MENU

真田丸第31話「終焉」の感想はコチラ!

夕日

 

 

このページは「真田丸」31話の感想になるんやんな。真田丸31話タイトルは「終焉」やねんね。さっそくですが真田丸の31話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸30話のネタバレ・感想で、秀吉(小日向文世)の状態がいよいよ死が近づいている。そんな状況になっててんね。30話のネタバレ・感想の最後に豊臣秀頼(中川大志)が花咲じいやを秀吉にやってほしいと話してんね。

 

 

 

それを茶々(竹内結子)が秀吉に伝えてしまうねんね。そして、はしごから転げ落ちた秀吉は起き上がれなくなってしまってんね。真田丸31話の感想はその続きから始まってんやんね。

 

 

 

簡単にあらすじをまとめると、秀吉が最後を迎えたた回やってんね。その秀吉の死をめぐり、石田三成(山本耕史)と徳川家康がどんどん対立した回でもあってんね。そして、出浦昌相(寺島進)が徳川家康の暗殺に乗り出した回でもあってんな。

 

 

 

 

真田丸第31話「終焉」の感想!

 

 

真田丸31話の感想を一言でいうなら、展開がすごく早くて面白かった回やってんな。まずは、遺言をめぐり石田三成と徳川家康の攻防が面白ろかってんね。片桐且元(小林隆)は、もっとちゃんと見張ってへんとあかんやろ。

 

 

 

家康に勝手な遺言を書かせたらあかんやろって個人的には、思ってんけど・・・もっと根本の部分でこの時代にも遺言なんてものがあってんな。そんなことを感じてん。

 

 

 

今の時代であれば、秀吉は認知症やねんから遺言は判断能力があれへんことから有効にはなれへんのやろけどね。ただ、石田三成よりも徳川家康の方が一枚上手のような気がしますね。

 

 

 

徳川家康がというよりも、本多正信(近藤正臣)が上手だと言った方がよろしいでしょうか。石田三成が後手後手に回ってるような印象を受けてんな。

 

 

 

最終的に、石田三成が遺言を秀吉に書かせていたことが寧(鈴木京香)に見つかりえらく怒られるシーンがあってんけど、何かの伏線になってそうな予感がしますね。今後、この石田三成と寧の関係に注目しいひんとあかんわいね。

 

 

 

しかし、今回の真田丸ではなんと言っても、出浦昌相の徳川家康暗殺計画がなんといってもスリル満点で楽しかったですね。なので、ここが今回の真田丸を引き締めたというか、緊張感のあるものにしてくれてんな。

 

 

 

こういうシーンが毎回あると、もっと視聴率も上がるような気がしますね。それぐらい、今回の真田丸は緊迫感があってよかってんな。石田三成の徳川家康暗殺計画を真田昌幸(草刈正雄)が受けるところもまたよかってんな。

 

 

 

 

真田丸31話の感想・MVPは寺島進

 

 

一瞬、それは受けないということなのかと思ってんけど暗殺するって意味だったんですね。せやけど、信幸(大泉洋)がなんとも余計なことを言ったばっかりに出浦昌相が死んでしまってんね。

 

 

 

ここの話を昌幸が信幸にも通しておれば、うまくいったかもしれへんのにね。その辺りがこの親子らしいなって思ってんね。本多忠勝(藤岡弘)対出浦昌相の対戦は迫力あって面白ろかってんな。

 

 

 

出浦昌相が逃げ切れへんかったんも信幸に会ったことが大きかってんね。それがなければ後ろから切られるなんてことあれへんかったのに。どうしても、真田丸31話の感想ではここのところはどうしてもはずせへんねな。

 

 

 

せやから、今回のMVPは寺島進さんやんね。本多忠勝も迫力あったから、MVPをどっちにしようかと迷ってんけどね。でも、やっぱり一人で乗り込んで言っていた度胸もあって出浦昌相をMVPに選ぶねん。

 

 

 

今後は、石田三成と徳川家康がもっと関係が悪化していくやんな。そして、誰もが知っている天下分け目の関ケ原に進んでいくねんな。昌幸が言っていたように、出浦昌相を失ったことは真田家にとってはなんとも痛いねんな。

 

 

 

今後、出浦昌相が存在しいひんことでどんな影響があるのかそれは、今後に出てくるんでしょうね。真田丸31話の感想についてはここまで。真田丸32話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第32話 ネタバレ・あらすじ「応酬」

 

真田丸第30話「黄昏」の感想はコチラ!

 

真田丸第30話 ネタバレ・あらすじ「黄昏」!

 

豊臣秀吉の晩年は認知症だったの?

 

豊臣秀頼の父親は本当は秀吉じゃなかったの?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 


このページの先頭へ