MENU

真田丸第39話「歳月」の感想はコチラ!

風景

 

 

このページは「真田丸」39話の感想になるんやんな。真田丸39話タイトルは「歳月」やねんね。さっそくですが真田丸の39話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸38話のネタバレ・あらすじの最後に、真田昌幸(草刈正雄)が信繁(堺雅人)に思いを託して亡くなっていってんね。真田丸の39話を簡単にまとめると、秀次(新納慎也)の娘で信繁の側室になっているたかがルソンから戻ってきてんね。

 

 

 

その中で紐をプレゼントされてんねな。そのことをきっかけに信繁が真田紐を思いつくねんな。また、最後に信繁を迎えにやってきたと宇喜多秀家(高橋和也)の家臣がやってきてんね。

 

 

 

 

真田丸第39話「歳月」の感想!

 

 

真田丸39話の感想で最初に思ったのは、今回は静かな回やったってことやんね。最近は、関ケ原の戦いの後に流罪になったり昌幸が亡くなったりと大きな話題を呼ぶ回が続いてんね。

 

 

 

せやから、真田丸39話についてはどうしても静かな印象が拭えなかったですね。真田丸40話のための伏線はありましたけど、九度山の生活をゆっくりしているという感じでした。

 

 

 

どうしても、ずっと大きな出来事ってのはないとは思うんですけどね。今回のような感じの回があるなら、もっと関ケ原をやってくれててもよかったんちゃうの?って思ってしまいました。

 

 

 

その中でも、薫(高畑淳子)の死なんかはさらっと流されてましたね。どうしても、昌幸とは扱いが違うのはわかるのですがとり(草笛光子)よりも扱いが小さかったのは・・・ですね。

 

 

 

そんな中で、今回気になったのはルソンからやってきたたか。なんか、前とキャラがまったく異なっていたので受け入れるのに時間がかかりました。命の恩人の信繁のことを好きなのかな。

 

 

 

そんなことを感じさせてくれましたね。一応、形てきには側室ですしね。側室って言ったときの春(松岡茉優)の顔がなんともこわかったですね。

 

 

しかし、きりと春の対決だけかと思うとそこに、たかがやってきてみたいな内容だったので女同士のバチバチがすごかったですね。たかが信繁と別れる前にサマラッポっていったのがちょっと気になりましたね。

 

 

 

調べてみると、ルソン(今のフィリピン)の言葉でありがとうという意味らしいです。なので、たかとしては信繁に大きな感謝を表したということなんです。

 

 

 

 

真田丸39話の感想のMVPは松岡茉優

 

 

そんな中で、私が今回最も活躍した、いい演技をしたのが信繁の妻の春役の松岡茉優さんですね。すごく嫉妬心が強いってか、きり(長澤まさみ)も話していたように面倒くさい。

 

 

 

この一言につきますよね。石田三成(山本耕史)がちと面倒な女子だと言った理由がわかった気がしますね。ただ、それも松岡茉優さんの演技がすばらしいから際立ちましたね。

 

 

 

なんか、きりがなんか優しい女に見えましたからね。子供を産んでいるからどんとしとけばいいと思うんですけどね。やっぱり女性同士の戦いってのがあるんですね。

 

 

春は、きりなんか負ける気がしないって話てたんですけど、やっぱり近くに別の女性がいるってだけで気になるんでしょうね。その気持ちはわかりますね。

 

 

だからこそ、それが松岡茉優さんの演技にうまく反映していたのかもしれませんね。これまでも、ずっと思ってたんですけど松岡茉優さんの演技はすごくいい。

 

 

 

今回は、静かな回だっただけにこの女同士の戦いが際立っていましたね。最後に、大阪の陣につづく道がやってきてんけど、今後はそちらの方についても楽しみですね。

 

 

 

いよいよ、真田丸が最終章に突入しようとしていますね。今後は、激しい回に向かっていきますので、真田丸39話は箸休め的な回になったと思います。そんな中で、よかったのは間違いなく春を演じた松岡茉優さんやんね。

 

 

 

きりを演じる長澤まさみさんもよかってんけどそれ以上に、やっぱり松岡茉優さんやんね。なので、私の真田丸39話の個人的なMVPは松岡茉優さんになんねん。真田丸39話の感想はここまで。真田丸40話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第39話 ネタバレ・あらすじ「歳月」

 

真田丸第38話「信之」の感想はコチラ!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

豊臣秀頼の父親は本当は秀吉じゃなかったの?

 

真田幸村の高野山での謹慎生活とは!?

 

 

 

 


このページの先頭へ