MENU

真田丸第18話「上洛」の動画・感想!!

城

 

 

このページは、真田丸18話の感想をお伝えしてんねな。

 

 

真田丸18話のタイトルは「上洛」になってんやんな。真田丸の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。

 

 

 

NHKの大河ドラマを見逃した場合は、翌週の土曜日の13:05〜再放送がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えます。

 

 

 

本サイトをこれまでずっとを見ていただいてたあなたはご存知やと思うねんけど、これまではずっと無料で動画を再放送の代わりに配信してきてんねな。

 

 

 

せやけど、視聴者の数名からウイルスにかかったという声をいただきましたので、今後はこちらのより確実に安全・安心な動画のみをアップしていきます。まずは、登録してくださいね。

 

真田丸18話の再放送動画はコチラ

 

 

 

真田丸17話の動画では、徳川家康(内野聖陽)が上洛してんけど、真田昌幸(草刈正雄)は未だ上洛する気がない。

 

 

 

そんな状況に信幸(大泉洋)が心配してんねな。その続きからスタートする真田丸18話の感想はここからスタートするんやんな。真田丸18話のあらすじをまとめると、直江兼続(村上新悟)に脅されて上洛したという回やってんな。

 

 

 

しかし、徳川や上杉と比較して著しく冷遇されてんな。そのことで、信繁が談判して秀吉(小日向文世)と昌幸が会う機会を設定してんねな。また、信繁(堺雅人)の姉である松(木村佳乃)の意識が戻ったという回やってんな。

 

 

 

昌幸は、上洛の判断がちょっと遅すぎたような気がしますよね。家康より後に上洛してしまうと、いくら信繁が秀吉に気に入られてるといってもバランスを考えても厚遇できへんねな。

 

 

 

この判断の遅れは信長が本能寺で撃たれたことも関係あるんかもしれへんね。すぐに、天下が変わる。そんな状況を見てきただけに、秀吉も同じようなことになるんじゃないか。そう思ってたんかもしれんやんな。

 

 

 

ただ、最後の方は意地になってたんやんな。意地でも上洛しいひんって。最終的には、直江兼続に脅されて上洛することになってんな。せやけど、とり(草笛光代)はしっかりしてんねな。

 

 

 

こころはどう思っていても、生きていくために頭を下げる。そして、秀吉に隙ができたら寝首をかくなんていうんは、昌幸の母であるとりにしか言われへんねな。

 

 

 

冷遇された真田昌幸!

 

 

せやけど、とりに相談するってことは昌幸は相当追い込まれてるんやろなって感じてんねな。信幸は、上洛した際に真田の処遇が悪すぎると怒っててんけど、やっぱり客観的に考える妥当かな。

 

 

 

これまで大名でなかった一国衆の真田が冷遇されるんは当然な感じがするねんね。家康や上杉よりも先に上洛してるんならわかるけどね。なんか、とんでもなく大きな土産でも持ってない限りは冷遇されても仕方ないねんね。

 

 

 

せやけど、石田三成(山本耕史)は本当に格下と思われる相手には冷たい対応するねんね。信幸が挨拶しようとすると、時間がもったいないと言って、それすらできないってちょっとさすがにひどすぎる感じがしてんな。

 

 

 

信繁の時もそうだったんやねんけど、相手見て態度を変える石田三成を好きになれへんね。昌幸が秀吉に持ってきた土産についてもばっさり切るし、さすがにあれだと信幸が怒るのも無理ないかなって思ってんやんな。

 

 

秀吉を脅迫した信繁!

 

 

せやけど、こんな感じやさかい信繁は大変やんな。間をなんとかとりまとめなあかんから、なかなかしんどいやんな。踊り子を用意したりするだけやなくて、なんと秀吉を脅すってところがすごかったな。

 

 

 

それには、さすがにびっくりしてんやんな。信繁の立場からして、そのようなことを言える立場やあれへんもんね。ただ、秀吉はその一枚上をいってるんやんな。

 

 

 

秀吉は昌幸と会った変わりに、真田に徳川家康の与力になるように命じるねんね。これ以上、真田にとって屈辱的なことはあれへんねな。ただ、秀吉がいうように沼田の領土を安泰ということを考えると悪くはないかもしれへんけどね。

 

 

 

昌幸が呆然として、どこで間違えたのじゃってところはとっても印象的でしたね。やっぱり、真田にとってこれまで戦ってきた徳川の家来というのは心底辛い決断やってんやろな。

 

 

 

きりのおかげで松の記憶が回復!

 

 

一方、松についてはずっと記憶喪失になっててんけど、きり(長澤まさみ)のおかげでうまく記憶を取り戻してんやんな。完全に偶然やねんけど、辛いことだらけだった真田一行の唯一の明るい話題になっててんね。

 

 

 

父・昌幸からしたら娘の松が生きてることがただただ嬉しかったやろね。それが、なんとか記憶を取り戻したことは、真田にとっての唯一の明るい話題やってんな。

 

 

 

また、昌幸が徳川家康に頭を下げる場面は本当に涙がでそうやってんな。これまで必死に守ってきた沼田領のためとは言え、天敵の家康に家来になると言って頭を下げる。これ以上の屈辱はあれへんねな。

 

 

 

私、自身はちょっと感情移入し過ぎてしまいましたね。本当に秀吉からは辛い命がでてんやんな。家康の高笑いが腹立たしいこと腹立たしいこと。真田丸18話では、昌幸の悲しい顔を演じる草刈正雄さんの演技が本当に心にしみましたね。

 

 

 

本当にうまいですよね。なんかこれまで、いろんな人を振り回していたのが、自分に返ってきたようやってんな。そんな家康の高笑いやってんな。真田丸18話の感想はここまでになんねな。真田丸19話の感想につづく。

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

真田丸第19話 ネタバレ・あらすじ「恋路」!!

 

真田丸18話の再放送動画はコチラ

 

真田丸第17話「再会」の感想!

 

真田丸第17話 ネタバレ「再会」!!

 

真田信繁と徳川家康の本当の関係を暴露します!!

 

真田幸村と本多忠勝の本当の関係を暴露します!!

 

真田信繁の正室といえば?

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ