MENU

真田丸第41話「入城」の感想はコチラ!

城

 

 

このページは「真田丸」41話の感想になるんやんな。真田丸41話タイトルは「入城」やねんね。さっそくですが真田丸の41話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸40話のネタバレ・あらすじの最後に片桐且元(小林隆)にお願いされた真田信繁(堺雅人)は、真田幸村と名前を変更して、大阪城に入ることを決意してんね。その続きから真田丸41話は始まってんね。

 

 

 

真田丸41話のネタバレ・あらすじをまとめると真田幸村がなんとか見張りを振り切って、大阪城に入城したという回やってんね。そのことを、秀頼(中川大志)や茶々(竹内結子)らが喜んでんな。徳川家康(内野聖陽)はそのことを警戒してんね。

 

 

 

 

真田丸第41話「入城」の感想!

 

 

真田丸41話を見た感想を一言で言うと、これから大変そうやなって感じてんな。なんか、豊臣方は徳川家康が語っていたように本当に烏合の衆やからやんね。なんか、どうも一枚岩ではないと感じてんね。

 

 

 

豊臣秀頼のいうことをみなは聞くんやろうけど、せやけどそこが圧倒的なリーダーシップをもっているわけではないねんね。せやから、今後、幸村がいろんな策を考えてもしれがうまくいくんかなってのが印象として残ってんね。

 

 

 

まあ、幸村もいきなりやってきて兵糧が大事だからそこを抑えるっていうのはちょっと出すぎかなって印象やねんけどね。ただ、そうでもしいひんと幸村の力を疑っているものも多いからね。

 

 

 

大野治長も10万人ぜんぶ幸村の兵だと思ってくださいって言ってたけど・・・。兵糧のことを幸村が話をしていた時には、いい顔してへんかってんね。なので、今後の先が思いやられる感じやんな。これが昌幸だったら話が違ったんかもしれへんけどね。

 

 

 

まだ、幸村への信頼がそこまでではないんやんな。秀頼は信頼しているんかもしれんけど、周囲がね。どうしても嫉妬でみているというか。特にポイントになりそうなのは、後藤又兵衛(哀川翔)や毛利勝永(岡本健一)のような予感がしますね。

 

 

 

このあたりを史実とどのような兼ね合いで三谷幸喜脚本がどのように描かれていくのか。そこが楽しみの一つでもありますね。あと、今後の茶々(竹内結子)がどのような力をもって発言してくるのか。ここも気になるところですね。

 

 

 

そういった中で、幸村がどのように自分を主張し豊臣方をまとめていくのか。その辺りのところが今後の大きな見どころになるのではないでしょうか。どうしても、徳川方が勝つというシナリオは決まっていますから、そこに至るプロセス。

 

 

 

ここに大きな楽しみがありますよね。今回の幸村が入城するときのようにちょいちょい笑いを入れながらストーリーをすすめていくことになるのでしょうか。それがまた楽しいんですよね。

 

 

 

 

真田丸41話の感想のMVPは吉田羊

 

 

そんな中で、真田丸41話の感想のMVPはとても迷いました。それは、服部半蔵(浜谷健司)と対決をした佐助(藤井隆)と稲(吉田羊)のどちらかで迷いました。佐助もすごいよかったですよね。

 

 

 

ここで、佐助が服部半蔵を食い止めてなければ幸村の入城ができひんかった。そんな状況に陥っててんね。せやから、佐助の活躍はとても大きかってんね。特に一対一で対決したシーンは見どころ満載でしたね。徳川の忍びが勝つのか。

 

 

 

真田の忍びが勝つのか維持と維持のぶつかり合い。そんな様相を呈していました。それが緊迫していてとてもよかってんね。なので、佐助を演じた藤井隆さんをMVPにしようかと思ってんけどね。

 

 

 

それ以上に、覚悟を感じることになった稲を演じた吉田羊さんを今回の真田丸41話のMVPに選んでんな。なんでかっていうと、信之(大泉洋)の嫡男で自分の息子ではなくこう(長野里美)の子・信吉を嫡男にしようというところに感動があってんね。

 

 

 

普通は、たった1ヶ月ぐらいの生まれの違いなら正室の子を嫡男にって言ってもなんら不思議やないねんな。力を誇示したいような嫁やったら、間違いなく自分の子供である信政を嫡男にと思うねん。

 

 

 

それを、きっちりと信吉を嫡男にと言えるところが稲の凄さなんやろなって。信之が大切にしていたところには、そんな心使いがあったんでしょうね。なので、今回のMVPは稲を演じる吉田羊さんになんねな。

 

 

 

大河ドラマ以外にも最近は、主演の連続ドラマにも出演したりと大忙しの吉田羊さんですが、今後も強いけどその心の底は優しい稲をうまく演じていってほしいなって思います。

 

 

 

心がほっとした、稲と信之の会話から今回はそのように選びました。今後は、幸村がどのように主導権をとりつつ進めていくのか。楽しみですね。真田丸41話の感想はここまで。真田丸42話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第41話 ネタバレ・あらすじ「入城」

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

大阪冬の陣での真田幸村の活躍はどんなものだったの?

 

大阪夏の陣で真田信繁は活躍してない?その真実を暴露!

 

真田信繁には子孫は現在もいるの?

 

 

 

 


このページの先頭へ