MENU

真田丸第36話「勝負」の感想はコチラ!

サイコロ

 

 

このページは「真田丸」36話の感想になるんやんな。真田丸36話タイトルは「勝負」やねんね。さっそくですが真田丸の36話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸35話のネタバレの最後に、真田家の昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)が豊臣方に、信幸(大泉洋)は徳川方につくことを決める犬伏の別れが起きてんな。真田丸36話については、その続きから始まるねんね。

 

 

 

真田丸の36話を簡単にまとめると、第二次上田合戦が行われてんな。また、天下分け目の関ケ原も同時に伝えられてんね。その結果として、徳川家康(内野聖陽)が圧勝するという回やってんな。

 

 

 

 

 

真田丸第36話「勝負」の感想!

 

 

う〜ん。真田丸36話については正直、驚きましたね。なんていいますか、関ケ原の戦いがまったくといっていいほど描かれなかったことにびっくりしてんな。まあ、もちろん真田丸なので真田家の話が中心になると思うねん。

 

 

 

せやけど、この関ケ原の戦いが真田家の今後の運命を大きく左右するので、ここはもっと描くのかなって思っててんけどびびりましたね。また、第二次上田合戦の模様をもう少し引っ張るかななんて思っててんね。

 

 

 

 

真田丸の36話で、第二次上田合戦。37話で関ケ原の戦いがあるみたいな形をとるんかなって思っていたので、本当にびびりましたね。このあたりの意表をつく感じが三谷作品なんかもしれませんね。

 

 

 

急にピッチが上がっていきましたね。今回の中では、よかったなあって思ったのは3人いてます。一人は、徳川秀忠(星野源)。第二次上田合戦が初陣だったということもあってこの焦りようがよかってん。

 

 

 

星野源さんの演技がよかったですね。また、秀忠のアドバイザーとして一緒にいてた本多正信(近藤正臣)がよかったですね。策士だけのことはありましたね。昌幸の考えも遅れはしても見抜けてんな。

 

 

 

そんな2人の演技もよかったし、この第二次上田合戦の中ではこの2人がよかってんけどそれ以上に、信繁の側近の矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)がよかったです。

 

 

 

信幸と昌幸をなんとか戦わないでよくなるように、信繁の策としてうまくはまりました。しかも、二人の信頼関係があるので別れのシーンはちょっと感慨深いものがありましたね。

 

 

 

 

真田丸36話の感想のMVPは迫田孝也

 

 

真田丸36話の感想については、特に上記の3人の印象が残りましたね。もちろん、昌幸や信繁、信幸もよかったんですけどね。それ以上にこの3人がよかってん。その中でもMVPは三十郎を演じた、迫田孝也さんに選びました。

 

 

 

なんか、信繁いるところに三十郎ありってところから信繁のために策に応じる。そのため、信繁とは別れ信幸のもとにいく。このあたりについては、かなり複雑でしたね。目に涙を浮かべた姿がとても印象的でした。

 

 

 

どういうても、この三十郎がいてへんかったら先鋒の信幸と昌幸が衝突してたからね。衝突を避けることができるためなら、その信繁の想いをかなえたこの三十郎の役割は大きかってんね。

 

 

 

なので、三十郎を演じている迫田孝也さんが真田丸36話の感想のMVPかな。もっとも印象に残った・・・。そんなことを感じてんね。また、最初にも述べたように関ケ原の戦いが数分で終わった。このあたりの脚本も衝撃的でした。

 

 

 

関ケ原をこんな形にしている大河ドラマは初めてみましたね。個人的には、もっと描いて欲しかったなあ。大谷吉継の討ち死にの姿も見たかってん。そんなことを見ながら感じてんやんな。真田丸36話の感想はここまで。真田丸37話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第37話 ネタバレ・あらすじ「信之」

 

第二次上田合戦についてはコチラ!!

 

真田信繁の関ヶ原の戦いの本当の関わり方とは?

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

石田三成と真田幸村の本当の関係とは?

 

 

 

 


このページの先頭へ