MENU

真田丸第22話「裁定」の動画・感想!

うみ

 

 

このページは「真田丸」22話の再放送動画と感想になるねんね。

 

 

 

真田丸22話タイトルは「裁定」やねんね。真田丸の22話の感想をお伝えする前に、まずは再放送動画からお伝えします。

 

 

 

NHKの大河ドラマを見逃した場合は、その週の土曜日の13:05〜再放送動画がありますので、まずはそちらを見てくださいね。そして、もしそれも見逃してしまった場合はこちらから見えんねん。

 

 

 

こちらのサイトをこれまでずっとを見ていただいてたあなたはご存知やと思うねんけど、これまではずっと無料で動画を再放送動画の代わりに配信してきてんねな。

 

 

 

せやけど、視聴者の数名からウイルスにかかったという声をいただきましたので、今後はこちらのより確実に安全・安心な動画のみをアップしていっています。まずは、登録してくださいね。

 

真田丸22話の再放送動画はコチラ

 

 

 

真田丸21話の動画の最後に、真田家から真田信繁(堺雅人)、北条家から板部岡江雪斎(山西惇)、徳川家から本多正信(近藤正臣)が集まり、沼田の裁定を豊臣秀吉(小日向文世)がすることになってんね。

 

 

 

真田丸22話のあらすじを簡単にまとめると、沼田は裁定は3分の2が北条家にわたり、残り3分の1が真田家に割り振られてんね。そして、真田家には3分の2と同等の領土が秀吉から与えられるそういった裁定がくだされてんね。

 

 

 

しかし、北条の家臣が名胡桃城を攻め込み領地としてしまってんね。怒る真田昌幸(草刈正雄)に対し、秀吉は任せてほしいといって北条攻めを決定したという回になってんね。

 

 

 

 

真田丸第22話の感想!

 

 

真田丸22話の動画・感想はのっけから沼田裁定の審議がスタートしてん。江雪斎は、沼田は上杉から北条が奪い取った城であるから、北条の城であるというんはなんか堂々としててんね。

 

 

 

信繁は、ちょっとおどおどしてるかなって・・・感じてんね。秀吉は、沼田城について片桐且元(小林隆)からいろんな説明を受けてんけど、この片桐且元は相変わらずしっかりしてへんねな。

 

 

 

本能寺の変の混乱で、織田を裏切りだましとったのではないかと挑発する江雪斎に、信繁はのってしまってんね。休憩にはいってんけど、まだ優劣は決まってへんねな。

 

 

ただ、挑発に乗ってしまうとちょっと心配やんね。昌幸に徳川をどちらが味方につけるかだとまたしてもアドバイスを信繁はうけるねんな。こんなこそこそするのであれば、昌幸が沼田裁定でればええんに。

 

 

 

江雪斎演じてはる山西惇さんの演技がうまいですね〜。声がでかく迫力があんねん。秀吉は、赤ん坊を抱いて裁定をしててんね。石田三成(山本耕史)が進行をすすめるねんけど、本当にこの人は心がなく淡々と進行していくんやんな。

 

 

 

秀吉は、こどもが泣くので秀次(新納慎也)に任せていなくなってんけど、大事なところでおらんなるやんね。こっからが一番おもろいってときやってんけどね。

 

 

秀吉はどうでもよくなったんやろか?審議は、江雪斎のほうがなんか有利になってはるような気がしてんけど、やっぱり本多正信を味方につけたことがおおきかってんね。

 

 

 

信繁が最終的には有利なまま審議が終わってん。秀次が仕切って最終的に秀吉が決めることになって別れてんね。本多正信が信繁に言った必死で戦ってる若者を見たら手を差し伸べるのが年よりだといったシーンはちょっと震えてしまうほどよかってん。

 

 

沼田裁定に真田信繁は本当にかかわっているの?

 

 

 

せやけど、石田三成はホントプライドが高く偉そうやんね。昌幸に声を荒げるあたりは、本当に豊臣家のことを思ってるのは石田三成なんかもしれへんなって感じてん。

 

 

名胡桃城のところは、昌幸らしかってんね。いつか沼田全部を取り返してやろう。そんな昌幸の意地みたいなものが見えてきたシーンやってんな。

 

 

 

北条氏政(高嶋政伸)は、相変わらず危機感があれへんね。まさか、秀吉に勝てると思ってるんやろか?ちょっと、心配な奴やねんな。さっさと上洛しいひんと、もう天下は秀吉のもんやのにね。

 

 

 

その関東の覇者としてのプライドがどうしてもあるねんなきっと。信幸(大泉洋)が矢沢頼綱(綾田俊樹)が話すんはつらかったやろなあ。せやけど、頼綱のだだのこねかたが本当にもう、こどもみたいで笑ってしまってんな。

 

 

 

名胡桃城を北条の家臣・猪俣がせめたことで、天下が一気に動きだしましたね。ただ、昌幸は自分らだけでやりたかったんやろね。取られたものを取り返したかったんやろね。

 

 

 

昌幸は、まだ秀吉のことをそこまで信じているわけでもあれへんかったんかもしれんやんな。せやから、どうしても納得できひんかったんやろね。昌幸は男らしいところがあるからなんやろね、きっと。

 

 

 

豊臣秀吉に任せればすごい大きなバックができるから間違いあれへんのに。そして、千利休(桂文枝)が秀吉に北条攻めにゴーサインをだし、小田原城攻めの腰を上げてん。石田三成はどこまでも慎重やってんけど、もう止められる状況やあれへんねな。

 

 

 

大軍を連れていよいよ北条攻めから天下統一に入っていくんやんね。信繁や昌幸がどのように小田原城攻めにかかわっていくのか楽しみですね。

 

 

 

沼田裁定は本当に、面白かってんね。江雪斎を演じる山西惇さんと、本多正信を演じる近藤正臣さんがよかったですね。特に近藤正臣さんの演技は、ちょっとしびれるものがあってんね。

 

 

 

なんか、しれっとしてんけどそれでもってしかりと判断するんやんね。相当かっこよかってん。真田丸22話の感想はここまで。真田丸23話の感想につづく。念のため真田丸22話の動画をもう一度のせておくねんね。

 

真田丸22話の再放送動画はコチラ

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第23話 ネタバレ・あらすじ「攻略」!

 

真田丸22話の再放送動画はコチラ

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

沼田裁定に真田信繁は本当にかかわっているの?

 

真田丸第21話「戦端」の動画・感想!

 

真田丸第21話 ネタバレ・あらすじ「戦端」!

 

石田三成と真田幸村の本当の関係とは?

 

 

 

 

 


このページの先頭へ