MENU

真田丸第32話「応酬」の感想はコチラ!

夜

 

 

このページは「真田丸」32話の感想になるんやんな。真田丸32話タイトルは「応酬」やねんね。さっそくですが真田丸の32話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸31話のネタバレ・感想で、秀吉(小日向文世)が亡くなってんな。そして、石田三成(山本耕史)の命による徳川家康(内野聖陽)の暗殺計画は失敗に終わってんね。

 

 

 

そのことで、今後どんどん徳川家康が力を強めていくんやんな。真田丸32話の感想はその続きから始まってんやんね。簡単にあらすじをまとめると、石田三成対徳川家康という構図になってんね。

 

 

 

徳川家康が諸大名に根回しをし徐々に勢力をつけている。その中で、身内の結婚を使ってどんどん勢力を拡大しているそんな回やってんな。

 

 

 

 

 

真田丸第32話「応酬」の感想!

 

 

真田丸32話の感想を一言でいうなら、徳川家康が石田三成よりもたぬきで上手を言っているという感想になるんやんね。徳川家康が勝手な行動をいろんな人たちが不満に思ってんけど、それを誰も何も言えない。そんな状況やってんな。

 

 

 

せやけど、やっぱり徳川家康の参謀にいてる本多正信(近藤正臣)が上手くいくように、上手くいくようにしていってんやんな。この本多正信の作戦がなかったら、なかなか徳川家康も思い通りにはいってへんねやろね。

 

 

 

寧(鈴木京香)に阿茶局(斉藤由貴)をつかって揺さぶりをかけてみたり、禁止されている婚姻を諸大名相手にしていったりと、本当に狙った通り進めていったということやんな。秀吉が死ぬ前から作戦を練っていただけのことはありますよね。

 

 

 

しかも、婚礼での結びつきの相手が、伊達政宗(長谷川朝晴)、福島正則(深水基樹)、加藤清正(新井浩文)であるところがすごいやんね。福島正則と加藤清正にいたってはバリバリの豊臣方の人材やんね。

 

 

 

ここを切り崩していっていることが、今後の徳川家に大きな力をもたらしてくるんですよね。その点、石田三成はいろんなことが下手すぎるんですよね。どうしても、徳川家康の方が上手をいくねん。

 

 

 

ずっと、秀吉に仕えてた三成と一国一城の主をしている家康ではやっぱりこれまでのくぐり抜けていた修羅場の数が違うんやろね。上杉景勝(遠藤憲一)に期待してんけど、それもまったくあかんかったしね。

 

 

 

上杉景勝は、相変わらず受けるときは威勢がええねんけどいざとなると腰が引けるんやんな。あの声の小ささがすべてを物語ってるというか・・・。思わずちっちゃって思ってしまってんな。まあ、力関係から仕方あれへんところがあるんやろけどね。

 

 

 

 

 

真田丸32話のMVPは内野聖陽

 

 

なので、今回の真田丸32話のMVPは徳川家康を演じている内野聖陽さんかなと。普段は頼りのない徳川家康を演じてるんやけど、最近徐々に力強い、天下人になる家康の片りんを見せ始めていますよね。

 

 

 

真田信繁(堺雅人)に対する遺言の話や上杉景勝とのやり取り、そして石田三成を大きく上回る諸大名の信頼。それらのことを総合的に見ると、真田丸32話のMVPはこの人しかいないかなと。

 

 

 

まだ、天下のことを何度も言わせるなという弱気の心も出てくることもありますが、それがまた内野聖陽さんが演じる徳川家康のいいところでもあります。せやけど、そんな家康がたくましくなってきたところ。

 

 

 

そこに、内野聖陽さんの輝きがあるんちゃうかなと思うんやんね。今後の石田三成とのやり取り。加藤清正や福島正則などの動きと共に注目の人物の一人になりますね。今後も楽しみですね。真田丸32話の感想はここまで。真田丸33話の感想につづく。

 

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第33話 ネタバレ・あらすじ「動乱」

 

真田丸第31話「終焉」の感想はコチラ!

 

真田信繁と徳川家康の本当の関係

 

第二次上田合戦についてはコチラ!!

 

真田信繁の関ヶ原の戦いの本当の関わり方とは?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

 

 


このページの先頭へ