MENU

真田丸第33話「動乱」の感想はコチラ!

月

 

 

このページは「真田丸」33話の感想になるんやんな。真田丸33話タイトルは「動乱」やねんね。さっそくですが真田丸の33話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸32話のネタバレの最後に、石田三成(山本耕史)が徳川家康(内野聖陽)の襲撃をしようとしてんやんね。そのことに驚く真田信繁(堺雅人)。

 

 

 

真田丸の33話を簡単にまとめると、石田三成が徳川屋敷の襲撃を実行しようとしますが、その情報が洩れてしまうんやんね。そのことで、徳川家康が諸大名に手紙をだし大勢の諸大名が徳川家康を守ろうとしてんな。

 

 

 

そのことで、石田三成は最終的には徳川家康の襲撃をやめることになってんな。真田丸33話をまとめるとそのような回になってんな。

 

 

 

 

真田丸第33話「動乱」の感想!

 

 

真田丸33話のあらすじは、32話に比べると激しい感じでしたね。なにか、いよいよ関ケ原に向かっていく感情が交差している。そんな印象の回でしたね。それにしても、江雪斎(山西惇)がスパイとして石田三成の動向を見ていたのには驚きましたね。

 

 

 

北条が滅ぼされたときに江雪斎も亡きものになってるんかと思ってました。それが、こんな時に出てくるとは。徳川家康に拾われててんな。それがなければ、石田三成の動きを気付かれることなかってんに。

 

 

 

どうしても、石田三成が不器用なだけに応援したくなってしまうんですよね。なんか、徳川家康は常に策をねっているというか、根回ししていく感じが好きじゃないんですよね。

 

 

 

なので、なんとか石田三成にしてほしいって気持ちになるんですけどね・・・。石田三成は、ああみえてまっすぐなところがありますからね。本当に豊臣家のことを一番考えているのは石田三成なんかもしれへんな。

 

 

 

それにしても、寧(鈴木京香)の意見がおおきかってんな。加藤清正(新井浩文)と福島正則(深水基樹)が徳川についたのが大きかってんな。まあ、結婚などで加藤清正も福島正則も徳川家康と関係を深めてたところに徳川家康の強さがあるんやろけど。

 

 

 

せやけど、寧が石田三成につくように命じてたら話が変わってたかもしれへんな。特に加藤清正の動向ってとても重要になるんやんな。武力的にはもちろん、旧豊臣家にとっても大きいやんな。

 

 

 

 

真田丸33話のMVPは上杉景勝の遠藤憲一

 

 

それにしても、驚いたのは大谷吉継(片岡愛之助)やんな。まさか大谷吉継までもが徳川屋敷に行くところに、石田三成の失敗があるんやろな。なんちゅうか、もっと早めに引いておくべきやってんな。

 

 

 

徳川に情報が洩れているのなら、夜討ちするのをやめるように言う、信繁の策が一番よかったと思うねんけどね。加藤清正も言っていたように、振り上げてこぶしをどうするのか。それに困っているというところがあっているように思いますよね。

 

 

 

個人的には、この加藤清正と石田三成が話をしたときの緊迫感がとても好きでMVPは、加藤清正にしたいところやねんけどね。でも、真田丸33話のMVPはそれでも、上杉景勝やんな。

 

 

 

誰もが石田三成を止めててんけど、それでも止まらなかった石田三成を止めたのが上杉景勝やってんな。俺が徳川家康を倒す。その言葉は本当に心強かってんな。石田三成の気持ちを一番わかっていたのは上杉景勝やってんな。

 

 

 

徳川家康は豊臣秀吉(小日向文世)の遺言を守らない。義が石田三成にあることを感じてんな。上杉景勝は、ちょいちょいかっこええけど、肝心なところで・・・なことが多いねんけど、今回は逆やってんな。

 

 

 

すごくかっこいかってん。結果として、石田三成を止めることにも成功しましたしね。なので、MVPは上杉景勝を演じる遠藤憲一さんです。信繁も何度も石田三成を止めたりする姿はかっこよかってんけどね。

 

 

 

上杉景勝がいてへんかったら、どうやって石田三成を止めたんやろな。なんかそんなことを感じた真田丸33話の感想でした。真田丸33話の感想はここまで。真田丸34話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第34話 ネタバレ・あらすじ「挙兵」

 

第二次上田合戦についてはコチラ!!

 

真田信繁の関ヶ原の戦いの本当の関わり方とは?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

石田三成と真田幸村の本当の関係とは?

 

 

 

 

 


このページの先頭へ