MENU

真田丸第42話「味方」の感想はコチラ!

兜

 

 

このページは「真田丸」42話の感想になるんやんな。真田丸42話タイトルは「味方」やねんね。さっそくですが真田丸の42話の感想をお伝えしていくんやんな。

 

 

 

真田丸41話のネタバレ・あらすじで真田幸村(堺雅人)が大阪城に入城してんね。徳川家康(内野聖陽)が見張りを増やしていたので、策を弄して大阪城になんとか入ってんね。

 

 

 

真田丸42話のネタバレ・ああすじをまとめると真田幸村らが軍議をしていくことになってんね。最初は、総大将に真田幸村をと秀頼(中川大志)がお願いしててんけど、それに待ったを後藤又兵衛(哀川翔)がかけてんね。

 

 

 

結果として、真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)、明石全登(小林顕作)の5人衆の合議で戦のことについては決めて進めていく。その上に、秀頼が総大将として決定するという形になった回やってんな。

 

 

 

 

真田丸第42話「味方」の感想!

 

 

真田丸42話を一言でいうと、笑いの回だったように思います。なんちゅうか、激しいわけではなく逆に静かなわけではない。それでいて、大阪城の中では権力闘争が起きていると言えばいいでしょうか。

 

 

 

みなが、真田幸村のことに探りを入れている。そんな回やってんね。そこを毛利勝永と後藤又兵衛がざれあったりするシーンや、阿茶局(斉藤由貴)が徳川家康にお茶を無理やり飲ませるシーンなどくすっと笑うシーンが多かったですね。

 

 

 

それにしても、徳川家康は慎重ですよね。ちょっとボケが入っているんでしょうか。真田は親か子かってのもそうやし、ところどころ弱さが目立ってきてんね。どこか、阿茶局がリードしているというか裏で引っ張っていると言えばいいのでしょうか。

 

 

 

また、最も印象に残ったのは堀田作兵衛(藤本隆宏)と信之(大泉洋)の対決のシーンやんな。信之が、ここまで作兵衛に本気になるってのが時代を感じますよね。徳川に忠義をという信之の覚悟が見えましたよね。

 

 

 

本当に、作兵衛を切り殺してしまうのかと思ってしまいました。作兵衛は最後に信之が切れなかったことを手がしびれたってことではなく、幸村を助けるようにわざと切らなかったと思ってたみたいやんな。違う、違うという信之が面白かったですね。

 

 

 

それにしても、作兵衛に目をつけるあたりが幸村らしいですよね。昔からよく知っている間柄の人物をどうしても呼びたかったんでしょうね。三十郎(迫田孝也)が信之のもとに仕えているから、作兵衛になったんでしょう。

 

 

 

それでも、大阪城で一緒に戦うのが作兵衛ということで、今後楽しみですよね。自分の想いをわかっている人物が側近としているというのが心強いですよね。作兵衛をどのような形で、家臣にしていくのか。作兵衛がどんな活躍をするのか楽しみやんな。

 

 

 

また、大阪城ではどうも後藤又兵衛がなんか鍵になりそうな気がしますよね。物事をこの男がどうしても止めそうな。そんな感じがあります。まあ、確かに幸村は総大将って感じではあれへんねけどね。それでも、他にいてへんやろって。

 

 

 

本心では、自分が総大将になりたいって思いが強かったんでしょうね。だからこそ、幸村の総大将には反対して5人衆の合議で物事を決めていくことに賛成したんでしょうね。今後の大阪城ではこの男に注目ですね。

 

 

 

あと、怪しい人物がもう一人。茶々(竹内結子)の叔父にあたる有楽斎(井上順)が怪しいところですね。なんか、いちいち信用できないというか・・・ええ感じしないんですよね。この男もなんか今後やらかしそうな気がしてんな。

 

 

 

 

真田丸42話の感想のMVPは大泉洋

 

 

真田丸42話の感想についは、後藤又兵衛や毛利勝永などについてもかなりいいシーンがあってんけど、それ以上に作兵衛と信之のシーンがよかったです。なので、個人的に今回のMVPは信之を演じる大泉洋さんかなと思います。

 

 

 

作兵衛が幸村のところに行きたいという想いと、徳川に忠義を誓っている信之。行きたいと行かせられないという対決でとても緊迫していましたね。信之の源次郎のようにはなれぬのだ。その言葉に信之らしさがありましたね。

 

 

 

最後は笑いに変えてたですけどね。そこにまた、信之らしさがあるといいますか・・・ちょっとおっちょこちょいな信之の面をみれましたよね。なので、今回のMVPは信之を演じた大泉洋さんが最もふさわしいかなって思ってんね。

 

 

 

せやけど、今後大阪城の方は大丈夫やろうか。本当に意見が全然まとまらんといいますか、きちんと仕切りをできる人物がいてへんねな。秀頼がもっとグイグイ引っ張っていけばええんやろうけど、いかんせん初めての戦やけね。

 

 

 

そこが豊臣方の弱いところになんねな。もちろん、幸村の言っていたように、嫌々戦場に足を運ぶ徳川勢とやる気に満ちている豊臣勢では大きく異なるとは思いますけどね。軍勢のモチベーションってすごく重要ですしな。

 

 

 

このベクトルの方向を一致させることができれば、今後に向かって期待できるような気がしますね。いずれにしても、大阪城の中で気になる人物は後藤又兵衛と有楽斎の2人になるねんな。

 

 

 

逆に言えば、この2人をなんとか抑えていればうまくまとまるような気がしますね。そして、もう一つだけ気になるのが女性陣ですね。茶々は幸村に期待しててんけど、大蔵卿は真田を期待しないように話してんねな。

 

 

 

そこに有楽斎が同様の意見をもってくるようになると、怖い存在になりますよね。なので、そのあたりの関係性にも注目していきたいとおもいます。真田丸42話の感想はここまで。真田丸43話の感想につづく。

 

 

 

 

あなたにおススメの記事

真田丸第42話 ネタバレ・あらすじ「味方」

 

真田丸第41話「入城」の感想はコチラ!

 

真田丸のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

 

大阪冬の陣での真田幸村の活躍はどんなものだったの?

 

大阪夏の陣で真田信繁は活躍してない?その真実を暴露!

 

真田信繁には子孫は現在もいるの?

 

 

 


このページの先頭へ