MENU

真田丸第38話「昌幸」の感想はコチラ!

僧

 

 

このページは「真田丸」38話の感想になるんやんな。真田丸38話タイトルは「昌幸」やねんね。さっそくですが真田丸の38話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸37話のネタバレ・あらすじの最後に、真田昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)らが流罪になった場所の高野山の九度山に到着してんね。

 

 

 

真田丸の38話を簡単にまとめると、昌幸らは何度も赦免を願い出るも徳川家康(内野聖陽)の許しが出ることはなく、ついに昌幸が亡くなってしまうという回やってんね。

 

 

 

 

真田丸第38話「昌幸」の感想!

 

 

真田丸38話の感想を一言でいうと、ついに真田家の時代がかわったということやねん。真田家の中で、実は最も偉大なる人物というのは今回亡くなった昌幸やんね。信繁は実は、そんなに勝ってへんねな。

 

 

 

基本的には、昌幸の指示を受けて動く実務家というのが信繁の本当の姿やねん。真田幸村伝説みたいなもののほとんどは、大阪の陣によるものがほとんどやんね。

 

 

せやから、昌幸の死というのは大きかってんな。徳川家康もその昌幸の怖さを知っていたからこそ、ずっと昌幸を高野山の九度山から出せへんかってんやろね。ただ、びっくりしたのは本多正信(近藤正臣)が昌幸らの赦免を言っていたことやんね。

 

 

 

なんちゅうか、本多正信が徳川家康を手のひらで転がしていた感じから、徳川家康が堂々とした感じに変わってんやんね。せやから、秀頼(中川大志)に会うことも計画をきちんと立てて二条城で会ってんね。

 

 

 

このあたりの駆引きというのが、徳川家康がたぬきぶりを発揮していますよね。それにしても驚いたのが、石田三成(山本耕史)が徳川襲撃した後に蟄居になるときに、加藤清正(新井浩文)に話ていた内容です。

 

 

 

自分がもし、志なかばでいなくなっていたら、秀頼を頼むといっていたのには驚いてんな。石田三成が本当に、豊臣家のためにささげた人生だったことがわかるところやんね。

 

 

 

真田丸34話のネタバレまでさかのぼる出来事やねんけど、加藤清正はその石田三成の想いに答えようとしててんな。せやけど、豊臣秀頼が予想以上にしっかりしてたので驚きましたね。

 

 

 

だからこそ、徳川家康や本多正信にとっては加藤清正が邪魔だったのかもしれませんね。服部半蔵(浜谷健司)に毒を持たれて、家康と秀頼の会談から2ヶ月で死んでしまいましたね。

 

 

 

加藤清正にはもっと頑張ってほしかったんですけどね。それが、どうしてもかないませんでしたね。いよいよ、豊臣対徳川の様相を呈してきましたね。今後の展開が楽しみになってきました。

 

 

 

 

真田丸38話の感想MVPは昌幸

 

 

真田丸38話は、高野山でゆっくりの回かなと思っていたのですが、そんなことはありませんでしたね。かなり大きな動きがたくさんありましたね。秀頼や家康。加藤清正などたくさんの動きや心理戦などがありました。

 

 

 

立派に育っている秀頼をMVPにしたいところですが、今回はさすがに亡くなった昌幸がMVPやんね。なんか、かなり寂しさを感じてんけど最後の遺言の際には泣きそうになりましたね。

 

 

 

信繁に兵法を渡したり、豊臣についてどのように戦うべきかを教えるところになんか昌幸らしさを感じてんけど、それがまた泣けるんですよね。信繁や信之(大泉洋)が活躍できるんもすべては昌幸がいたからやねんな。

 

 

 

信繁の息子の大助に、卑怯な喧嘩の勝ち方を教えているときに倒れたのはちょっとびっくりしましたね。結局、徳川家康は昌幸を高野山の九度山に蟄居させていたというのは正解だったんでしょうね。

 

 

 

そうでなければ、上杉景勝(遠藤憲一)と組んで何かしでかした可能性もあったし、大阪の陣になる前に一波乱あったかもしれません。殺さないまでも、高野山で死ぬまでおらせる。それが正解だったんですね。

 

 

 

なので、どうしても昌幸としても無念のい思いがあるんでしょうね。信繁に遺言を託すときのところが印象的でしたね。また、武田信玄がやってきたと思って起き上がったところも昌幸らしいなって思いました。

 

 

 

ずっと、甲斐・信濃を領地にしたいという思いをもっていた昌幸の想いは武田信玄の後を継ぎたい。そういう思いがあったからやんね。だから、死ぬ間際に出てきてんやんな。それだけ、武田信玄に対する忠誠があったということやねん。

 

 

 

信繁は、この昌幸の遺言を受けどのような行動をしていくのでしょうか。子もでき平和な生活を送っている信繁が今後どんな行動をとっていくのか。いよいよ真田丸がクライマックスへむかっていきますね。

 

 

 

大阪の陣に向けて、すすんでいいっていますけどまだ期間がだいぶありますけど、大丈夫なんやろか。大阪の陣だけで3ヶ月ぐらいもたせるってちょっとすすみすぎのような気もするのですが。

 

 

 

それだけ、大阪の陣をしっかり描くということになるのでしょうか。今後どんなペースで進んでいくのか。大阪の陣をどのように描くのか。楽しみですね。真田丸38話の感想はここまで。真田丸39話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第38話 ネタバレ・あらすじ「昌幸」

 

真田丸第37話「信之」の感想はコチラ!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

豊臣秀頼の父親は本当は秀吉じゃなかったの?

 

真田幸村の高野山での謹慎生活とは!?

 

 

 

 


このページの先頭へ