MENU

真田丸第35話「犬伏」の感想はコチラ!

いぬ

 

 

このページは「真田丸」35話の感想になるんやんな。真田丸35話タイトルは「犬伏」やねんね。さっそくですが真田丸の35話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸34話のネタバレの最後に、石田三成(山本耕史)が徳川家康(内野聖陽)を独走をストップするために挙兵してんやんな。

 

 

 

真田丸の35話を簡単にまとめると、世の中が豊臣方対徳川方になっていく中で、犬伏にいた真田家が決断に迫られるという回やってんね。

 

 

その結果として、信幸(大泉洋)は徳川方につき、信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)は豊臣方につくことになってんな。真田丸35話をまとめるとそのような回になってんな。

 

 

 

 

真田丸第35話「犬伏」の感想!

 

 

真田丸35話の感想を一言でいうと、信幸の決意ということになるでしょうか。とってもかっこよかったですね。いつになく真剣な大泉洋さんの演技がとても印象に残りましたね。

 

 

 

あと、気になった点はやはり大谷吉継(片岡愛之助)と石田三成は親友だということやんな。ここもとても感動的やってんな。この友情を見てると、どうしても勝たせてあげたいねんけど・・・。なかなか・・・ですよね。

 

 

 

私自身は、そんなに歴史に詳しくないですから気になるのは上杉景勝(遠藤憲一)の動きが気になってんやんな。今後どちらについていくのか。それとも単独で行動するのか。

 

 

 

その辺りが一番気になりますね。あと、板部岡江雪斎(山西惇)にそそのかされそうな、小早川秀明(浅利陽介)の動向も気になりますね。なんか、いやな予感するんよね。

 

 

 

せやけど、真田家を残すために別々に別れる「犬伏の別れ」は感動的でしたね。個人的には、最後のアドリブで話していたと言われる韓信の話をしているところが面白かったですね。

 

 

 

昌幸役の草刈正雄さんが背水の陣の説明をしたときの感じがよかってん。そして、韓信は馬鹿だってところも昌幸らしいなって。世の中は関ケ原に向かう混沌とした中で、親子を別々にした犬伏。

 

 

 

その悲しい別れを最後笑ってできるってところが三谷作品なんかななんて思いました。どうしても、辛いことですからあんな別れの仕方ってないですよね。悲しくて仕方あれへんねな。

 

 

 

そこに、信幸の成長と共に昌幸の寂しさとうれしさみたいなものを感じてんな。どうしても、私も二人の子供を持つ親として考えたときに複雑なんだろうなって感じてんな。

 

 

 

 

真田丸35話の感想のMVPは大泉洋

 

 

今回は、なんと言っても真田丸35話の感想ではMVPは信幸が演じる大泉洋さんになるねんね。命がけだった大谷吉継と石田三成の友情もよかってんけどね。

 

 

俺が勝たせるって言った、大谷吉継のセリフがとても感動的やってんな。いろいろあった二人やねんけど、そこにとても大きな友情という魅力を感じてんな。石田三成が涙したのもわかるねん。

 

 

 

あの石田三成が涙してんから、よほどのことやんな。そんな気持ちもあるんやけど、やっぱり今回は信幸なんよね。なんちゅうか、これまで信繁の影にかくれてなかなか自分の意思を強く持たなかった信幸。

 

 

 

いつも、昌幸に振り回されていた信幸やねんけど、今回は自分の意思を強くしてんな。しかも、それが真田のために敵と味方になるなんてことを言うとは、びっくりやんな。

 

 

 

なんちゅうか、昌幸の手を初めてはなれたような気がしてんね。親を超えたといいますか。そこに、なんかうれしさを感じてんな。子供の気持ちも親の気持ちもわかんねん。

 

 

 

また、信繁が昌幸に夢物語はもうやめて欲しいと怒られることと併せて考えると、昌幸の時代でなくなってきたんやなあって・・・寂しさもちょっとあってんやんな。

 

 

 

今後、豊臣と徳川に別れた信幸と信繁。今後の展開がなんとも楽しみですね。真田丸35話の感想はここまで。真田丸36話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第36話 ネタバレ・あらすじ「決戦」

 

真田丸第34話「挙兵」の動画・感想はコチラ!

 

真田丸第34話 ネタバレ・あらすじ「挙兵」

 

第二次上田合戦についてはコチラ!!

 

真田信繁の関ヶ原の戦いの本当の関わり方とは?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

石田三成と真田幸村の本当の関係とは?

 

 

 

 


このページの先頭へ