じやんね。

 

 

 

信繁も権三のようにならんように注意しなければ・・・そう思ってるのに茶々がよってくるんやんね。信繁には責任はあれへんねけど、かなりピンチやってんな。

 

 

茶々に振り回される信繁

 

 

茶々は、信繁のような顔がタイプなんやろか。権三とはずいぶんとタイプが違うような気がしてんけどね。帯を信繁のところにもってきたときはかなりドキッとしたやろね。

 

 

 

秀吉の前であんな感じのことをするとは・・・。みんなに好かれるっていうのも、いいんか悪いんか微妙かも。特に茶々は秀吉が気に入ってるからね。女がからむと怖いねんな。

 

 

 

また、寧(鈴木京香)と茶々の関係も微妙やんね。今後、ここの関係がなんか問題になるかもしれへんね。せやけど、寧はいいねえ。なんか肝っ玉母ちゃんみたいな感じで、秀吉にとってはいい嫁やねん。

 

 

 

せやけど、石田三成(山本耕史)に手紙がストップされてたと思うと、なかなか難しいやんね。そして、信繁は真田が徳川に滅ぼされることを心配しててんけど、本当にそうやんね。

 

 

 

第一次上田合戦では勝利してんけど、今度は本気でやってくるから上杉景勝(遠藤憲一)の助けがないとヤバイことになるやんな。石田三成の話はちょっと回りくどくてわかりにくいねん。

 

 

 

秀吉の許しなくして戦ができへんってのも、これまでずっと戦国時代だったので信じられんわいね。徳川がせめてきたらどうするんだ。そういった気持ちがどうしてもわいてくらいね。

 

 

 

茶々が信繁に会いたいとかってなると、恐怖やんね。権三が3人目というのは、信繁からしたら本当に怖い。自分も同じようになるんちゃうか。

 

 

 

そんなことを感じならが、茶々のところに行くのでどうしても冷たくあしらってしまうんやんね。そして、秀吉の耳に入れないようにというところに源次郎が細心の注意を払ってるように感じてんね。

 

 

 

加藤清正に殺されかける

 

 

しかし、加藤清正(新井浩文)が怖い怖い。秀長(千葉哲也)がきいへんかったら源次郎かなりやばかってんな。殺されてたかも。大阪の中で、秀長が唯一なんかまともな存在に見えてくるねんな。

 

 

 

周りがよく見えててしっかり、物事を見極めてるところがあんねな。この秀長の存在が豊臣家には大きいんかもしれへんなって思ってん。せやけど、真田昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は一気にピンチになってんな。上杉の助けをえれない。

 

 

 

四面楚歌の状況で、どのような対応をするべきなのか。私ならどうするべきか。判断は難しいなあ。家康が秀吉に戦の許しをこうことで、信繁が意見を求められてんけど、どんな答えが正解やったんやろか。

 

 

 

石田三成も真田のものが答えたのでなければ・・・みたいなことを話てんけど、そうなったら何を言っても信じられない。そんな感じになりますよね。

 

 

 

ならば、なにも話せないみたいなことに私ならなってしまいそうですが、源次郎は必死に訴えかけてるところが印象的でしたね。鬼気迫るってまさにこのことって感じやってん。

 

 

鬼気迫る真田源次郎信繁

 

 

信繁は、秀吉の言葉を信じて真田攻めはなくなったと思ってんけど、片桐且元(小林隆)の言葉でどうなってるんや。って思ったんでしょうね。真田を守るために誰よりも必死ですね。

 

 

 

片桐且元に言っても仕方あれへんけど、もう完全につかみかかってしまうみたいな気迫にちょっとすごさを感じましたね。真田丸16話の感想で、特に印象に残ったのは茶々と加藤清正ですね。

 

 

 

特に、加藤清正が源次郎信繁を殺そうとしたときは緊迫感がとてもありました。なので、真田丸16話のMVPは加藤清正を演じる新井浩文さんになんねな。この気性のあらい加藤清正が今回は際立っててん。

 

 

 

今後、加藤清正がどのような形で信繁にかかわってくるのか。そのことが気になりますね。真田丸16話の感動はここまで。真田丸17話の感想につづく。

 

 

 

念のため真田丸16話の動画をもう一度のせておくねんね。「真田丸」の動画はこちらでこれまでのものすべてを配信しています!今まで放送された真田丸を配信しています。まずは、登録してくださいね。

 

真田丸16話の再放送動画はコチラ

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第17話「再会」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸第17話 ネタバレ「再会」!!

 

真田丸第15話「秀吉」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸16話の再放送動画はコチラ

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 

 


このページの先頭へ